facebook twitter
#1:伊藤博文のもうひとつの顔 「長州ファイブ」★明治維新タイムトリップ
土信田 雅之
特集記事

#1:伊藤博文のもうひとつの顔 「長州ファイブ」★明治維新タイムトリップ

2018/4/17
・長州5(チョーシュー・ファイブ)​とは?
・幕末→明治へ。政治経済における5名の活躍と功績
・伊藤博文のタイムトリップスポットはココ
facebook twitter メールで送る 印刷

今回は明治維新150周年記念として明治維新☆タイムトリップ特集を企画しました。

長州5(チョーシュー・ファイブ)​とは?

(前段左)井上聞多、(前段右)山尾庸三、(後段左)遠藤謹助、(後段中央)野村弥吉、★(後段右)伊藤俊輔→改名した伊藤博文 

伊藤博文といえば、初代総理大臣となったほか、大日本帝国憲法の制定に携わったり、通貨制度の確立に関わったりと、明治政府のあらゆる場面で顔を出す中心人物です。また、公式に禁止されていたフグ食が解禁されるきっかけをつくったり、ランドセルの原型を考案したなどの逸話も残っています。さらには、旧千円札の肖像画だったことでも知られていますが、そんな彼の人生に大きな影響をもたらしたのは、若い頃の留学経験が大きいと言われています。

海外渡航が固く禁じられていた江戸時代、長州藩からこっそりと英国ロンドンへ渡った留学生達がいました。長州五傑と言われる5名の藩士です。通称は「長州ファイブ」。伊藤博文はこの長州ファイブのメンバーでした。戦隊やアイドルグループみたいなこの呼び名はふざけたネーミングではなく、彼らの勤勉で真面目な姿が周囲の英国人を感心させ、いつの間にか彼らのことを“チョーシュー・ファイブ”と呼ぶようになったそうです。ちなみに、彼らが学んだロンドン大学内には彼らを称えた石碑(顕彰碑)が建っています。

長州ファイブ達は西洋の近代文明を積極的に学び、帰国後は明治政府の中心的な人材として活躍します。そして、近代日本のパイオニアとして、各分野でそれぞれの「父」と評価されるようになります。

 

幕末→明治へ。5名それぞれが、新しい政治・経済の立役者として活躍し、日本の近代経済への礎を残した

「造幣の父」遠藤謹助

 

遠藤謹助は「造幣の父」として活躍 大蔵省に入った後、大阪貨幣局長となり、技術者の養成など造幣体制を確立しました。また、大阪造幣局内にあった桜の通り抜けを、「局員だけでなく、市民と共に花見を楽しもう」と言って開放したりもしました。

 

 

 

鉄道の父野村弥吉(井上勝)

 

英国では鉄道や鉱山学を学び、帰国後は鉄道頭として日本初の鉄道敷設(新橋~横浜間)を指揮し、工部省鉄道局の初代局長に就任しました。その後は全国の鉄道網の普及に尽力しました。

 

 

 

 

「内閣の父」伊藤俊輔(伊藤博文)

 

初代を含めて内閣総理大臣に4度就任したほか、大日本帝国憲法発布の中心人物として、日本を立憲主義国家に導きました。

 

 

 

 

「外交の父」井上聞多(馨)

初代の外務大臣に就任し、政治的・経済的に欧米列強国と並ぶため、不平等条約改正に尽力しました。欧化政策での鹿鳴館外交は有名です。

 

 

 

 

「工学の父」山尾庸三

英国では科学や造船技術を習得。帰国後は国力強化を目指すため、人材育成の必要性を主張し、世界初の工学部の前身となる工部大学校を設立しました。その工部大学校からは数多くの優秀な技術者を輩出し、近代日本の発展に貢献しました。

 

 

 


いざ、明治維新へ!今回の「伊藤博文」
タイムトリップ★スポットはこちら

山口県にある伊藤博文の生家。後に、吉田松陰に師事し、松下村塾に学ぶ        



楽天トラベルで「伊藤博文旧宅・別邸」を巡ろう!
萩・石見エリアの悠久コースへGO ≫≫
   

 

もうひとつの顔。若かりしころの伊藤博文のはいかがでしたか?
 

 
 
 

◆もっと知りたい!明治維新タイムトリップ特集(6回連載)


#6:明治の文豪森鴎外はビール好き過ぎて・・・

 


#5:「インスタ映え」?天守閣の位置を動かした錦帯橋
 


♯4:新撰組近藤勇で有名な名刀「虎徹」は超高級品!?

 


♯3:桂小五郎や高杉晋作は敏腕ビジネスマンだった!?

 


♯2:維新の原動力となった長州藩の石高以上の財力

 


♯1:伊藤博文のもうひとつの顔 ~ 「長州ファイブ」 

 

 

 

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください#1:伊藤博文のもうひとつの顔 「長州ファイブ」★明治維新タイムトリップ

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

#1:伊藤博文のもうひとつの顔 「長州ファイブ」★明治維新タイムトリップ

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。