お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
「柴田法則」個別銘柄分析7月第3週
出島 昇
柴田法則個別銘柄分析
柴田罫線をよく知っていただくため、毎週5銘柄の柴田罫線による分析をご紹介します。銘柄は東証1部の銘柄を中心に直近の出来高上位銘柄や話題になっている銘柄、又、柴田罫線の法則がわかり…

「柴田法則」個別銘柄分析7月第3週

2013/7/16
高島、パイオニア、旭ダイヤモンド工業、ジーエス・ユアサ コーポレーション、日本冶金工業
facebook twitter メールで送る 印刷

8007 高島 東証1部

四季報2013年夏号によると、建材の4割を占める太陽光発電機器が住宅用中心に続伸。前期開始した倉庫・集合住宅向け等の産業用太陽光機器も本格寄与。産業資材も自動車向け等で堅調続く。貸倒引当なく営業増益。連続増配。

2011年3月11日の東日本大震災直後の3月15日の86円を安値に上昇トレンド(A)を形成しています。この中で、この年の10月5日の155円、11月22日の148円と2点底をつけて急角度の上昇トレンド(B)となり、2012年6月26日の405円まで上昇しました。ここから、急騰後の調整となって下降トレンド(C)を形成していましたが、10月4日の231円、11月14日の240円と2点底をつけて反発となりました。今年1月16日の329円まで戻して4月2日の254円まで押し目を入れて大幅上昇となって、5月21日には395円まで上昇し、1540万株という大商いとなりました。ここから日経平均の急落につれて大幅下落となり、6月7日には255円をつけて4月2日の254円からのスタートの全値押しとなりました。ダブル底の形となって下値を確認し、反発に転じて7月3日に322円で買転換が出現しています。

高島

6773 パイオニア 東証1部

四季報2013年夏号によると、カーエレは円安効果で欧州向け中心に採算改善。ホームエレはDVDドライブ縮小など不採算部門の整理で黒字浮上。人員減効果も。が、会社側のカーエレ成長前提はやや過大。増益幅は表記に縮減。

2012年3月29日の434円を高値に5月7日に370円で売転換が出現し、急落となって上昇トレンド(A)を下に切り、10月11日の153円で底打ちとなりました。ここから今年2月4日の262円まで戻したあと再下落となり、4月2日の166円まで下げて、2点底の形から大幅上昇となり、5月14日には313円の高値をつけました。このあと日経平均の急落と円高への振れで大幅下落となり、6月26日に185円まで下げて順上げの3点底の形となって、7月5日に208円で買転換出現となりました。押し目買い有利の形と考えられます。

パイオニア

6140 旭ダイヤモンド工業 東証1部

四季報2013年夏号によると、ダイヤモンド工具国内首位。半導体、自動車、機械、石材・建築など顧客は幅広い。半導体市況が徐々に回復しウエハ用工具が上向く。東南ア中心に自動車や機械向けも増。買収企業9カ月分上乗せ。ただ好採算の電着ダイヤモンドワイヤや鉱山掘削工具が低迷。営業益の回復は緩慢。

2008年8月1日の1935円の高値からの急落で10月5日の963円で止まるものの、10月28日の1,280円までの戻りのあとは下降トレンド(A)を形成しました。この中で2012年6月4日の717円、11月13日の661円と2点底をつけて11月15日に702円で買転換出現となり、アベノミクス相場のサポートを受けて1月15日に922円となって下降トレンド(A)を上に抜けました。ここから1月24日の810円まで押し目を入れて緩やかな上昇トレンド(C)へ移行しています。この上昇トレンド(C)の中で、5月22日に1,164円まで上昇するものの、日経平均の急落につれ安して6月7日には873円まで下げ、もみあって6月25日に880円のダブル底となって7月9日に964円で買転換出現となりました。

旭ダイヤモンド工業

6674 ジーエス・ユアサ コーポレーション 東証1部

四季報2013年春号によると、自動車用鉛蓄電池で世界3位、リチウムイオン電池の育成注力。採算よい産業用電池・電源が好調。ただ工場稼働に伴い償却増。営業減益。14年3月期は自動車用鉛電池、産業用電池・電源が増加。増産効果あり自動車用リチウム電池の部門赤字縮小。営業益底打つ。

2009年8月13日の928円の戻り高値から下降トレンド(A)を形成。この中で、2012年8月3日の286円、11月14日の291円と2点底をつけて反発し、下降トレンド(A)を上に抜けて今年の3月8日に475円まで上昇しました。ここから4月4日の362円まで押し目を入れ、5月22日の657円までの大幅上昇となりました。この657円を当面のピークに日経平均の急落につれ安し、6月5日の424円で売転換が出現しました。

6月10日の時点で、目先の下値ゾーンに近づいたとしてリバウンド狙いとして、(1)400~430円前後(2)380円前後と2つの買いポイントを設定しました。その後すぐには反発せず、安値圏のもみあいとなって6月27日に384円まで下落し、反発となって7月9日の433円で買転換出現となりました。

ジーエス・ユアサ コーポレーション

5480 日本冶金工業 東証1部

四季報2013年夏号によると、好採算の高機能材がプラントや航空機用金型向けに堅調。汎用ステンレスは円安で海外材との競争和らぐ。値上げ浸透。設備集約や人件費削減継続し採算改善。原料値上がりこなす。黒字浮上。税軽い。

2010年1月12日の415円の戻り高値からの下落トレンドの中で、2011年3月11日の東日本大震災直後の3月15日に126円でいったん底打ち。ここから8月1日の239円まで反発したあと下向きの先細三角形(A)の下げ方となりました。この煮詰まったところで2012年9月5日の62円、10月15日の61円とダブル底を形成して12月6日に78円で買転換が出現し、今年の1月31日に140円まで上昇、下向きの先細三角形(A)を上放れしました。ここから4月2日の101円まで押し目を入れて4月23日に164円まで反発するものの、再下落となって6月27日に102円まで下落し、ダブル底の形となって7月5日に123円で買転換出現となりました。

日本冶金工業

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください「柴田法則」個別銘柄分析7月第3週

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

「柴田法則」個別銘柄分析7月第3週

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。