お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
世界同時株安があぶり出した「原油相場の弱み」とは?
吉田 哲
週刊コモディティマーケット
コモディティ(商品)をお取引いただく上でのコメント・アイディアを提供するレポートです。金をはじめとした貴金属、原油をはじめとしたエネルギー関連銘柄、とうもろこし・大豆などの穀物な…

世界同時株安があぶり出した「原油相場の弱み」とは?

2018/2/6
・原油の下落が株価の下落に拍車
・原油市場の上昇要因と見られていた4つの材料。うち2つが不安定化
・記録的な水準に達していた米国の原油生産量
・原油相場を不安定にする「1,000万バレル達成」。2つの意味がある
・世界株安で「思惑主導」による上昇が終了する可能性あり
facebook twitter 印刷する

原油の下落が株価の下落に拍車

 世界的な株安の中、国内外の原油市場の下落も目立っています。海外市場はWTI (ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物が1バレルあたり63ドル台前半、東京の原油先物は海外株安・円高により、1キロリットルあたり4万3,000円を割る展開になっています。

 原油の下落が、株価下落の一因になっていると考えられます。米国の主要な株価指数であるS&P500ではおよそ6%、ダウ指数では13%程度、時価総額ベースで石油関連株が含まれているとみられます。

 特に時価総額の大きいエクソンモービルとシェブロンの株価の推移と原油価格の推移は、次の通り、似通っています。

 これらの企業の業績に大きな影響を与える原油価格が下落していることは、これらの企業の株価、引いては株価指数全体の下落要因になっていると考えられます。

図1:WTI原油と主要石油企業の株価の推移(2018年1月2日~2月5日)

注:2018年1月29日を100として指数化
出所:CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)などのデータをもとに筆者作成

 

原油市場の上昇要因とみられていた4つの材料。うち2つが不安定化

 株安の一因とみられる原油市場ですが、その原油市場では全体的にどのような動きがあるのでしょうか? 

図2:足元の原油市場の変動要因

出所:筆者作成

 

 先週までの原油価格の上昇は、4つの材料が思惑の正のサイクルを形成して起きていたと考えていました。株式市場の下落の一部は、原油価格の下落によるものと考えられますが、同時に原油価格を「さらに」下落させる(原油市場で投機の売りが進む)要因になっていると考えられます。

 また、先週、米国の原油生産量が記録的な水準に達したことが報じられました。

 これまで原油市場を支えてきた要因のうち、複数の要因で不安定化していることが原油価格の下落要因となっていると考えています。

 

記録的な水準に達していた米国の原油生産量

 米国の原油生産量が記録的な水準まで増加している点については、以下のグラフのとおりです。

図3:米国の原油生産量の推移

単位:万バレル/日量
出所:EIAのデータより筆者作成

 先週、EIA(米国エネルギー省)は、米国の月次ベースの原油生産量について、2017年11月に日量1,000万バレルに達していたと報じました。

 この水準は、1970年11月の1,004万バレルに次ぐ水準で、この約100年間の最高水準です。米国の原油生産量のおよそ6割を占めるシェールオイルの生産量の増加が背景にあります。

 

原油相場を不安定にする「1,000万バレル達成」。2つの意味がある

 米国の原油生産量が日量1,000万バレルに達した意味について、以下のように考えています。

 

●米国の原油生産量が日量1,000万バレルを超えた意味

(1)過去およそ100年間で最も多い生産量

    →かつての石油大国の復活を世界に広く強く印象付ける。

   OPECの発言権が相対的に低下する。

(2)減産中のため生産量を増やすことができない。サウジとほぼ同水準 

     →サウジが米国をけん制するきっかけとなる。

       サウジが原油価格の下落を容認したり、減産合意を破る可能性が生じる。

  

 原油の生産において米国の台頭が目立ってくれば、相対的にOPEC(石油輸出国機構)の発言権が低下します。

 また、米国の原油生産量が、減産中のため生産量を増やすことができないサウジアラビアとほぼ同水準となれば(OPECの月報によれば、サウジの2017年11月の原油生産量は日量992万バレル)、サウジが原油価格の下落を容認したり、減産合意を破ったりする可能性が生じます。

 いずれも可能性ですが、想定しておくべき要素であると考えています。

 

世界株安で「思惑主導」による上昇が終了する可能性あり

 思惑が主導して上昇してきた原油相場が不安定化しつつあると見ています。

 足元の株価の下落がきっかけとなり、その一因と見られる原油価格の下落に関心が集まれば、これまで材料視されてこなかった原油市場の下げ材料がクローズアップされる可能性があります。

 米国の原油生産量は記録的な水準に達しており、今後、その米国の動向が原油市場をさらに不安定化させる可能性があることについて、周知が進むと考えられます。

 株安を発端としたこのような流れにより、原油相場の「思惑主導」での上昇が、いったんは終了する可能性があります。

 

 また今後、株価が反発しても、原油価格が弱含んでいた場合、原油価格の動向が株価の上値を押さえる要因となることも考えられます。

 引き続き、株価の動向と同時に、原油相場の動向にも注意が必要です。

▼もっと読む!著者おすすめのバックナンバー

2018年1月26日:今年起きる!?世界を揺るがす「逆オイルショック

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください世界同時株安があぶり出した「原油相場の弱み」とは?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

世界同時株安があぶり出した「原油相場の弱み」とは?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。