お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
米ドル/円反落、次期FRB総裁の発言受けQE縮小観測後退
荒地 潤
FXデイリーチャート
楽天証券では2009年8月10日(月)より、お客様の投資判断をサポートする投資情報として、主要通貨のトレンドを分析した「FXデイリーチャート」の提供を開始いたしました。 当情報は…

米ドル/円反落、次期FRB総裁の発言受けQE縮小観測後退

2013/11/14
東京市場では、100円の大台を目前に利益確定の米ドル売りなどに押され米ドル/円は99円台半ばレベルまで下落しました。海外市場では、米ドル/円は上値の重い地合いを継続。一時99.30円レベルまで下げ幅を広げた
facebook twitter 印刷する

昨日(11月13日)の動向

東京市場では、100円の大台を目前に利益確定の米ドル売りなどに押され米ドル/円は99円台半ばレベルまで下落しました。海外市場では、米ドル/円は上値の重い地合いを継続。一時99.30円レベルまで下げ幅を広げたのち、93円台半ばレベルでもみ合う動きとなりました。本日東京時間朝方では、米ドル/円が反落。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)副議長の議会証言公表で金融緩和策継続の必要性が強調されるなどハト派的な声明が報道されると米ドル/円は一時99円台割れ手前の水準まで下落しました。

11月13日のBID値 始値 高値 安値 終値
米ドル/円 99.620 99.674 99.099 99.160
ユーロ/円 133.845 133.956 133.228 133.764
豪ドル/円 92.648 92.822 92.285 92.811

米ドル/円 1時間チャート

米ドル/円 1時間チャート

ユーロ/円 1時間チャート

ユーロ/円 1時間チャート

豪ドル/円 1時間チャート

豪ドル/円 1時間チャート

本日(2013年11月14日)の展望

【米ドル/円】

米ドル/円は次期FRB議長の声明発表を受けQE縮小観測が後退し反落。目先上値では心理的節目100.00円の大台を上抜けることができるかに注目が集まっています。ただ、同水準で上げ渋った場合における米ドルの戻り売りにも注意を払いたい場面です。一方、下値ターゲットとして日足・5日移動平均線が位置する99.00円レベルや日足・21日移動平均線が位置する98.40円レベルがあげられます。

  レジスタンス R1 レジスタンス R2 サポート S1 サポート S2
米ドル/円 100.00 100.60 99.00 98.40

米ドル/円 5分足チャート

米ドル/円 5分足チャート

【ユーロ/円】

ユーロ/円は米ドルの動きに左右されもみ合う動きとなっています。目先上値では節目の134.00円台に乗せることができるかが焦点となりそうです。一方、下値では日足・一目均衡表の基準線が位置する133.30円レベルや雲の上限が位置する132.40円レベルなどを意識しての値動きとなりそうです。

  レジスタンス R1 レジスタンス R2 サポート S1 サポート S2
ユーロ/円 134.00 134.50 133.30 132.40

ユーロ/円 5分足チャート

ユーロ/円 5分足チャート

【豪ドル/円】

豪ドル/円は対米ドルでの豪ドル買いを受け小幅に反発。目先は節目93.00円台をしっかりと回復できるかが焦点となりそうです。同水準を上回った場合、一目均衡表の雲の上限に沿って94円台を目指す動きとなるか注目です。下値ターゲットとして、一目均衡表の雲の上限が位置する92.00円台前半のレベルがあげられます。

  レジスタンス R1 レジスタンス R2 サポート S1 サポート S2
豪ドル/円 93.00 93.50 92.30 92.00

豪ドル/円 5分足チャート

豪ドル/円 5分足チャート

  • 上記各5分足チャートは、当日 2013年11月14日 現在のものです。
  • コメント欄の語句について R=上値抵抗線 S=下値支持線

本日(2013年11月14日)の主な指標

注目度 発表時間 指標 予想 前回
★★ 18:30 英・小売売上高指数 -0.10% 0.70%
★★ 19:00 欧・GDP(速報) 0.10% 0.30%
★★ 22:30 米・新規失業保険申請件数 33.0万件 33.6万件
22:30 米・貿易収支 -390億ドル -388億ドル
  • 発表時間はいずれも東京時間
  • 注目度は★低~★★★高で示します

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください米ドル/円反落、次期FRB総裁の発言受けQE縮小観測後退

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

米ドル/円反落、次期FRB総裁の発言受けQE縮小観測後退

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。