facebook twitter
外国人買い続く 年内高値はいつ頃か?(窪田真之)
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

外国人買い続く 年内高値はいつ頃か?(窪田真之)

2017/6/6
4月後半から外国人買いが増加し、日経平均の上昇を牽引。景気・企業業績の回復モメンタムが強いので、今は、政治不安があっても株が上昇する局面と考えている。6-8月頃、21,000円前後で、日経平均が年内の高値をつける可能性もある。ただし、海外での突発事項によって日経平均が、異なる展開となる可能性もある。
facebook twitter メールで送る 印刷

執筆:窪田真之

今日のポイント

  • 4月後半から外国人買いが増加し、日経平均の上昇を牽引。景気・企業業績の回復モメンタムが強いので、今は、政治不安があっても株が上昇する局面と考えている。
  • 6-8月頃、21,000円前後で、日経平均が年内の高値をつける可能性もある。ただし、海外での突発事項によって日経平均が、異なる展開となる可能性もある。

(1)外国人の売買で動く日本株

4月後半から、日経平均の上昇が続いていますが、上昇を牽引しているのは、外国人投資家です。

日経平均と外国人の売買動向(買越または売越額、株式現物と日経平均先物の合計):
2016年1月4日―2017年6月5日(外国人売買動向は5月26日まで)

(出所:東証データより楽天証券経済研究所が作成)
(注:上のグラフの外国人売買で、棒グラフが上(プラス方向)に伸びているのは買越、
下(マイナス方向)に伸びているのは売越を示す)

日本株を動かしているのは、外国人投資家です。外国人が買うと日経平均が上がり、売ると下がる傾向が、20年以上、続いています。外国人は、買う時は上値を追って買い、売る時は下値を叩いて売ってくる傾向があります。

2016年は年初から外国人の売りが急増し、日経平均は急落しました。2016年11-12月は、外国人の買いが急増し、日経平均の上昇を牽引しました。

2017年に入ってから、外国人の買いが止まると、日経平均はボックス推移となりました。3月に外国人の売りが増えると、日経平均は一時、ボックスを下へ抜けました。ところが、4月後半から、外国人の買いが増加すると、一転して日経平均は上昇に転じました。5月後半ロシアゲート疑惑の調査にモラー特別捜査官が任命されると、一時、外国人が小幅に売り越しました。

ただし、まだ統計は出ていませんが、5月29日―6月2日は、再び外国人が日本株を買い越していると考えられます。外国人好みの大型株が出来高を伴って上昇しているからです。

外国人から見ると、日本株は「世界景気敏感株」で「世界の政治不安敏感株」です。世界景気回復の見通しが強まる時、世界の政治不安が緩む時、外国人は日本株を買い越す傾向があります。

(2)日経平均の年内高値はいつ頃か?

2017年の日経平均の動きについて、昨年12月29日に書いた予想は、以下の通りです。

12月29日のレポートを抜粋再掲

「2017年は日本株にとって、どんな年になるでしょうか?私は、前半高・後半安のイメージを持っています。2016年後半から、世界景気の回復色が徐々に強まってきたことを受けて、世界的に債券(安全資産)を売って株式(リスク資産)を買う流れが出ています。この流れがしばらく続くと考えています。

とは言っても、2016年11-12月の日経平均の上昇ピッチが速かったため、2017年1月はスピード調整が起こる可能性もあります。それでも1月から日本の景気・企業業績の改善を示すニュースが増えるので、深押しはないと予想しています。年前半は、企業業績の拡大を評価し、上昇基調が続くと考えています。

年後半になると、世界景気の回復を買う流れは一巡し、再び、世界の政治・経済に対する不安から、世界的に株が下がるイメージを持っています。良い材料も悪い材料も循環するので、上昇相場でも警戒を怠らず、下落相場では過度に弱気にならないことが大切です。

2017年の日経平均は、17,000円から22,000円の範囲で推移すると考えています。先に示した業績予想に基づき、PER16.2倍まで買われると、日経平均は22,000円になります。」

レポート全文は以下からお読みいただけます。

これまでの日経平均の動きは、概ね想定通りでした。今しばらく日経平均は、「政治不安はあっても景気・企業業績の回復の勢いが強いので上昇する」局面が続くと考えています。現時点での企業業績の予想に基づき、日経平均がPER16倍まで買われると、22,600円まで上昇することになります。世界の政治不安が強まっているので、私は、そこまで上昇することはないと考えています。

私は現在、年内の高値は21,000円くらいと考えていますが、外国人の買いの勢いがさらに強まると、一時的に22,000円に近づくこともあるかもしれません。

高値をつける時期はいつになるでしょうか?世界景気の回復の勢いが強い間は、上昇が続き、世界景気回復の勢いが低下すると、下落に転じる可能性があります。

高値をつける時期を予想することは、難しいものの、現時点では、6月から8月になると予想しています。

(3)短期的な相場予測に賭けるべきではない

日本株は、PER(株価収益率)・配当利回りから見て、割安と考えています。長期投資で報われると考えています。

ただし、世界経済や政治に異変が起こると、日本株に外国人投資家の売りが増えて、急落することもあります。日本株が、予測しようのない海外の突発事態によって、急落急騰を繰り返す資産であることは、これからも変わらないでしょう。

投資と投機は異なります。短期的な相場予測に賭けて投機的ポジションを取るのではなく、堅実な方法で、日本株に長期投資をしていく方が良いと思います。

定時定額を買い付ける方法(たとえば毎月1万円)、あるいは、お持ちの金融資産の一定比率を長期的に日本株に投資する方法(たとえば金融資産が3百万円あるとして、1百万円を日本株に投資)を選び、じっくり投資していくことが、長期的な資産形成に寄与すると考えています。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
老後破綻
桐谷広人
今月の10万円株
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください外国人買い続く 年内高値はいつ頃か?(窪田真之)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

外国人買い続く 年内高値はいつ頃か?(窪田真之)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
はじめての下落相場と損
 
投資の失敗
TOP100ランキング
 
老後破綻
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
インタビュー
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。