facebook twitter
日経平均は2万円を挟んだボックス圏に(窪田真之)
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

日経平均は2万円を挟んだボックス圏に(窪田真之)

2017/7/3
日経平均は2万円を挟んだボックスの動きが続きそう。景気・企業業績の改善が下値を支えるが、米国株の上昇を牽引してきたFANG株の急落、自民党が東京都議選で大敗したこと、米トランプ大統領の支持率低下が続いていることなどが、上値を抑える。
facebook twitter メールで送る 印刷

執筆:窪田真之

今日のポイント

  • 日経平均は2万円を挟んだボックスの動きが続きそう。景気・企業業績の改善が下値を支えるが、米国株の上昇を牽引してきたFANG株の急落、自民党が東京都議選で大敗したこと、米トランプ大統領の支持率低下が続いていることなどが、上値を抑える。
  • 目先、IT関連など成長株が売られ金融など割安株が買われやすい地合いとなりそう。

(1)日経平均は当面、2万円を挟んでボックス圏との見方に変更なし

先週の日経平均は、1週間で99円下がり、20,033円となりました。2万円を挟み、上値が重く、下値は堅い展開が続いています。

<日経平均週足:2016年1月4日―2017年6月30日>

(注:楽天証券マーケット・スピードより作成)

景気・企業業績が回復トレンドにあることが下値を支える一方、欧米で長期金利が上がり米NASDAQ株が一時大きく下がったことが、不安材料となります。

また、加計学園問題などを受け、安倍首相の支持率が低下していることも、外国人投資家から見て、日本株を買いにくくする要因となります。7月2日の東京都議選で、自民党が大敗したことも、自民党の政策実行能力の低下につながる懸念があります。

米国も同じ状況です。トランプ大統領の支持率が下がり、大統領の政策実行能力が低下する懸念が出ています。

引き続き、景気回復が下値を支え、政治不安や米NASDAQの下落が上値を重くする展開と考えています。

(2)米NASDAQが下落

これまで米国株の上昇を牽引してきた米国NASDAQ市場のIT関連株・ハイテク株が急落したことを嫌気し、6月30日に日経平均は、前日比186円安と大きく下げました。NASDAQに連動して買われてきた、日本のIT関連株・半導体関連株などの下落率が大きくなりました。

これまで米国株では、NASDAQ上場のFANG・MANT【注】など時価総額の大きいIT関連・ハイテク株に物色が集中していました。

【注】FANG・MANT
FANGは、フェイスブック(SNS大手)、アマゾン(ネット通販)、ネットフリックス(動画配信)、グーグル(検索大手)の頭文字をとった造語です。MANTは、マイクロソフト(OS「ウインドウズ」)、アップル(スマホ大手)、エヌビディア(半導体)、テスラ(電気自動車)の頭文字です。

FANG・MANTの株価に過熱感が出て警戒されている中で、先週は、欧米および日本で長期金利が上昇したことがきっかけとなって、NASDAQのIT関連・ハイテク株が売られました。ECB(欧州中央銀行)が、金融引き締めに動くとの観測が広がったことが、長期金利上昇のきっかけとなりました。

NASDAQ総合株価指数とNYダウの比較:2016年末―2017年6月30日

(注:2016年末の値を100として指数化、楽天証券経済研究所が作成)

より長期で見ても、米国株を牽引してきたのは、NASDAQであることがわかります。NASDAQに高値警戒感が出ていることは、米国株の上値を抑える要因となります。

(注:2012年末の値を100として指数化、楽天証券経済研究所が作成)

(3)日本株投資への影響

今年は、日米で二極化相場が続いてきました。米国では、FANG・MANTと言われるIT・ハイテク株が集中的に物色されてきました。金融株や資源関連株は、株価指標で見て割安でも買われない状況が続いてきました。

日本でも同様の二極化が起こっています。IT・ネット関連・ゲーム・半導体関連株が集中物色され、金融・資源関連・自動車関連・不動産・建設などは、株価指標で見て割安でも買われない展開が続いてきました。

米国では、長期金利の上昇をうけて、成長株が売られる一方、金利上昇で恩恵を受ける金融株などの割安株が買われました。日本でも、まったく同じように、成長株が売られ、金融株などの割安株が買われる流れが出ています。

目先、日経平均は2万円を挟んだボックスの動きと見ていますが、その中で、これまで買われてきた成長株は下がりやすく、金融株などの割安株が買われやすい展開と考えています。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください日経平均は2万円を挟んだボックス圏に(窪田真之)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

日経平均は2万円を挟んだボックス圏に(窪田真之)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
世界のリスクを総点検
 
投資の失敗
TOP100ランキング
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。