お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
嵐の前の静けさ?恐怖指数は低位を維持
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略を毎営業日レポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者と…

嵐の前の静けさ?恐怖指数は低位を維持

2017/1/19
18日の日経平均は、前日比+80円の18,894円でした。朝方1ドル112.54円まで円高が進んだことを嫌気し、日経平均は一時▲163円の18,650円まで売られましたが、引けにかけて持ち直しました。
facebook twitter 印刷する

執筆:窪田真之

今日のポイント

  • 世界の政治不安が強まっているものの、世界景気の改善期待は高まっている。その結果、1月は日経平均が下がってきているが、恐怖指数は低位に留まっている。
  • 材料待ちの状況が続いている。これから始まる10-12月決算で、利益の好転が確認できるか、1月20日のトランプ大統領就任演説は金融市場に好感される内容か、見極めたいとのムードが広がっている。

(1)円高への警戒が続く中、日銀のETF買いが日経平均を下支え

18日の日経平均は、前日比+80円の18,894円でした。朝方1ドル112.54円まで円高が進んだことを嫌気し、日経平均は一時▲163円の18,650円まで売られましたが、引けにかけて持ち直しました。

18日の日中に、為替が1ドル113円台まで円安に戻したこと、16・17・18日と日本銀行が3日連続で703億円のETF買いを行ったことが、下支え要因となりました。

日経平均がここから一段と下げるか、あるいは、持ち直すか、株式市場は材料待ちの状態です。2つの材料を待っているところです。

  • 1月20日(金)トランプ氏の大統領就任演説

大統領選直後の「勝利宣言」のような、金融市場に好感される内容か?あるいは、暴言をエスカレートさせて市場に失望されるか?

大統領就任演説で、共和党主流派ブレインの作文による原稿を読み上げれば、市場に好感されるが、思いつきで暴言を連発すると失望されます。期待より不安が高まっているのが現状です。

  • これから始まる日本の10-12月期決算

円安が進んだこと、米国および中国の景気が持ち直していることから、10-12月決算は利益好転が見込まれます。10-12月は、2017年3月決算の第3四半期に当たります。決算発表時点で、通期の業績見通しを上方修正する企業がどの程度出てくるか注目されます。ただ、為替が短期的にあまりに激しく乱高下しているので、今回の決算発表では利益予想の増額修正を見送り、保守的(低め)予想を継続する企業が多くなる可能性もあります。

(2)恐怖指数は低水準に留まる

恐怖指数とも言われる「日経ボラティリティー・インデックス」は、足元、低水準に留まっています。

日経平均および日経平均ボラティリティー・インデックス推移:2016年1月4日―2017年1月18日

(出所:日経QUICKより楽天証券経済研究所が作成 ©日本経済新聞社)

上のグラフをご覧いただくとわかる通り、恐怖指数(日経ボラティリティー・インデックス)は、日経平均が急落する局面で上昇します。上のグラフの①と②のところで、日経平均が急落し、恐怖指数が急騰しています。世界経済と政治の両方に、不安が高まっていたことが、恐怖指数の上昇につながりました。

ただし、③のところをご覧ください。2017年1月は、日経平均がゆるやかに下がってきていますが、恐怖指数は低位にとどまっています。

世界の政治不安は高まってきていますが、世界および日本の景気・企業業績に回復期待があるため、恐怖指数が急騰する展開にはなっていません。

これが、嵐の前の静けさなのか、あるいは反発に向かう前兆かは、まだわかりません。1月20日のトランプ大統領就任演説と、これから始まる10-12月期決算の内容を見て考えます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください嵐の前の静けさ?恐怖指数は低位を維持

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

嵐の前の静けさ?恐怖指数は低位を維持

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。