facebook twitter
原油は71ドルまで上昇。OPECを批判するトランプ大統領の動向に要注意
CREEX LLC.
原油マーケットの行方
石油化学のコンサルティング業の原油レポートです。1週間の原油マーケットや国内ニュースがまるわかりです。

原油は71ドルまで上昇。OPECを批判するトランプ大統領の動向に要注意

2018/9/25
・前週の原油マーケットレビュー
・今週の予想:WTI
・今週の予想:BRENT
facebook twitter メールで送る 印刷

9月17~21日 原油マーケットレビュー

 前週のNY原油相場は上昇。中東の地政学的リスクや米国の原油在庫の減少などを手掛かりに、買い優勢の展開となった。WTI期近10月限は一時71.81ドルまで上昇し、期近ベースとしては7月11日以来の高値を付ける場面もあった。

 前々週対比で値を上げたが、上昇トレンドを形成するだけの材料に乏しく、直近に形成している揉み合いの域を脱したとは判断し難い。レンジ上限付近まで上昇したとはいえ、さらに相場を押し上げる新たな材料は見当たらない。7月に付けた高値にはまだ3ドル以上の開きがある。一気に75ドルに達せず、72-74ドル程度で上げ足鈍ると、むしろ買われ過ぎ感が意識され、利益確定の売りが出やすい状況にあると考えられる。

 シリア軍によるロシア軍機撃墜の報を受け、一時的に地政学的リスクが浮上したが、これを手掛かりに買い上がる動きは見られなかった。また、米国の原油在庫が減少したことで、発表直後には買いが先行して値を上げるも、先行きの需給引き締まりが意識されるほどには至っていない。原油生産量が前の週から増加、またリグ稼働数も増えているため、生産増加傾向は続く可能性が高いとみる向きが多い。現行の価格水準からすると、良好なマージンを背景に採算面からの生産増加は必至だろう。この週の統計では、輸出量が増えたことで在庫は減少したが、米国産原油輸出のインフラが完全とは言えず、今週の統計では輸出量が減る可能性も否めない。予想外の在庫積み増しというシナリオも念頭に入れておくべきだろう。

 また、トランプ米大統領の発言も上値抑制要因。中東の産油国は原油価格を吊り上げているとし、市場を独占するOPECは価格を引き下げる必要があるとのツイートを投稿した。サウジアラビアのファリハ・エネルギー鉱物資源相が、ブレント80ドル以上を容認するかの姿勢を示したこともあり、それを批判したツイートだが、同大統領は5月および6月にも原油価格上昇を抑えるよう要求している。イラン産原油の輸入停止を各国に求めるなど矛盾する点もあるが、原油価格の上昇は回避したい構えであることが改めて鮮明となった。OPECらは週末の会合で増産見送りを決定したが、原油価格上昇を容認しない同大統領の動向には注意が必要である。

 さらに米中両国の貿易摩擦激化への懸念も燻っている。当初の市場予想ほど深刻な状態には陥らないとの見方が広がり、週後半にリスク選好の動きが強まった。これにより、安全資産としてのドル買い需要が後退、米株式市場も高値を更新した。ドル安、株高は原油相場にとっても好材料となるが、通商問題を巡る懸念は払拭された訳ではない。むしろ両国の姿勢からは、泥沼化がさらに進行する可能性も孕んでいる。景気抑制、強いては石油需要の鈍化が懸念される状況に変化はない。

 これらの状況を勘案すると、値を戻しているとはいえ買い安心感は乏しいと判断せざるを得ない。むしろ心理的な節目となる70ドルを割り込むと、失望感から短期的に下げ足を速める可能性がある点には注意が必要である。

 

今週の予想

  • WTI    中立 68.00-73.00ドル
  • BRENT    中立 77.00-82.00ドル

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください原油は71ドルまで上昇。OPECを批判するトランプ大統領の動向に要注意

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

原油は71ドルまで上昇。OPECを批判するトランプ大統領の動向に要注意

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。