※モトリーフール米国本社、2020年10月29日投稿記事より

 10月26日に、3大株価指標すべてがこの2カ月間で最大となる1.5%以上の下落をしました。

 不安定な米国経済への懸念、先の読めない大統領選挙、膠着状態にある経済刺激策交渉、および新型コロナウイルスの1日当たり感染者数が10月23日に過去最高を記録したことが株式市場にとって重石となっています。

 株式市場は短期的には(時として大幅に)下落する可能性がありますが、長期投資家は株価が大幅に下落すれば恩恵を受けることができます。

 景気後退に対する備えができている企業は、リスク回避的な投資の方法を提供してくれます。

 景気後退の影響を全く受けないわけではありませんが、クロロックス(NYSE:CLX)アドビ・システムズ(NASDAQ:ADBE)およびウェイスト・マネジメント(NYSE:WM)は、その商品およびサービスに対する需要が強く、景気後退中も堅調な業績を上げることが可能です。