お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
トランプ氏の大統領就任を20日に控え、不安が再燃
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

トランプ氏の大統領就任を20日に控え、不安が再燃

2017/1/16
先週は1月11日のトランプ記者会見をきっかけに円高が進み、日経平均が売られた。保護貿易主義の過激発言が復活し、対米で貿易黒字を稼ぐ中国・日本・メキシコが批判されたことがネガティブであった。
facebook twitter 印刷する

執筆:窪田真之

今日のポイント

  • 先週は1月11日のトランプ記者会見をきっかけに円高が進み、日経平均が売られた。保護貿易主義の過激発言が復活し、対米で貿易黒字を稼ぐ中国・日本・メキシコが批判されたことがネガティブであった。
  • 今週の日経平均は上値が重くなると予想。1月20日に大統領に就任するトランプ氏から円安を批判する発言が出ないか、警戒を要する。日本株にとって、日本の景気・企業業績の回復色が強まることが強材料、トランプ氏の暴言復活が懸念材料になる。

(1) トランプ氏の大統領就任を1月20日に控え、円高リスクが再燃

今週の日経平均は、上値の重い展開と予想します。1月11日に開かれた大統領当選後初の記者会見でトランプ氏が、中国・日本・メキシコを悪者扱いする保護貿易の主張を展開したことから、先週は円高が進みました。円高→日本株安、円安→日本株高の相関は強く、円高を嫌気して、先週の日経平均は下落しました。

ドル円為替レートの動き:2016年10月1日―2017年1月13日

トランプ氏は、大統領当選前、選挙キャンペーンの中で、円安を批判してきました。日本が円安誘導策をとっていると主張してきました。当選後、大幅な円安が進んでいますが、今のところ、為替についてコメントしていません。

今回の記者会見でも、為替については、コメントしていません。ただ、貿易相手国としての日本を批判したことから、「いずれ円安も批判する」との連想が働き、円高が進みました。

今後、トランプ氏が直接円安を批判する発言を行う可能性もあり、注意が必要です。先週は、トランプ会見を受けて一時1ドル113円台まで円高が進みましたが、その後、115円前後に戻しました。

(2)購買力平価より20%以上の円安が進むと、米国が円安を問題視する

過去の経験則では、購買力平価(企業物価ベース)より20%以上、円安が進むと、米国が円安を問題視し、円高誘導の政治圧力をかけてきます。過去に2回、具体例があります。

1984年の円安と、1985年のプラザ合意

1984年、レーガン政権のもとで、ドル円は購買力平価対比で20%以上の円安にふれました。この時、米国は「強いドルは国益」として、ドル高を許容していました。ところが、その後、米国の双子の赤字(貿易赤字と財政赤字)拡大が問題となり、日米貿易摩擦が起きると、米国は、一転して「円安の是正が必要」と主張を変えました。1985年12月のプラザ合意で、米国主導で「円安是正」の合意が行われると、国際的な協調介入によって、急激な円高が進みました。

2015年の円安と2016年の円高

2015年も、ドル円は購買力平価より、20%を超える円安が進みました。

購買力平価(企業物価ベース)とドル円為替レートの動き:2007年1月―2017年1月13日

(出所:購買力平価(企業物価)は公益財団法人 国際通貨研究所)

そこでトランプ次期大統領、ヒラリー・クリントン氏、ルー財務長官などが、一斉に日本を円安操作国として非難し始め、2016年に円高急伸を招きました。

トランプ氏の大統領当選後、再び、急激な円安が進んでいます。トランプ氏の経済政策への期待から、米国でインフレ期待が高まり、米金利が上昇し、ドル高(円安)を招いています。現在、購買力平価は1ドル96円ですので、1ドル115.20円が、購買力平価から20%の円安水準です。今、為替はまさに、その辺りにあります。過去の経験則では、米国が円安を問題視し始める「危険水域」に入っていると言えます。

トランプ氏が貿易相手国として日本の批判を再開したこともあり、当面、トランプ氏から円安批判発言が出ないか、警戒が必要と思います。

(3)景気・企業業績の回復期待と、トランプ・リスクの綱引きに

トランプ氏の大統領就任が近づくにつれ、再び、日経平均が乱高下する局面が生じる可能性があり、注意を要します。日本の景気・企業業績の回復色が強まることが強材料、トランプ氏の暴言復活への懸念が弱材料になると、考えます。

トランプ氏当選から、世界景気の回復色が強まり、世界株高が始まっています。今の株高は、トランプ氏に期待する「トランプ・ラリー」と呼ばれていますが、私は、そうではなく、「世界景気の回復を買うラリー」と考えています。トランプ氏の政策には、期待よりも不安が大きいと考えています。

世界景気の回復を買う流れは、簡単には終わらないと考えていますが、トランプ氏の現実の姿が見えてくることが、株式市場にとってリスクと考えます。特に、為替についてコメントする時が、要注意と考えます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいトランプ氏の大統領就任を20日に控え、不安が再燃

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

トランプ氏の大統領就任を20日に控え、不安が再燃

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 
フレッシャーズ
 

 

 


 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。