お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
#2:維新の原動力となった長州藩の石高以上の財力 ★ 明治維新タイムトリップ
土信田 雅之
特集記事

#2:維新の原動力となった長州藩の石高以上の財力 ★ 明治維新タイムトリップ

2018/4/16
・長州には唸るほどカネがある
・幕末→明治へ。長州藩がリッチになった秘訣は? 
・長州藩のタイムトリップスポットはココ
facebook twitter メールで送る 印刷

今回は明治維新150周年記念として明治維新☆タイムトリップ特集を企画しました。

長州には唸るほどカネがある

荻城下町

この地を治めていたのは、中国地方の有力戦国大名だった毛利家です。関ヶ原の戦いで西軍として参加し、敗れた毛利家は120万石から37万石に領地と石高を減らされてしまいます。

長州藩は薩摩藩や土佐藩、肥前藩と並んで明治維新のメインプレイヤーとなった雄藩のひとつなのですが、意気込みだけでは強大な幕府を倒すのは無理です。何をするにも先立つ物(カネ)が必要になります。諸説ありますが、幕末の長州藩は200万石相当の財力があったと言われています。大河ドラマでも、「長州には唸るほどカネがある」という高杉晋作のセリフがありました。

長州藩がリッチになった秘訣とは?

新規事業を推進するためのベンチャー投資!?

いち早く藩政改革に着手し、財政再建に成功したことが挙げられます。新田開発をはじめ、「防長四白」と呼ばれる特産品(米、紙、塩、ろう)の生産を強化しました。また、その特産品を流通させるため、海上交通の要所である下関などの港湾開発に着手し、交易による収入や、藩直営の倉庫を作って商人に貸し出すビジネスも始めました。

さらには、「撫育局」(ぶいくきょく)という組織を作りました。この撫育局は、藩主直属の特別会計を持ち、余った資金をヘソクリとして蓄財するだけではなく、新規事業を推進するためのベンチャー投資も行っていました。人材も身分に関係なく、能力によって登用されていました。これらの施策が実り、長州藩は借金を一挙に整理することができました。倒幕運動や明治維新というと、志士達の「ヒト」の面が強調されがちですが、藩の巧みな経済施策の成功による「カネ」の貢献度も大きかったといえます。


いざ、明治維新へ!今回の「長州藩」
タイムトリップ★スポットはこちら

白壁となまこ壁や黒板塀が続き、風情たっぷりな町並みがうつくしい荻城・城下町エリア



楽天トラベルで「荻城・城下町」を巡ろう!
萩・石見エリアの悠久コースへGO ≫≫
   


長州藩の巧みなビジネスセンスはいかがでしたか?


◆もっと知りたい!明治維新タイムトリップ特集(6回連載)


#6:明治の文豪森鴎外はビール好き過ぎて・・・

 


#5:「インスタ映え」?天守閣の位置を動かした錦帯橋
 


♯4:新撰組近藤勇で有名な名刀「虎徹」は超高級品!?

 


♯3:桂小五郎や高杉晋作は敏腕ビジネスマンだった!?

 


♯2:維新の原動力となった長州藩の石高以上の財力

 


♯1:伊藤博文のもうひとつの顔 ~ 「長州ファイブ」 

 

 

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

桐谷広人
投資の失敗
日本株
老後破綻

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください#2:維新の原動力となった長州藩の石高以上の財力 ★ 明治維新タイムトリップ

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

#2:維新の原動力となった長州藩の石高以上の財力 ★ 明治維新タイムトリップ

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
ボーナス投資  
桐谷広人
 
老後破綻

 
株主優待
 
投資の失敗
 
インタビュー
 
楽天証券夏ボーナス
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。