お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
【初心者向けコラム】年初来高値銘柄・年初来安値銘柄とはどんなもの?
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

【初心者向けコラム】年初来高値銘柄・年初来安値銘柄とはどんなもの?

2011/10/20
資産運用に精通した公認会計士として活躍している、足立武志氏による「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter 印刷する

新聞の株価欄にある「白抜き数字」は何を表す?

日本経済新聞の株価欄を見ると、株価が白抜き表示になっている銘柄があることに気づきます。これはその日の株価が「年初来高値」もしくは「年初来安値」を更新したことを示しています。

「年初来高値を更新」とは、当日につけた株価の高値が、前日以前の本年中につけた高値を超えたことを意味します。逆に、当日の株価の安値が、前日以前の本年中につけた安値を下回れば「年初来安値更新」となります。

例えば、2011年1月1日~10月13日までの高値が250円である銘柄が10月14日に255円の高値をつけた場合、10月14日に年初来高値を更新したことになります。2011年1月1日~10月13日までの安値が150円である銘柄が10月14日に145円の安値をつけたなら、10月14日に年初来安値を更新したことになります。

新聞の株価欄は「始値」「高値」「安値」「終値」の4つの株価が記載されています。このうち「高値」欄が白抜きになっている場合は年初来高値更新を、「安値」欄が白抜きになっている場合は年初来安値更新を表します。

株価のトレンドを如実に表す「年初来高値」「年初来安値」

年初来高値・年初来安値はなぜ重要か、それは株価のトレンドを如実に示しているからです。

筆者は本コラムや書籍などを通じて、「株価のトレンドを認識することの重要性」を繰り返しお伝えしてきました。

いくら好業績の銘柄でも、株価が下降トレンドにあるときには、新規買いしてもさらに株価が下がってしまうことが多いものです。逆に、業績が振るわないようにみえる銘柄であっても、株価が上昇トレンドにあるならばさらに株価が上昇する可能性が高いため、安易な売りは禁物なのです。

「年初来高値」を更新した銘柄は、直近の高値を超えて上昇を続けていることを表していますから紛れもなく上昇トレンドにあります。一方「年初来安値」を更新した銘柄は直近の安値を下回って下落し続けている状態ですから下降トレンド真っ只中です。従って、年初来高値を更新している銘柄は買いの候補となりますが、年初来安値を更新した銘柄は買い候補にはならないと考えられます。年初来安値更新銘柄を新規買いすることはトレンドに反したリスクの高い投資行動であり、特に初心者、初級者の方にはお勧めできるものではないと思います。

要注意・3月までは「昨年来」、4月以降は「年初来」

実は「年初来高値」「年初来安値」の対象期間は、時期によって異なります。4月から12月までは、本年中につけた高値ないしは安値を更新した場合に「年初来高値更新」「年初来安値更新」となります。一方、1月から3月までは、前年の1月以降の高値ないしは安値を更新した場合に「昨年来高値更新」「昨年来安値更新」となります。4~12月と1~3月とで、呼び名が若干異なっていることにも要注目です。

例えば、2011年9月30日であれば、2011年1月1日~2011年9月29日までの高値・安値を更新した場合に「年初来高値(安値)更新」となります。また、2011年3月31日であれば、2010年1月1日~2011年3月30日までの高値・安値を更新した場合に「昨年来高値(安値)更新」となります。

ただし、1月~3月については、実態は昨年来高値・安値を表していても、便宜上「年初来高値」「年初来安値」という言葉が用いられることがありますので注意してください。本コラムでも「年初来高値」「年初来安値」という言葉に統一しますが、1~3月に関しては昨年来高値・安値を意味しているものと理解してください。

年初来高値・年初来安値の活用方法

年初来高値・年初来安値更新銘柄は様々な活用方法があります。例えば以下のようなものが挙げられます。

  • 年初来高値・安値を更新した銘柄にはどのようなものがあるかをみる(個別銘柄のトレンド把握)
  • 年初来高値銘柄および年初来安値銘柄の数およびその推移をみる(市場全体のトレンド把握)
  • 年初来高値および年初来安値を更新した銘柄をリストアップする(それらの銘柄に何かしらの特徴・傾向が表れていないかを探り銘柄選びのヒントとする)

これらにつき、詳しくは別の回にてご説明します。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください【初心者向けコラム】年初来高値銘柄・年初来安値銘柄とはどんなもの?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

【初心者向けコラム】年初来高値銘柄・年初来安値銘柄とはどんなもの?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。