お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
「柴田法則」個別銘柄分析5月第2週
出島 昇
柴田法則個別銘柄分析
柴田罫線をよく知っていただくため、毎週5銘柄の柴田罫線による分析をご紹介します。銘柄は東証1部の銘柄を中心に直近の出来高上位銘柄や話題になっている銘柄、又、柴田罫線の法則がわかり…

「柴田法則」個別銘柄分析5月第2週

2013/5/13
中国塗料、トーヨーカネツ、関東電化工業、リョービ、日清紡ホールディングス
facebook twitter メールで送る 印刷

4617 中国塗料 東証1部

四季報2013年春号によると、国内の工業向け堅調。主力の船舶用は中国や東南アジアで伸びるが、国内の縮小厳しく営業益続落。14年3月期も国内の建材用や防食用など工業向け堅調。船舶は補修用へのシフト推進も、効果に要時間。営業益は回復基調だが戻りは鈍い。

過去2年間のチャートの動きは、2011年2月4日の805円を高値にして3月11日の東日本大震災をきっかけに下降トレンド(A)となりました。この中で2012年6月5日の328円で底打ちとなり、7月18日の430円まで反発した後は三角保ち合い(B)を形成していました。この中で10月12日の336円を安値に短期の上昇トレンド(C)を形成し、三角保ち合い(B)及び下降トレンド(A)を上に抜けて、今年の1月4日には533円まで上昇しました。この後は高値圏でのもみあいとなって売転換(4月1日の482円)が出現し、短期の上昇トレンド(C)を下に切りました。4月16日の462円まで下げてもみあい、4月26日には502円で再び買転換出現となっています。

中国塗料

6369 トーヨーカネツ  東証1部

四季報2013年春号によると、コーケン連結。受注底打ちと赤字案件一巡の物流システムが小幅黒字復帰。14年3月期も物流の採算改善。柱のLNGタンク工事は東南ア・豪で輸出基地、国内は輸入基地と案件多い。工事採算下降も営業小幅増益。営業外は為替差益消える。

同社は、石油・LNGタンク工事の世界大手。米国からのシェールガス輸入解禁、アジア新興国でのLNG火力発電需要の増加、国内メタンハイドレート開発推進などの材料をもっています。

長期のチャートでみると、2006年2月7日の413円を高値に下降トレンド(A)を形成。この中で2008年10月28日で底打ち。6月4日の248円を高値、88円を安値とする三角保ち合い(B)へ移行。この三角保ち合いの煮詰まってきたところで、2012年10月10日の147円を安値に反発となってシェールガス関連銘柄として急騰し、今年の3月12日には426円をつけて2006年2月7日の413円を更新しました。ここから買われ過ぎて一転急落となり、4月2日の301円を安値に反発となって4月24日に343円で再度の買転換となっています。

トーヨーカネツ

4047 関東電化工業  東証1部

四季報2013年春号によると、電解質の数量上向く。営業赤字やや縮小。減損・繰税資産取り崩しで最終大赤字。無配。14年3月期は半導体ガス・電解質とも円安で海外勢との力関係が好転。償却減、人員削減効く。黒字浮上。小幅復配か。

中長期のチャートでは、2008年10月28日の200円を安値に上昇トレンド(A)を形成。この中で、2009年10月27日の807円、2010年4月9日の786円を2点天井として下落し、この年の9月1日に472円でいったんの底打ちとなりました。ここからの反発で、2011年2月8日に740円まで戻るものの、3月11日の東日本大震災が起こり急落後、そのまま下降トレンド(B)を形成しました。この中で2013年3月期は赤字拡大という業績下方修正を受けて2012年10月10日に112円まで急落しましたが、ここで悪材料を織り込んで反発となり、下降トレンド(B)を上に抜けて上昇トレンド(C)へ移行しています。今年の3月26日に277円まで上昇後、4月2日の205円まで押し目を形成し、再上昇となって5月8日に267円で追加の買法則が出ています。

関東電化工業

5851 リョービ 東証1部

四季報2013年春号によると、主力のダイカストが国内苦戦と中国の人件費先行響くが、米国やや上振れ。14年3月期は中国が投資回収期に入り、国内も復調へ。一部の住建機器で財政政策が寄与。印刷機器の業務提携効果は下期以降。

中長期チャートでは、2008年3月13日の135円を安値に上昇トレンド(A)を形成。この中で2011年7月15日に395円でピークをつけ、その後9月30日の360円、2012年2月27日の332円と順下げの三尊天井となって業績の下方修正から下放れとなり、10月3日の141円で底打ちとなりました。この141円からの反発で、今年の2月6日の267円まで上昇し、ここから短期調整となって4月2日の201円まで押し目を入れ、4月19日に230円で再度の買転換出現となって戻りを試しているところです。上昇トレンド(B)を形成中ですので、押し目買い有利と考えられます。

リョービ

3105 日清紡ホールディングス 東証1部

四季報2013年春号によると、国内、アジアでブレーキ上向く。が、子会社の欧州ブレーキ大手の低調が想定超。増益幅縮小。14年3月期は米国、東南アジア需要増に伴いブレーキ順調増。不動産大型案件剥落はエレキ事業合理化で補う。ただ人員削減に伴い特損。純益足踏み。

2009年8月4日の1,229円の高値からの中期下降トレンド(A)の中で、2012年8月7日の479円、10月11日の460円、11月13日の468円と三点底(逆三尊天井)を形成し、11月22日に546円で買転換出現となって急伸し、下降トレンド(A)を上に抜けて2013年1月15日に766円の高値をつけました。ここをピークに調整入りとなって2月22日の637円まで下落して700円を前にもみあうものの、再下落となって4月4日の611円まで下げました。ここから戻りを試す動きとなって、4月26日に707円で買転換出現となっています。

現時点での予測では、業績は今一つ冴えませんが、下降トレンドを抜け出しており、内需株の出遅れ銘柄として水準訂正が続くことになりそうです。

日清紡ホールディングス

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください「柴田法則」個別銘柄分析5月第2週

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

「柴田法則」個別銘柄分析5月第2週

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。