facebook twitter
米国FOMCの最新『ドット・チャート』は?(18年6月)
三井住友アセットマネジメント
今日のマーケット・キーワード
中国・アジアをはじめとする、世界各国のマーケット情報を掲載しています(投資信託・投資顧問の三井住友アセットマネジメント提供)。

米国FOMCの最新『ドット・チャート』は?(18年6月)

2018/6/20
・6月開催のFOMCで0.25%の利上げを決定
・2018年は4回の利上げを予想
・利上げの速度を少し速めるのが妥当と考えるメンバーが増加
facebook twitter メールで送る 印刷

<今日のキーワード>

 米連邦準備制度理事会(FRB)は、年に8回開催する米連邦公開市場委員会(FOMC)のうち3、6、9、12月に開く会合で、FOMCメンバーによる米国経済と政策金利の見通しを公表しています。米国の政策金利はフェデラルファンド(FF)レートですが、FOMCメンバーが予想するFFレートの水準を “点(ドット)”の分布で表現したグラフは『ドット・チャート』と呼ばれ、将来の政策金利の動きを予測するうえでの判断材料とされます。

 

【ポイント1】6月開催のFOMCで0.25%の利上げを決定

全会一致の決定

 FRBは6月12日、13日に開催したFOMCで、市場の予想通りFFレートの誘導目標レンジを0.25%引き上げ、1.75%~2.00%とすることを決定しました。全会一致の決定です。

 

【ポイント2】2018年は4回の利上げを予想

3月時点の予想の3回から上方修正

 公表された『ドット・チャート』をもとに、FOMC参加者が適切と考えるFFレートの中央値を見ると、18年末は2.38%でした。1回当たりのFFレート引き上げ幅を0.25%とすると、18年の利上げ回数は4回となります。今年3月に開催されたFOMCにおける予測値は2.13%、利上げ回数は3回でした。

 一方、19年末のFFレート予測値の中央値は、前回3月の2.88%から3.13%に上方修正、20年末は前回と同じく3.38%でした。利上げの回数で見ると、19年は前回と同じ3回、20年は2回から1回に下方修正となります。結果、18~20年の合計利上げ回数は8回で、前回から変更はありませんでした。さらに、長期のFFレートの均衡水準は、前回と同水準の2.88%でした。

 

【今後の展開】利上げの速度を少し速めるのが妥当と考えるメンバーが増加

 長期の均衡水準は、景気を刺激も抑制もしない、いわゆる中立金利とみなすことができます。つまり、 今回の『ドット・チャート』 は、「中立金利を少し超える水準まで、前倒しで利上げを行うのが適切」と考えるFOMCメンバーが増えたことを示唆しています。

 今後、FFレートが長期均衡値である2.88%に接近するにつれ、利上げ打ち止め感が強まると想定されます。金融市場は徐々にこの想定を織り込んでいくと考えられ、その過程で米長期金利と米ドルの上昇速度は比較的緩やかなものとなりそうです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください米国FOMCの最新『ドット・チャート』は?(18年6月)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

米国FOMCの最新『ドット・チャート』は?(18年6月)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。