facebook twitter
年初来高値銘柄・年初来安値銘柄に注目した投資戦略とは?
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

年初来高値銘柄・年初来安値銘柄に注目した投資戦略とは?

2011/10/27
資産運用に精通した公認会計士として活躍している、足立武志氏による「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

まずは年初来高値・安値更新銘柄をチェック

前回のコラムで年初来高値・年初来安値につき説明しました。今回のコラムはそれを踏まえ、「年初来高値・安値」という情報をどのように有効活用していくか、具体的な方法を考えていきたいと思います。

年初来高値更新は上昇トレンドへの転換もしくは継続、年初来安値更新は下降トレンドへの転換もしくは継続を表します。そのため年初来高値・安値更新銘柄のチェックは重要です。

といっても年初来高値・安値更新銘柄のすべてをチェックするのは大変ですので、ご自身が保有している銘柄や注目している銘柄、買い候補としている銘柄についてだけでもチェックするようにしたいものです。

特に重要なのは、直近高値もしくは安値を更新した直後です。直近高値を超えた直後に買う、直近安値を割り込んだ直後に売る、というのが売買のセオリーの1つになっているからです。

そこで、年初来高値・年初来安値更新銘柄の株価チャートをみて、直近高値超えや直近安値割れの状態になっているかを確認しましょう。

直近高値超え・直近安値割れの具体例

具体的に銘柄を挙げてみます。コナミ(9766)の週足チャートをみてください。
3月に1,875円の年初来高値をつけたものの、震災による株価急落の影響もありしばらく株価は調整しました。しかし再び反発を始め、6月13日には1,889円まで上昇して年初来高値を更新しました。その後も9月9日に2,906円の年初来高値をつけるなど株価は大きく上昇しました。6月13日に3月の直近高値を更新した直後が買いのタイミングとなっていたことがお分かりいただけると思います。

もう1つ、アドバンテスト(6857)の週足チャートです。
3月の震災直後の急落により1179円の年初来安値をつけたあと反発したものの、8月9日にはそれを割り込み1,126円まで下落、年初来安値を更新してしまいました。
年初来安値更新となれば、下降トレンド継続を意味するため、さらなる下落による損失拡大を防ぐためには速やかに損切りが必要となります。アドバンテストは年初来安値更新後も下げ続け、結局10月4日の751円まで大きく下落してしまいました。

年初来安値更新は損切りを含め重要な売りタイミングとなります。損切りを躊躇しているとさらに株価が下がってしまいますから素早い対応が求められます。保有株が年初来安値を更新したかどうかはできれば毎日チェックすることをお勧めします。

年初来高値・安値の銘柄数から相場の基調を探る

次に、年初来高値銘柄数・年初来安値銘柄数とその推移をチェックしましょう。これにより、株式市場全体の基調を把握することができます。

一般的に、年初来高値銘柄数が増加傾向で年初来安値銘柄数より多ければ相場は強いので強気、逆に年初来安値銘柄数が増加傾向で年初来高値銘柄数より多ければ相場は弱いので弱気、という判断となります。

そして年初来高値銘柄がピークを迎えると日経平均株価や個別銘柄の多くも一旦の天井をつけ、逆に年初来安値銘柄がピークをつけると株価も底打ちすることが多くなります。

例えば、2009年の6月12日に年初来高値銘柄数が290に達してピークを付けましたが、日経平均株価もこの日に一旦の高値10,135円82銭をつけました。同様に、2010年4月5日には年初来高値が394銘柄に達しましたが、同日に日経平均株価も11,339円30銭の高値をつけています。

また、3月の大地震後の3月15日、東証1部の年初来安値更新銘柄は1,048銘柄にまで達してピークをつけましましたが、株価もこの日つけた8,227円63銭を底に反発をしました。

年初来高値・安値共存時は二極化相場の可能性

少し判断に迷うのは、年初来高値銘柄数、年初来安値銘柄数ともにそれなりに存在するケースです。

2009年6月12日に年初来高値銘柄数および日経平均株価がピークをつけたときは、年初来高値銘柄数が4月以降徐々に増加して最終的に290銘柄になった一方、その間年初来安値銘柄数はゼロに近い数字でした。2010年4月5日のピークの際も同様です。

また、2008年10月の世界同時株安の際も、年初来安値銘柄数が8月頃から急速に増加した一方、年初来高値銘柄数は非常に少なく推移していました。

このように、日経平均株価が上昇している時は年初来高値銘柄増加、年初来安値銘柄僅少、日経平均株価が下落している時は年初来安値銘柄増加、年初来高値銘柄僅少という状態になるのが一般的です。

しかし、今年の8月以降は、9月26日に185銘柄の年初来安値銘柄が出現したかと思えば、3日後の9月29日には74銘柄の年初来高値銘柄が出たように、年初来高値銘柄も年初来安値銘柄もそこそこ存在する状況が続いています。

こんなときは、年初来高値銘柄と年初来安値銘柄にはどのようなものがあるか、確かめてみることをお勧めします。

年初来高値を更新している銘柄をピックアップしてみると、為替相場や海外の景気に左右されにくい内需株がほとんどであることに気付きます。一方、年初来安値を更新した銘柄は、輸出が主力のいわゆる外需株です。

このことから、8月以降は、外需株は売られ続けて株価が大きく下がったものが多い反面、内需株は堅調な動きとなり、高値更新を遂げたものも少なくない、という傾向が見えてきます。

こうした動きをいち早く察知することができれば、外需株は避けて内需株から銘柄選択をする、という戦略を取り、まだ大きく上昇する前の段階で内需株を買い仕込むことができるのです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください年初来高値銘柄・年初来安値銘柄に注目した投資戦略とは?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

年初来高値銘柄・年初来安値銘柄に注目した投資戦略とは?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。