facebook twitter
米FRBが利上げ。年内さらに2回と「利上げ加速」示唆。どうなる日本株?
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

米FRBが利上げ。年内さらに2回と「利上げ加速」示唆。どうなる日本株?

2018/6/14
・FOMCの結果は市場予想通り0.25%の利上げ実施
・FRBは、年内さらに2回の利上げ見通しを公表
・パウエルFRB議長の発言はややタカ派トーン
・材料出尽くしで、円安、株高が一服するか?
・新興国から資金が流出し、米国に集まる流れは続いている
facebook twitter メールで送る 印刷

FOMCの結果は市場予想通り0.25%の利上げ実施

 米国の中央銀行であるFRB(連邦準備制度理事会)は13日(日本時間14日午前3時)、事前の市場予想通り、0.25%の利上げを発表しました。具体的にはFF金利の誘導目標を1.50~1.75%(中心1.625%)から1.75~2.00%(中心1.875%)へ引き上げました。

米FF金利の推移:2000年12月~2018年6月

出所:ブルームバーグより楽天証券経済研究所が作成

 利上げ自体は予想通りでサプライズ(驚き)はありません。市場の注目点は利上げの有無ではなく、今後の追加利上げのペースに移っていました。「利上げ加速の見通し」が出るか、「利上げにやや打ち止め感」が出るか、そこが注目点でした。

 

FRBは、年内さらに2回の利上げ見通しを公表

 今後の利上げペースを考える上で市場が注目していたのは、以下の2点です。

(1) FOMCメンバーは、今年あと何回利上げがあると予測しているか

(2) FOMC声明文、パウエルFRB議長の記者会見は、タカ派(追加利上げに積極的)か、ハト派(追加利上げに消極的)か

 FOMCメンバー予測(中央値)による、年末のFF金利の予測(中央値)は、3月時点の予測よりも0.250%引き上げられ、2.375%となりました。つまり、年内、さらに2回の利上げが予測されていることになります。

 従来の見通し(年末FF金利中央値2.125%)では、2018年の利上げは3回(3月・6月の実施分も含めた合計)でしたが、今回、4回に引き上げられました。利上げ加速が示唆されたことを受けて、為替は一時、ドル高(円安)に動きました。

 ただし、その直後にドルは売られました。米国が中国に対し制裁関税を発動すると一部報道があり、米中貿易摩擦が激化する不安からドルが売られました。日本時間で14日午前6時20分時点では、1ドル110.34円と、ほぼ利上げ発表前の水準に戻っています。

ドル/円為替レートの動き:6月14日0時~6時20分(日本時間)

出所:ブルームバーグのデータより作成

FOMCメンバーによるFF金利の予想(中央値) 

出所:FRB

パウエルFRB議長の発言はややタカ派トーン

 FOMC声明文のパウエルFRB議長のコメントでは、米景気・雇用の現状が強く、利上げをさらに続ける見通しが示されています。ややタカ派と取れる内容でした。

 

材料出尽くしで、円安、株高が一服するか?

 今回の米利上げを事前に織り込んで、5月からドル高(円安)が進み、円安を好感して日経平均も上昇してきました。これで材料出尽くしとなるか、注目されています。

 利上げ加速の見通しが出たものの、FOMCメンバーが長期的なFF金利の適正水準を3%程度と見ていることを勘案すると、長期的には、利上げの打ち止めが視野に入り始めているとも言えます。したがって、長期金利は3%を超えて、大きく上昇していくことは困難になったと考えられます。短期的な利上げ加速と、長期的な打ち止め感の両方が、市場に影響を与え始めてます。

 13日のNYダウは、利上げ加速の見通しを嫌気して、119ドル安の2万5,201ドルと小反落。

 では、日経平均はどうなるでしょう? 利上げ加速の見通しが示されたにもかかわらず、ドルの上値が重く、円安が進まなかったことから、今日の日経平均は続落が見込まれます。上値抵抗線と考えられている2万3,000円を超えていくことは、当面、難しくなったと考えられます。

 

新興国から資金が流出し、米国に集まる流れは続いている

 米ドル、米国株は堅調ですが、気になるのは、米利上げを織り込みつつ、低信用国の通貨が大きく下がっていることです。トルコリラは、トルコ中銀が利上げしたことでいったん反発しましたが、また上値が重くなっています。それ以外の新興国通貨は下落トレンドが続いています。

 米金利上昇の副作用として、低信用国の通貨・国債がさらに売られるようだと、「新興国危機」が意識されるリスクもあります。今後、トルコ、アルゼンチン、メキシコ、ブラジル、ベネズエラなど対外負債の大きい新興国の通貨がどう動くか、注目されます。

▼他の新着オススメ連載

今日のマーケット・キーワード:『米朝首脳会談』、非核化に向けた合意文書に署名

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください米FRBが利上げ。年内さらに2回と「利上げ加速」示唆。どうなる日本株?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

米FRBが利上げ。年内さらに2回と「利上げ加速」示唆。どうなる日本株?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。