お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
「柴田法則」個別銘柄分析8月第3週
出島 昇
柴田法則個別銘柄分析
柴田罫線をよく知っていただくため、毎週5銘柄の柴田罫線による分析をご紹介します。銘柄は東証1部の銘柄を中心に直近の出来高上位銘柄や話題になっている銘柄、又、柴田罫線の法則がわかり…

「柴田法則」個別銘柄分析8月第3週

2012/8/20
[9945]プレナス、[7762]シチズンホールディングス、[8035]東京エレクトロン、[1871]ピーエス三菱、[1916]日成ビルド工業
facebook twitter メールで送る 印刷

9945 プレナス 東証1部

会社四季報によると、直営軸に出店加速。期中純増は定食48、弁当200規模。中食需要やブランド認知度向上で、弁当既存店が客数増続く。FC向け食材卸も拡大。『幕の内』など売れ筋に絞り込み廃棄ロス圧縮。米価上昇こなし、営業益続伸。資産除去債務特損ない。

中長期のチャートでは、大きな三角保ち合い(A)を上放れしたものの、今年の4月16日の1,599円まで上昇したが、2009年3月26日の1,600円を突破できず、下降トレンド(B)を形成しつつあります。この下降トレンド(B)の中で7月4日に1,558円の戻り高値をつけ、8月7日には1,397円で売転換が出現して、終値で6月14日の1,401円をいったん切っています。大きく戻ればカラ売り有利となりますが、7月31日の1,487円を上に抜ければ1,550円水準までの上昇の可能性はあります。

プレナス

7762 シチズンホールディングス 東証1部

8月10日発表の4-6月期の連結決算は、純利益が前年同期比16%減の20億円だった。売上高は3%増の652億円、営業利益は30%増の32億円となり、主力の時計事業で電池時計や太陽光発電付きといった付加価値の高い製品が国内で伸びたことが寄与した。通期の連結売上高を前期比5%増の2,850億円に上方修正。営業利益と純利益は従来予想を据え置いた。

2010年4月15日の697円からの下降トレンド(A)の中で、2011年9月26日の352円で底打ちとなり、ここからの反発で下降トレンド(A)を上に抜けて、今年の3月28日に537円まで上昇しました。ここをピークに調整入りとなり、7月26日の396円まで下落して反発し、8月13日に450円で買転換出現となりました。チャートの形をみると、2011年1月6日の586円を高値、9月26日の352円を安値とする三角保ち合い(B)の形となっており、ここでの買転換は三角保ち合い(B)の上値斜線の500円水準が大きな抵抗ラインとなると思われます。

シチズンホールディングス

8035 東京エレクトロン 東証1部

7月30日の決算発表で、4-6月期の決算は、連結営業利益で90億円前後と前年同期比61%減少。通期の連結純利益を300億円から140億円に下方修正。7-9月期の受注も弱いことを示唆。

チャートでは、2011年1月19日の5,780円の高値からの下降ライン(A)の中にあります。この中で、2011年8月26日の3,335円、10月4日の3,325円のダブル底をつけて、今年の3月27日に4,950円まで上昇しました。しかし、ここをピークに円高進行と世界経済の景気後退からの半導体の需給悪化を受け大幅下落となって、6月4日に3,340円の安値をつけ、6月25日に3,850円まで反発後、再下落となって7月26日に3,305円と安値を更新しました。しかし、3,305円を安値に反発となり、7月31日に3,675円で買転換が出現し、日経平均の指数を引き上げるために先物主導の動きとなり、この中で日経225の構成銘柄であり連動性の強い値ガサ株として買われています。25日移動平均線、75日移動平均線を突破し、次は200日移動平均線(8月13日時点4,076円)が目先の上値抵抗ラインとなります。4,000円を超えるとカラ売り有利と考えられます。

東京エレクトロン

1871 ピーエス三菱 東証1部

四季報夏号によると、低採算の建築受注残減少、官庁PC土木が復活し粗利益率改善、営業益復調。受注は耐震建築、人工地盤などPC技術生かす復興需要始動、補修含め建築土木とも拡大し970億円(前期840億円)へ。

7月12日(木)の終値373円の時点でチャートをみると、三角保ち合い(A)の中で(1)6月26日の411円、(2)6月29日の426円、(3)7月9日の407円と三尊天井を形成して、7月10日の391円で売転換が出現しました。

そこで、待ち伏せ買いは330円以下を待つところですが、目先はカラ売り有利になるとし、380~400円前後でカラ売りし、買い戻しは350円前後としました。結局、7月17日に403円まであって再下落となり、7月25日には320円まで下落し、待ち伏せ買いポイントに入りました。ここから日経平均の反発に連動して8月13日には375円まで上昇し、373~390円のカラ売りゾーンへ入りました。

三角保ち合いが煮詰まりつつある状況になっており、400円台での三尊天井と、8月3日時点の買い残108万、売り残21万の信用倍率50倍を考えると、戻りの後は7月25日の320円を切って下放れとなる可能性が高いと思われます。

ピーエス三菱

1916 日成ビルド工業 東証1部

四季報夏号によると、採算よい立体駐車場のメンテナンスが拡大。東北被災地では店舗や仮設校舎など伸びるが、前期大量に出た仮設住宅の特需が剥落。新事業の先行経費やM&A費用もあり営業益は急落。特別配落とす。

7月12日(木)の終値131円の時点で、好材料としては自社株買いがあるが、5月11日に2013年3月期は減収・減益の見通しを発表したことで、基本は100円水準を待つところだが、目先は140~150円でカラ売りし、110~120円で買い戻しとしました。

結局、7月17日に142円まであってカラ売りポイントに入り、7月24日には119円まであって、110~120円の買い戻しポイントまで下げました。ここから再び戻りを試す動きとなっており、8月7日に145円、8月15日にも145円となっています。再び150~160円がカラ売りゾーンとなり、120台~130円が買い戻しポイントとなります。6月12日~8月31日までが自社株の取得期間です。

日成ビルド工業

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください「柴田法則」個別銘柄分析8月第3週

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

「柴田法則」個別銘柄分析8月第3週

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。