今日のポイント

  • 安値圏で薄商いだった銘柄が、出来高の増加をともなって上昇を始めるところは、テクニカル分析で見て、買い場となる。相場が新しいうちに買うべきである。
  • 高値圏で出来高の増加をともなって急落する場合は、売りシグナルとなることがある。

今日は、最終回、出来高の変化を読む-3です。

 

まず、クイズです

<クイズ>

上昇中の3社、ここから買うなら、どれ?

 

 

 
(注)筆者作成

出来高は、人気のバロメーター。出来高が増加して株価が急騰を始めたところは、テクニカル分析で、「買い」と判断されます。ただし、相場が新しいうちに買うことが大切です。買いシグナルが出てから、時間が経過し、好材料が織り込み済みになってから買っても遅すぎます。

上昇相場の初期で買うことが大切

買い材料が出てから、どのくらいの時間が経過しているかが、重要です。A社は、出来高が急増して株価が上昇し始めてから、もう1カ月も経過しています。当初、勢いよく増加していた出来高も減少し始めています。だんだん人気が離散してきていると考えられます。株価の上昇の勢いも鈍っています。ここから買うのは、得策でないと思います。

B社は、出来高が急増してから1週間しかたっていません。まだ、相場が新しいといえます。今買えば、上昇相場の初期に買ったことになり、ここから、さらに上昇が続く期待が持てます。

C社は、買い材料が出てから、1カ月もたっています。株価はすでに2倍になっており、ここから買うのは危険だと思います。

以上の理由により、ここから買うなら、B社がおもしろいと思います。

クイズの答え

B社