お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
『米朝首脳会談』、非核化に向けた合意文書に署名
三井住友アセットマネジメント
今日のマーケット・キーワード
中国・アジアをはじめとする、世界各国のマーケット情報を掲載しています(投資信託・投資顧問の三井住友アセットマネジメント提供)。

『米朝首脳会談』、非核化に向けた合意文書に署名

2018/6/14
・朝鮮半島の非核化等を内容とする合意文書に署名
・非核化の時期等は今後に持ち越し
・会議の成果は、非核化に向けた今後の協議の土台ができたこと
facebook twitter メールで送る 印刷

<今日のキーワード>

 米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は6月12日に、シンガポールで両国にとって史上初の首脳会談を行いました。会談では、「朝鮮半島の非核化および恒久的で持続的な平和維持メカニズムの構築」をテーマに議論が交わされ、両首脳は12日午後、会談の成果をまとめた合意文書に署名しました。今後は、非核化実現に向けての交渉が行われる見通しです。

 

【ポイント1】朝鮮半島の非核化等を内容とする合意文書に署名

平和と繁栄の実現のため、米国と北朝鮮は新たな関係を構築へ

 トランプ米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長は、6月12日の午後、『米朝首脳会談』の成果をまとめた合意文書に署名しました。

 合意文書の骨子は、(1) 米国と北朝鮮の国民による平和と繁栄への願いに従い、両国は新たな関係の構築に責任を持って取り組む、(2)米国と北朝鮮は朝鮮半島に永続的かつ安定した平和体制を構築するために力を合わせる、(3)2018年4月27日の板門店宣言を再確認し、北朝鮮は朝鮮半島の完全な非核化に向けて努力することを確約する、(4)米国と北朝鮮は戦争捕虜と行方不明米兵の遺骨収集に責任を持って取り組む、です。

 

【ポイント2】非核化の時期等は今後に持ち越し

フォローアップの交渉を継続する見通し

 ただし、今回の『米朝首脳会談』の合意文書には、北朝鮮の非核化について、そのタイムテーブルといった具体的な内容は示されていません。

 これらは、今後、ポンぺオ米国務長官と北朝鮮当局者との間で行われる、フォローアップの交渉に委ねられるもようです。

 そのほか、朝鮮戦争の終結や拉致問題についての言及は、合意文書には見られませんでした。

 

【今後の展開】会議の成果は、非核化に向けた今後の協議の土台ができたこと

 今後、完全な非核化を進めるに当たり、米国は、核放棄のスケジュールの明示、国際原子力機関(IAEA)による査察・検証の受け入れ、核弾頭の解体と搬出の承諾を、北朝鮮に求めると見られます。これらが前進するようであれば、朝鮮半島を巡る地政学リスクは次第に後退すると考えられます。

 6月12日の欧米株式市場は、比較的落ち着いた動きとなりました。少なくとも、『米朝首脳会談』は、リスク回避の動きを強めるようなものではなかったと考えられます。まずは、非核化に向けた今後の協議の土台ができたという点で、米国と北朝鮮の双方に、一定の成果があったと言えそうです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

桐谷広人
投資の失敗
日本株
老後破綻

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください『米朝首脳会談』、非核化に向けた合意文書に署名

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

『米朝首脳会談』、非核化に向けた合意文書に署名

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
ボーナス投資  
桐谷広人
 
老後破綻

 
株主優待
 
投資の失敗
 
インタビュー
 
楽天証券夏ボーナス
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。