facebook twitter
S&Pが『南アフリカ』を投機的水準に格下げ
三井住友アセットマネジメント
今日のマーケット・キーワード
中国・アジアをはじめとする、世界各国のマーケット情報を掲載しています(投資信託・投資顧問の三井住友アセットマネジメント提供)。

S&Pが『南アフリカ』を投機的水準に格下げ

2017/11/30
・S&Pが自国通貨建て長期債務を投機的水準に格下げ
・財政見通しの悪化が主因
・財政見通しや政権の行方が同国債・通貨安の懸念材料
facebook twitter メールで送る 印刷

<今日のキーワード>

『南アフリカ』では、このところ同国債と通貨ランドが軟調な動きとなっていました。この背景には、10月に発表された中期財政計画において財政見通しが下方修正されたことや、来月予定されている与党の党首選に向けて政治的な不透明感が高まっていることなどがあります。11月24日には、こうした動向を受けて大手格付け機関のS&Pグローバル・レーティング(以下、S&P)が『南アフリカ』の長期債務の格付けを引き下げました。

 

【ポイント1】S&Pが自国通貨建て長期債務を投機的水準に格下げ

今年4月にも格下げを実施

■11月24日、S&Pは『南アフリカ』の自国通貨建ての長期債務格付けを投資適格のうち最も低い「BBBー(トリプルBマイナス)」から「BB+(ダブルBプラス)」へ、外貨建ての長期債務格付けを「BB+」から「BB(ダブルB)」へ、それぞれ一段階引き下げました。一般に、「BB+」以下は投機的な格付けとされます。S&Pは、今年4月にも『南アフリカ』の自国通貨建て及び外貨建て長期債務の格付けを引き下げました。

 

【ポイント2】財政見通しの悪化が主因 

政治的不透明感も一因

 

■『南アフリカ』では10月に中期財政計画が発表されました。2016年に発表されたものでは、財政赤字(対GDP比)が2020年3月末に終わる財政年度に2.5%まで改善する見通しでしたが、2017年に発表されたものでは、同3.9%まで下方修正されました。これにより、政府債務(対GDP比)も約52%から約58%まで悪化する見通しとなり、今回の格下げの一因となりました。
■来月には与党・アフリカ民族会議(ANC)の党大会で党首選が予定されています。これに向け党内では、ズマ現大統領の後継者選びをめぐる権力争いが激化しています。こうした政治的な不透明感に伴い、財政健全化の遅れも懸念されます。

 

【今後の展開】財政見通しや政権の行方が同国債・通貨安の懸念材料

■同24日、大手格付け機関のMoody’s インベスターズ・サービシーズ(以下、Moody’s)は『南アフリカ』の長期債務格付け(自国通貨建ては現在「Baa3(トリプルBマイナス相当)」)を引き下げ方向で見直すと発表しました。市場では、S&PとMoody’sがともに格下げすると見込んでいました。このため、Moody’sが格付けを引き下げず見直しにとどまったことで、 『南アフリカ』国債はそれまでの売りが一服し、落ち着いた動きとなっています。今後Moody’sが同国債を格下げすれば、大手格付け機関において軒並み投機的水準となり、同国債及び通貨ランドへの売り圧力となることが懸念されます。その判断材料ともなる政権の行方や発表予定の予算の内容などに注目です。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいS&Pが『南アフリカ』を投機的水準に格下げ

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

S&Pが『南アフリカ』を投機的水準に格下げ

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
はじめての下落相場
 
投資の失敗
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
年末高
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
はじめよう株主優待生活
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
キャリマガ
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。