投資をスタートして初めて、確定申告が身近になったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ご自身が確定申告をする必要があるのかどうか、判断に迷うケースも多いようです。

 楽天証券に寄せられる、お客様からの確定申告に関するご質問のうち数が多いものと、その回答をまとめました。

※確定申告の要不要はお客様の所得状況により異なりますので、どの場合においても最終的には税務署に確認が必要です。下記の回答で「不要」「必須ではない」と書かれている場合でも、所得状況により確定申告対象になる可能性があります。
※確定申告にかかわる必要書類や手続き方法の詳細は、税務署にお問い合わせください。

Q1.昨年、投資で利益が出ました。確定申告が必要でしょうか?

A. 「源泉徴収あり」の「特定口座」を選択している場合は、原則、確定申告は必要ありません。ご自身の特定口座の開設状況と源泉徴収区分を確認してみましょう。

 ただし、他社の口座との「損益通算(※1)」・「3年間繰越控除(※2)」を行う場合は、源泉徴収ありの特定口座を選択していても確定申告が必要になります。

※1 損益通算

 利益が生じたA口座と損失が生じたB口座がある場合に、A・B口座の利益と損失を通算(相殺)することで、支払う税金を抑えることができる制度。通算しても引ききれない損失は翌年以降に最大3年間繰り越して利益と通算することができます。

※2 繰越控除

 損失が出た場合に、翌年以降の利益と相殺し、支払う税金を抑えることができる制度。来年のA口座の利益から今年のA口座の損失を差し引いた額が利益額となります。

●楽天証券での、特定口座の開設状況と源泉徴収区分の確認・変更方法

 PCサイトにログイン後、「マイメニュー」→お客様情報の設定・変更「基本情報・マイナンバー・口座(NISA・特定・未成年)」→お取引口座「特定口座・源泉徴収」にて、ご確認・変更いただけます。

Q2.昨年、株式の売却(譲渡)で損失が出てしまいました。

A. 譲渡損(株式の売却[譲渡]による損失)が出た場合、「繰越控除」をすることができます。「繰越控除」をするには確定申告が必要になります。特定口座を選択している場合は、年間取引報告書のご用意が必要です。

Q3.複数の証券会社に口座を持っています。他社の口座との「損益通算」をしたいのですが、どうすればいいですか。

A. 損益通算」をするには確定申告が必要になります。特定口座を選択している場合は、「年間取引報告書」のご用意が必要です。