facebook twitter
年金改正や消費税増は老後資金準備にどんな影響を与えるか
山崎 俊輔
なんとなくから卒業!実践・資産形成術
誰にとっても重要で大切な「年金」と「老後資金準備」について、「漠然とした不安」から卒業しよう! これからの人生のマネープランを、主体的にかつ前向きに組み立てるためのヒントを、ファ…

年金改正や消費税増は老後資金準備にどんな影響を与えるか

2012/2/8
誰にとっても重要で大切な「年金」と「老後資金準備」について、「漠然とした不安」から卒業しよう! これからの人生のマネープランを、主体的にかつ前向きに組み立てるためのヒントを、ファイナンシャル・プランナーであり年金の専門家である山崎俊輔氏がやさしく解説していきます。
facebook twitter メールで送る 印刷

老後にダブルパンチ~年金改正は給付減、消費税増などは負担増

老後の資金準備は、かなり真剣にならないと追いつかない恐れが高まっています。今回は「なんとなく」老後資金準備をしていてはダメだという話をします。

毎日ニュースを賑わせている話題の代表格が「年金改正」と「消費税増」です。最近は税と社会保障の一体改革なんていう言葉もあるようにセットで語られることも増えています。

こうしたニュースを聞くと、私たちは「目の前の保険料負担増」とか「目の前の消費税増」が家計に与える影響を考えてしまいます。確かに保険料の負担が増えることや消費税増は毎月の手取りを減らす要因であり、家計に与える影響も大きいものがあります。

毎月の消費支出(税金や社会保険料を除く出費)が、仮に30万円であったとしたら、5%の消費税はそのうち14,286円になっています。もし消費税が10%になったとして、収入に変化がなければ、同じ30万円を使い切るとすれば27,273円が税金ということになります。つまり実際に買い物できる金額は28万5,714円(消費税5%)から、27万2,727円(消費税10%)に下がるということです。毎月1万3,000円も手取りが下がるということを考えていかなければならないわけです。これはけっこう厳しい話です。

しかし、ここで発想を止めてしまってはいけません。実はこうした見直しのほとんどが、将来の老後の家計にも直撃するからです。

老後の年金収入は消費税増だからといって上がりません(毎月4~6万円程度の低年金者への加算をする可能性はあるが)。総務省家計調査によれば、年金生活をする夫婦の消費支出は、23.4万円です。今なら5%の消費税はそのうち11,143円です。ところが消費税が10%になったとき、年金収入は同じだとすれば、21,273円が税金ということになります。つまり実際に買い物できる金額は22万2,857円(消費税5%)から、21万2,727円(消費税10%)に下がるということです。
現役時代も大変ですが、年金生活に入ってからも毎月約1万円手取りが下がることを前提に、老後のやりくりを考えていかなければならないというわけです。

毎月1万円といっても、老後を20年と考えれば240万円を取り崩す必要がありますし、将来消費税が15%にでもなれば、さらに必要な額が増えます。これはかなりの不安要因です。

しかも、老後の出費がかさむ要因は消費税だけではありません。医療費の自己負担や介護保険の自己負担が値上がりすることも十分に考えられます。年金給付も将来もらうときの水準が今より下がる可能性を考慮していくべきでしょう。

老後のためのお金の準備、というのはよりハードルが上がっているというわけです。

いくらぐらい上積みすれば老後に足りるか

それでは、具体的にどのくらいの上積みを考えておけばいいでしょうか。
以前、標準的な水準としては、3,000万円を老後のための目標とすることをご紹介しました(老後資金は3,000万円で本当に足りるか考えてみる)。
必要に応じて上方修正したほうがいいこともお話しています。3,000万円という目標には、老後のインフレや消費税増も一応見込んでいますが、そこからそれぞれどれくらい水準アップすればいいでしょうか。

