facebook twitter
米朝会談実施で日本株買い戻し?米金利上昇・貿易戦争の不安は消えず
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

米朝会談実施で日本株買い戻し?米金利上昇・貿易戦争の不安は消えず

2018/6/4
・4つの悪材料から、先週の日経平均は続落
・トランプ大統領が、予定通り、米朝首脳会談を実施と表明
・5月の米雇用統計強く、6月12~13日FOMCで利上げの確度さらに高まる
facebook twitter メールで送る 印刷

4つの悪材料から、先週の日経平均は続落

 先週の日経平均株価は、1週間で279円下がり、2万2,171円となりました。一時、2万2,000円を割り込む場面もありました。

日経平均日足:2018年1月22日~6月1日

 

 以下、4つの悪材料が警戒されました。

(1)トランプ大統領が仕掛ける貿易戦争がエスカレートする懸念

 米中間の通商交渉は、解決の糸口が見えません。5月後半から、トランプ大統領が仕掛ける貿易戦争の矛先が、中国だけでなく、日本、欧州、カナダ、メキシコにも向き始めましたことが警戒されています。

 5月23日、トランプ大統領は自動車の輸入関税を25%に引き上げる検討を始めました。実現すれば、日本にもっとも大きなダメージが及びます。

 6月1日、米国は、EU(欧州連合)、カナダ、メキシコから輸入する鉄鋼とアルミニウムに追加関税を課しました。鉄・アルミの追加関税は、中国・日本に対して発動したものの、EU、カナダ、メキシコに対しては、発動を猶予していましたが、今回猶予期限は過ぎ発動しました。EUは報復措置を検討しており、対立が先鋭化するリスクがあります。

 

(2)イタリア政局不安で、イタリア国債が売られる

 イタリアでは、3月に実施された総選挙でポピュリズム政党「五つ星運動」と極右政党「同盟」が勢力を伸ばしました。両党で、連立政権の樹立を目指しましたが、EU批判を繰り広げる両党とマッタレッタ大統領との対立が先鋭化し、政権樹立が困難になりました。イタリアの政治混迷を嫌気し、イタリア国債が売られました。「五つ星」が、減税・公共投資増額などバラマキ型の財政を提案していることも、イタリアの信用不安を高めています。

 5月31日にはコンテ首相をたて、なんとか連立政権を発足されるめどが立ち、イタリアの政局不安はやや低下しました。ただ、ポピュリズム政党が主導して、反EU・反緊縮の動きを強める間、イタリア不安が続く可能性もあります。

 

(3)米金利上昇の副作用として、低信用国の通貨・国債が売られる

 米金利上昇で、新興国から資金を引き上げ、米国に戻る動きが出ています。その流れから、トルコ、アルゼンチン、ベネズエラ、ブラジルなどの通貨が売られ、国債も売られています。

 イタリアも、対外債務残高の大きい国です。イタリアの政局不安でイタリア国債が売られていますが、見方を変えると、米金利上昇の副作用で、低信用国イタリアの国債が売られていると見ることも出来ます。

 

(4)円高が進む

 貿易戦争の不安・イタリア政局不安・新興国通貨急落に伴う不安などが絡み、「リスクオフの円高」(世界的に不安が高まったときに安全資産として「円」が買われること)が進みました。

 今年の日経平均の動きを見ると、円高が進むと日経平均が下がり(円高株安)、円安が進むと日経平均が上がる(円安株高)流れが、顕著です。

ドル円為替レートの動き:2018年1月22日~6月1日

 

トランプ大統領が、予定通り、米朝首脳会談を実施と表明

 トランプ大統領は1日(日本時間では2日未明)、米朝首脳会談を予定通り、6月12日にシンガポールで実施すると表明しました。「1回の会談で、(非核化スケジュールなどで)合意ができるとは考えていない」と述べており、これから始まる交渉の「第1回」という位置づけです。

 懸案事項は、未解決のまま残りますが、時間をかけて解決に向かう方向性を出せたことは、株式市場で好感されそうです。今週の日経平均は、上昇してスタートすると考えられます。

 

5月の米雇用統計強く、6月12~13日FOMCで利上げの確度さらに高まる

 米労働省が1日発表した5月の雇用統計(速報値、季節調整済み)は、米景気動向をよく表す非農業部門の雇用者数が前月比で22万3,000人増え、景気好調と判断される20万人を超えました。完全失業率は3.8%で、2000年4月以来18年1カ月ぶりの低水準となりました。

 米景気好調が確認できたことで、6月12~13日のFOMC(連邦公開市場委員会)で、米FRB(連邦準備制度理事会)が利上げを決めるのは、ほぼ確実となりました。利上げは、諸刃の剣です。利上げで日米金利差が開き、円安が進みやすくなるのは、プラス材料です。ただし、利上げが加速するとみられると、世界的に株が下がるリスクもあります。

 利上げイベントを、世界の株式市場・為替市場がどう消化するか、注目しています。

 米利上げや貿易戦争のリスクが意識されるため、今週の日経平均は、上昇して始まっても、その後、上値が重くなると考えています。

 

 

▼著者おすすめのバックナンバー

5月28日:雲行きが怪しい日本株。懸念と買い場はどこ?
5月23日:日本株が長期的な上昇トレンドに入ったと考える理由

▼他の新着オススメ連載

今日のマーケット・キーワード:欧州委員会が『自動運転車』普及を後押し

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください米朝会談実施で日本株買い戻し?米金利上昇・貿易戦争の不安は消えず

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

米朝会談実施で日本株買い戻し?米金利上昇・貿易戦争の不安は消えず

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。