今日は、加入資格があるのに加入していない方がまだ多い「iDeCo(イデコ)」について、解説します。

あなたはiDeCo(イデコ)の加入資格あり?

 詳細は後述しますが、iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)には、3つの節税メリットがあります。ところが、加入資格があるのに、入っていない方が、いまだにたくさんいらっしゃいます。とてももったいないことです。10月に実施した楽天DI(読者へのアンケート調査:3,000人超が回答)では、iDeCo(イデコ)の利用率は、28.53%に留まりました。
 【1】公務員・自営業の方、【2】加入資格のない会社からある会社に転職された方などに、加入資格があるのをご存じない方が多数いらっしゃると聞いています。

 読者の皆さんが制度をきちんと理解されているかチェックするために、以下のフローチャートで、ご自分がどこに該当するか確かめてください。

「加入資格」からスタートして、問いに答えながら先に進んでください。 

iDeCo(イデコ)の理解度をチェックするフローチャート

 加入資格があるかないか「わからない」方は、加入できるのに未加入の可能性があります。iDeCoは、原則20歳以上60歳まで加入できます。ただし、勤務先に企業型確定拠出年金制度がある方の一部は加入資格がありません。加入資格について詳しいことは、勤務先などで確認してください。

 加入資格があり加入するメリットもあるのに「未加入」の方は、節税メリットを受け損なっていてもったいないと思います。早めにスタートした方がいいと思います。

 ただし、加入資格があっても入るメリットがない場合もあります。課税所得がゼロの専業主婦(主夫)の場合などです。それについても、後述します。