1 消費税増に備える老後資金準備増

先ほど消費税増に備える試算をしてみましたが、5%のアップで240万円は老後資産を多く必要とすることになります。これは公的年金に不足する分の穴埋めです。
手持ちの資金についても、消費税増の影響を受けますから、同様のベースアップが必要です。例えば、毎月の生活費に5万円×20年の老後資金(1,200万円)を確保したつもりでいたなら、生活水準維持のために約57万円の上積みが必要です。あまり厳密に計算する必要はありませんが、消費税増と同率くらいは準備額を増額する必要があるでしょう。

また、定年退職の頃にもし、消費税10%を超える話題が出てきたとしたら、年金生活を20年も過ごすうちに実現することは間違いありません。2回分の消費税引き上げを考えれば、ベースアップもさらに上方修正が必要です。
20年先をにらめば、やはり消費税15%はありうるのではないでしょうか。であれば、少なくとも消費税だけで1割は準備額を引き上げておく必要があります。

2 医療費等自己負担増に備える老後資金準備増

次にやっかいなのが、医療費負担等の増加です。かつては高齢者の医療費は無料でしたが、現在1割負担になり2割負担を目指しています。高所得者は年金生活者でも3割負担を求めており、将来においては、現役と同様の負担になることが予想されます。

医療費は実際にどれくらいかかるか、そのときにならなければ分からないのが悩みですが、現在の備え(以前紹介した老後資金3,000万円の例では1,000万円くらいを確保したい、としています)では不足することは十分に考えられます。
医療費には上限が設定されるため、無制限に負担が拡大することはないでしょうが、今より数割程度の増加は見込んでおきたいところです。

3 年金給付減に備える老後資金準備増

最後に年金給付減です。安易な破綻論者に与する必要はまったくありませんが、年金給付水準を引き下げることで制度全体の存続を図ることは考えられます。あるいは受給開始年齢を引き上げることもありえます(ちなみに、こうした引き下げの実施はむしろ制度破綻を遠ざけるので年金破綻論者が実施を反対することは矛盾しています)。

年金受給開始年齢については雇用可能年齢の引き上げと同期を取ると考えられるのであまり心配ありません(労働者人口の減少を考えれば実現はほぼ間違いない)。
気にするべきは水準の引き下げでしょう。しかし、これも現行の半分にするようなことは考えにくく、せいぜい2~3割で打ち止めになるものと思われます。おそらく、年金給付減より、消費税等の引き上げで実質的負担減を取ると思われるので、年金減はもっと少ないかもしれません。

仮に23万円程度の年金水準(夫婦のモデル例)が2割下がるとすれば、毎月5万円程度の不足になります。老後を20年と概算すれば1,200万円、老後の資金が追加になる、というイメージです。

備えられる余裕のあるうちにもっと備えよう

前回の老後資金準備額の検討では約1,000万円を年金給付減や消費税増、医療費自己負担増に備えるバッファーとしていましたから、全額を老後の目標額に上積みする必要はありませんが、今までのモデルでは不足する可能性は考えておく必要が高まっています。

今回の話題は、あまり前向きになりにくい結論で恐縮ですが、「老後の備えはできうる限り、取り組むべき」ということになります。少なくとも「なんとかなるさ」は禁物です。

「なんとかなるさ」は、実は「なんとかするしかないさ(今ある範囲で)」という意味だからです。実際に年金生活に入った人は「なんとかなるさ」でいいですが、まだ若い世代はこの言葉を封印したほうがいいと思います。

今行っている定期預金の積み立てだけでは追いつかない可能性もありますから、ここは運用の力も借りて老後の資金をどんどん貯めて増やす意識を持ちたいところです。
老後資産運用については、今後とも積極的に考えていきましょう。

年金改正、消費税増を意識した老後資金準備枠

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください年金改正や消費税増は老後資金準備にどんな影響を与えるか

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

年金改正や消費税増は老後資金準備にどんな影響を与えるか

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。