昨今では世界的に「企業統治方針(コーポレート・ガバナンス・コード)」への取り組み強化の動きが広がり、株主をはじめとする幅広いステークホルダーとの良好な関係構築を通して企業価値を向上させるという難度の高い経営手腕が必要とされています。

 そこで、今回はダイナミックな経営ビジョンかつ、強い指導力で起業したビジネスを飛躍的に成長させるカリスマ経営者がけん引するオーナー企業を投資ユニバースとするETF「BOSS(Global X Founder-Run Companies ETF)」を分析対象としてその投資環境及び、今後長期にわたって持続的な企業価値の拡大が期待される優良銘柄をご紹介致します。

 まず、「BOSS」はオーナー経営者が自ら率いる米国上場企業を投資対象とするETFとして、コロナ禍の景気回復局面において、米主要株価3指数をしのぐリターンを見せています。

【ベンチマーク:Solactive U.S. Founder-Run Companies Index】

投資対象:米国取引所に上場するオーナー経営企業のうち、時価総額上位100銘柄
構成銘柄数:100銘柄(均等加重平均)
構成銘柄の見直し:リバランス年1回(5月)/ *レビュー(2.8.11月)
算出開始日:2010年5月14日の終値を1,000を基準とする
*「創業者兼経営者」のステータスを満たしているか判断
出所:Solactive AG「Solactive U.S. Founder-Run Companies Index」を基に筆者作成

 次に「BOSS」ではオーナー経営企業のメリットを「3つの特徴」に分類しており、カリスマ性を備えた創業者兼CEOらが率いる革新的な企業への幅広い投資機会を可能にする事で、長期的に伝統的な株式インデックスを上回るリターンの源泉としています。

特徴     概要
創業者兼CEO オーナー経営企業に投資する事で、会社の成功から恩恵を受ける投資家と
経営者の利益が一致しやすい点
超過リターンα 創業者は、自分が率いる企業と結びついた多額の個人資産を持っているため、
イノベーションと起業家精神による長期的な価値創造を重視する傾向にある点
分散投資 創業者が経営する上場米国株式の幅広い投資ユニバースへのアクセスが可能な点
出所:Global X「Factsheet」を基に筆者作成

 そこで、世界の時価総額ランキングで上位数社を見ると創業者が長らく経営の最前線で活躍しており、米アップルやマイクロソフトのようにカリスマ経営者の退任後も彼らの企業理念やビジョンが後継者に受け継がれている事で、持続的に企業価値を向上させています。

Founder Company Market Cap($ Billion) Since Foundation
ラリー・ペイジ Google 1,623 23年
スティーブ・ジョブス Apple 2,101 44年
マーク・ザッカーバーグ Facebook 937 17年
ジェフ・ベゾス Amazon 1,617 27年
ビル・ゲイツ Microsoft 1,889 46年
李彦宏(ロビン・リー) Baidu 65 21年
馬雲(ジャック・マー) Alibaba 595 22年
馬化騰(ポニー・マー) Tencent 773 23年
出所:各社HP、yahoofinance.comを基に筆者作成

 実際に「BOSS」のリターンは、特にコロナショック以降の景気回復局面で力強い反発を見せており、株価は今年2月に過去最高値を更新して以来、高値圏の推移が続いています。

Performance as of June 1, 2021

  YTD 1 Year Return 3 Year Return
BOSS 9.68% 51.16% 77.88%
SPY 12.61% 39.55% 63.71%
出所:etfdb.com「Performance」を基に筆者作成

 また「BOSS」の業種別構成銘柄では、代表的なディフェンシブセクターの「コミュニケーション」、「金融」、「ヘルスケア」といった私達の生活に欠かすことのできないインフラを担う業種が上位を占めており、近年のAIの発達を背景に「IoT」、「フィンテック」や「ゲノム編集」といった最先端技術の恩恵を受けやすいセクターと言えます。

出所:Global X「Founder-Run Companies ETF」を基に筆者作成

 では、「BOSS」において構成比率の上位10銘柄を対象に、直近1年間で株価リターンが最も優れた優秀銘柄をご紹介致します。

        5-Year Average
Growth Rate
TTM As of May 31,2021
  Ticker Industry Market Cap ($) Revenue FCFM Trailing Return
(1-year)
1 TSLA Auto Manufacturers 582.93B 50.78% 6.69% 243.21%
2 PTON Leisure 32.91B *102.90% 10.54% 161.46%
3 FDX Integrated Freight & Logistics 83.53B 7.84% 4.88% 143.11%
4 COF Credit Services 72.59B 4.28% 43.79% 137.77%
5 STLD Steel 13.19B 21.49% 62.07% 118.86%
6 WLK Specialty Chemicals 12.93B 10.95% 12.60% 113.73%
7 TWTR Internet Content & Information 46.29B 10.87% 5.18% 87.28%
8 ZM Telecom Services 97.62B *159.64% 52.25% 84.72%
9 NVDA Semiconductors 404.81B 27.19% 28.65% 83.21%
10 BLK Asset Management 133.77B 7.29% 23.19% 68.75%
出所:morningstar.com「Key Ratios」を基に作成
*FCFM:フリーキャッシュフロー・マージン
*3-Year Average Growth Rate