お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
中国インターネット・セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

中国インターネット・セクター

2017/12/13
中国は2015年に米国と日本を抜いて世界最大のモバイルゲーム市場となったが、iResearchの調査によれば、17年の市場規模は1450億元に達する見込み。17-20年の年平均伸び率は15%となる見通しという。
facebook twitter 印刷する

12月4日:世界最大のモバイルゲーム市場、急成長の後に集約化へ

 中国は2015年に米国と日本を抜いて世界最大のモバイルゲーム市場となったが、iResearchの調査によれば、17年の市場規模は1450億元に達する見込み。17-20年の年平均伸び率は15%となる見通しという。一時の急成長期を過ぎ、今後は国内業界の集約化が進む可能性が高く、こうした環境は膨大なユーザー基盤を抱えるテンセント(00700)に有利。BOCIはテンセントを最有力視し、以下、IGG(00799)、ネットイース(米ナスダック上場NTES)の順で評価している。一方、中国のインターネット・セクター全体に対しても、引き続き強気見通しを明らかにしている。

 中国ではすでに、モバイルインターネットの浸透率が80%、モバイルゲームの浸透率が53%に達しており、新たなゲームユーザーの獲得余地は限定的。一段の成長を確保するためには、課金比率の引き上げやARPU(加入者1人当たり月額収入)の上積みが必要となる。17年を振り返ると、幅広いユーザー需要に対応するため、大手ゲームパブリッシャーがゲームジャンルを広げる傾向が鮮明だった。うちテンセントはRPGに、ネットイースはMOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)にそれぞれ手を広げた。一方、これまでの事例から、ゲームユーザーのエンゲージメント(つながり、関与度)強化がゲームの収益化において有効な戦略であることが証明されており、パブリッシャーらはそろってコミュニティーの構築を目指す動きを見せている。

 新規のユーザー獲得コストが増大する中、中小ゲーム事業者は市場からの退場を迫られつつある。業界の集約化は明らかに、国内最大のSNSユーザー基盤を持ち、アンドロイドの有力アプリストア「応用宝」を展開するテンセントにとって追い風となる。(7-9月期の月間アクティブユーザー数はQQが6億5300万人、微信が9億8000万人)。

  また、国内モバイルゲーム市場の成熟化を受け、ゲーム各社は海外に市場を広げつつある。BOCIによれば、国際化に向けてカギとなるのは、R&D能力や現地市場に関する専門知識。R&D能力に優れたネットイースは、現地企業との提携が容易という。一方、テンセントは有力ゲームデベロッパーの買収や、現地の配信会社あるいはSNS運営会社への投資という、異なるアプローチで海外進出を強化している。

 BOCIはモバイルゲーム銘柄のうち、テンセントとIGGの株価の先行きに対して強気見通しを示し、ネットイースに関しては中立見通しを明らかにしている。うちテンセントに関してはターゲティング技術の進化やチャネル面での圧倒的な優位性を活かし、ゲーム市場でさらにシェアを拡大すると予想。目標株価を18年予想PER39倍(PEGレシオ1.2倍)の水準に据え置いた。IGGについてはユーザーの地理的多様性から、モバイルゲームの寿命が長い点を評価。引き続き「ロードモバイル」(王国紀元)が収益成長エンジンであり続けるとみている。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国インターネット・セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国インターネット・セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
フレッシャーズ
 
タイムトリップ
 
動画でわかる
 

 

 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。