facebook twitter
米国雇用統計:米利上げ継続できるかは、結局、雇用統計が頼り
荒地 潤
今月の米国雇用統計
どうなる為替と世界経済!? 米国雇用統計発表前にその予測をお伝えします。

米国雇用統計:米利上げ継続できるかは、結局、雇用統計が頼り

2017/10/4
・NFP予想の落ち込みは、ハリケーン「ハービー」「イルマ」によるもの。イエレンFRB議長も「(ハリケーンのダメージによる)影響は一時的」と楽観的
・今回の注目も、平均労働賃金の伸び具合。とはいえ、結果がどうであれ、米国の12月に利上げは、ほぼ確実と見られる
・「インフレはすぐに追いつくから、先に利上げしても問題ない」というのがイエレン議長の主張。雇用市場が強さを維持することが、利上げ継続の前提条件といえる
facebook twitter メールで送る 印刷

過去3ヵ月の推移と今回の予想値

  6月 7月 8月 9月(予想)
失業率 4.4% 4.3% 4.4% 4.4%
非農業部門雇用者 23.1万人 18.9万人 15.6万人 7.7万人
平均時給(前月比) +0.2% +0.3% +0.1% +0.3%
平均時給(前年比) +2.5% +2.5% +2.5% +2.5%
ドル円 (終値) 113.10 109.84 109.56  
ユーロ円 (終値) 129.17 130.10 130.66  

 

ハリケーンの影響は?

 今回9月の米雇用統計は、NFP(非農業部門雇用者数)が+7.7万人(前回+15.6万人)、失業率4.4%(前回4.4%)が市場予想になっています。また、平均労働賃金の予想は、前月比+0.3%(前回+0.1%)。

 

 今回、NFPの予想が大きく落ち込んでいるのは、米国を襲ったハリケーン「ハービー」と「イルマ」の影響によるものです。ただ、幸いにもハリケーンのダメージは当初懸念されていたほど深刻ではないとの報告も上がっています。イエレンFRB(米連邦準備制度理事会)議長も、先月のFOMC(米連邦公開市場委員会)後の会見で、「影響は一時的」と楽観的で、数ヵ月後には回復するだろうと述べています。

平均労働賃金は伸びているか?

 すると、今回も注目は、平均労働賃金の伸び具合ということになります。イエレン議長を悩ませているのは、「雇用がタイトになっているのに、賃金が上がらない」こと。しかし、この問題は米国に限ったことではなく、日銀をはじめ世界の主要中央銀行が解くことができずにいる「エニグマ」です。

 

 とはいえ、労働賃金が上がらなければ、FRBが利上げしないのかというと、そんなことはありません。今回の雇用統計の結果がどうであれ、米国が12月に利上げすることは、ほぼ確実と見られています。

 

今後の米国の利上げは、雇用統計次第

 イエレン議長は利上げの理由として、「低金利を長期間継続することには副作用がある」ため、「インフレが2%に達するまで金利を据え置くのは賢明ではない」ことを掲げています。ただ、同時に、「米国の雇用市場の強さが、近い将来インフレを目標値まで押し上げるだろう」と述べています。

 

 インフレはすぐに追いつくから、先に利上げしても問題ない、というのがイエレン議長の主張と考えることができます。ということは、平均労働賃金の上昇を含めて、雇用市場が強さを維持することが、FOMCが利上げを継続するための前提条件だといえます。

 

 労働市場がハリケーン被害からの回復に手間取ったり、あるいはこのまま力を失くしたりした場合、FOMCの来年以降の利上げ見通しが後退する可能性が大きくなります。日米金利差を前提とした、ドル高/円安トレンドにも影響が出ることになるでしょう。

 

特集:どうなる為替と世界経済!?今月の米国雇用統計 一覧へ

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください米国雇用統計:米利上げ継続できるかは、結局、雇用統計が頼り

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

米国雇用統計:米利上げ継続できるかは、結局、雇用統計が頼り

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。