facebook twitter
米国の利上げで景気後退が懸念される香港
広瀬 隆雄
わかりやすいグローバル投資レポート
グローバル投資に精通する広瀬隆雄氏に、新興国株式だけでなく、米国株、欧州株をはじめとする先進国株式など、海外全般の経済や投資ストラテジーをご紹介いただきます。

米国の利上げで景気後退が懸念される香港

2018/6/7
・香港の繁栄
・政策金利
・変動金利で住宅ローンを借りる人が増えた
・住宅価格の高騰
・不動産価格と経済
・不動産価格下落に対する備え
・香港経済は不動産価格や銀行セクターへの依存度が高いが、豊かなので経済暗転の際のバッファーは十分
facebook twitter メールで送る 印刷

香港の繁栄

 香港は中国の特別行政区です。かつて英国が統治していましたが1997年に中国に返還され、それ以降、中国中央指導部の下で限定的な自治を行っています。そのユニークな歴史から、長く中国本土へのゲートウェイとして繁栄してきました。2017年のGDP(国内総生産)成長率は+3.7%と近年では最高を記録、2018年も+2.8%成長できるとIMF(国際通貨基金)は予想しています。

政策金利

 しかし、その香港にも懸念が無いわけではありません。まず香港ドルは米ドルに連動している関係で政策金利は自ずと米国のフェデラルファンズ・レートに左右されます。

 

 いま米国は景気がすこぶる良いので、今後も順次利上げされていくと思われます。その場合、香港も歩調を合わせて利上げせざるを得ません。

変動金利で住宅ローンを借りる人が増えた

その場合、気をつけないといけないことは過去5年間余りの間に香港の住宅ローンに占める変動金利比率が3%から93%へと激増した点です。借り手が変動金利を好んだ理由は(リーマンショックでとうぶん米国は利上げしないだろう)と考えたからです。

住宅価格の高騰

 香港では2016年3月から2017年6月にかけて住宅価格が+24%も上がりました。

 

 この結果、住宅価格は所得の17倍になっています。香港では住宅価格を冷やすため数々の政策が実施されています。このため目先は調整局面に入る可能性もあります。

不動産価格と経済

 香港は金融と不動産の街です。したがって不動産価格の下落は経済に影響を与えやすいです。下のチャートは家計部門の信用残高を示しています。

 

 銀行の事業会社への貸付は増えています。

 

 これらのことから不動産価格の下落では銀行を経由して信用の供給が鈍るリスクがあると思います。

 香港の株式市場は保険、銀行、不動産などのセクターが占める割合が大きいです。

不動産価格下落に対する備え

ただ香港の場合、不動産価格の下落に対する備えはある程度出来ていると考えることが出来るでしょう。

その第一の理由は、そもそもマイホームを持っている人たちの間で60%が住宅ローンを完済しているからです。

 次に香港の純対外資産はGDPの368%もあります。さらに外貨準備は3,860億ドルでGDPの120%に上っています。

 さらに香港特別行政区は事実上の「無借金経営」であり、予算準備金はGDPの38%にのぼります。

まとめ

 香港は中国のゲートウェイとして栄えてきました。直近の経済のパフォーマンスは良いです。ただ政策金利が米国と連動している関係で、米国の利上げは香港にも影響を及ぼします。近年、香港では変動金利ローンが大流行したことは不安要因です。香港経済は不動産価格や銀行セクターへの依存度が高いです。ただ香港はとても豊かなので経済暗転の際のバッファーは十分にあります。
 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください米国の利上げで景気後退が懸念される香港

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

米国の利上げで景気後退が懸念される香港

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。