facebook twitter
株主優待10万円株。アナリストが「最高益」基準で選んだ!
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

株主優待10万円株。アナリストが「最高益」基準で選んだ!

2018/8/17
・「10万円株」には、業績不振で株価が低迷している銘柄も多い
・最高益を更新、あるいは最高益に迫る予想の「10万円株」から、「割安」銘柄を選別
facebook twitter メールで送る 印刷

 今日は、10万円前後で買える「株主優待銘柄」をご紹介します。最高益を更新、あるいは最高益に近い利益を出す予想の銘柄から、アナリストの眼で選びました。

 

「10万円株」には、業績不振で株価が低迷している銘柄も多い

 株主優待を紹介するレポートの多くは、「優待内容」の魅力にフォーカスしています。ただ、株式投資である以上、中長期の業績には気を配るべきです。構造不況の銘柄には手を出すべきではありません。

 今日は、個人投資家に人気の、「10万円を大きく超えない金額で買える」優待株をご紹介しますが、最小売買単位(100株が多い)を取得するのに、必要な金額が10万円以下ということは、株価が1,000円以下ということです。500円以下や100円以下の銘柄も含まれます。

 株価水準の低い銘柄には、構造的に業績が低迷している銘柄や、財務に問題のある銘柄もありますので、注意が必要です。

 

最高益を更新、あるいは最高益に迫る予想の「10万円株」から「割安」銘柄を選別

 8月16日時点で、株主優待を実施している10万円以下で買える株は、332銘柄あります。

 その中から、現在、会社予想ベースで、営業利益または純利益で最高益を更新する予定の企業を選別し、そこからアナリストの眼で、「割安」と考えられる5銘柄を選びました。それが、以下です。

アナリストの眼で選んだ、最高益更新を予想する「10万円株」5銘柄

コード 銘柄名 優待内容  16日株価 最低投資額 権利確定月
8005 スクロール 優待内容 790 79,000 9月・3月
3050 DCMホールディングス 優待内容 1,008 100,800 2月
3289 東急不動産HD 優待内容 714 71,400 9月・3月
8818 京阪神ビルディング 優待内容 840 84,000 3月
9324 安田倉庫 優待内容 918 91,800 3月
単位:円
注:最低投資額は、16日終値で最低投資単位(100株)を買うのに必要な金額。権利確定月は、優待を得る権利が確定する月。年1回と2回がある

 上記の5銘柄は、業績好調でも株価は比較的「割安」と言えるものです。PER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)が低く、配当利回りが高めの銘柄が多くなっています。16日時点の株価バリュエーションは、以下の通りです。

上記5銘柄の株価バリュエーション:8月16日時点

単位:円
注:配当利回りは、会社が予想する今期1株当たり配当金を8月16日の株価で割って算出、PERは8月16日の株価を会社が予想する今期1株当たり利益で割って算出。今期とはDCMホールディングスは2019年2月期のこと、他銘柄は2019年3月期

 

 

5銘柄の今期業績予想

【1】スクロール

出所:同社決算短信

 カタログ通販の「ムトウ(旧社名)」として知られてきました。2006年に現社名(スクロール)に変更。カタログ通販だけでなく、eコマース事業を積極的に拡大し始め、それが成功しつつあります。第1四半期(4-6月)の営業利益は前年同期比69%増の11.4億円と好調で、通期営業利益(会社予想)24億円の48%を既に稼いでいます。通期予想は、今後上方修正されると予想。

 同社は、中期経営計画で2021年3月期の売上高1,000億円、経常利益50億円を目指しています。eコマースに加え、健康食品・化粧品事業・旅行事業・海外事業などの戦略事業を積極的に拡大していく方針です。

【2】 DCMホールディングス

出所:同社決算短信

 ホームセンター最大手。「カーマ」「ダイキ」「ホーマック」の3社が経営統合した会社。業績好調で、最高益を更新する見通しですが、海外展開が遅れているので、株式市場の評価は低く、PER、PBRなどの株価指標で割安に放置されています。

【3】東急不動産HD

出所:同社決算短信

 不動産ブームの恩恵で、業績は好調。ただし、2018~19年にはオフィスビルの新規供給が大幅に増えるので、ブームがピークアウトする不安も出ています。そうした不安を背景に、不動産株は全般に、業績好調でも、株価は割安に放置されています。東急不動産HDの有価証券報告書を見ると、同社の賃貸不動産には2018年3月末時点で、1,456億円の含み益(取得価格と時価の差)があることがわかります。それでも株価はPBR0.9倍と、純資産価値を割り込む評価となっており、割安と判断できます。

【4】京阪神ビルディング

出所:同社決算短信

 業績好調で、同社の保有する賃貸不動産に635億円の含み益があります。にもかかわらず、株価はPBR0.7倍と純資産価値を割り込む評価となっており、割安と判断できます。

【5】安田倉庫

出所:同社決算短信

 業績堅調で、同社の保有する賃貸不動産に181億円の含み益があります。にもかかわらず、株価はPER0.4倍と純資産価値を大幅に割り込む評価となっており、割安と判断できます。

▼著者おすすめのバックナンバー

6月21日: アナリスト式・株主優待テク。配当利回り×優待内容でセレクト! 

5月15日:優待投資、失敗しないための5つの注意点

3月14日:「優待タダ取り」はできないが、低コスト・低リスクで優待を得ることは可能

▼他の新着オススメ連載

今日のマーケット・キーワード:~中国の“今”~魅力と疑問に迫ります!魅力編(1):盛んな『起業』が経済の活力源

今日、あの日:世界初の音楽CD製造【36年前の8月17日】

▼あわせて見たい「優待特集」

 

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください株主優待10万円株。アナリストが「最高益」基準で選んだ!

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

株主優待10万円株。アナリストが「最高益」基準で選んだ!

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。