facebook twitter
世界貿易戦争に板ばさみの日経平均。2万2,000円~2万2,500円か
出島 昇
柴田罫線実践教室
株式会社オルタナレッジ「柴田罫線」で分析した提供レポートです。 「柴田罫線」というテクニカル分析をベースに、株式相場の分析、また今後の見通しなど幅広い情報提供をおこなってまいりま…

世界貿易戦争に板ばさみの日経平均。2万2,000円~2万2,500円か

2018/6/5
・先週は、イタリア政局の悪材料でいったん急落するも、2万2,000円を守って推移
・貿易摩擦高まれば、2万2,000~2万2,500円台の中での神経質な動きへ
・(指標)日経平均
・(指標)NYダウ
・(指標)ドル/円
facebook twitter メールで送る 印刷

先週は、イタリア政局の悪材料でいったん急落するも、2万2,000円を守って推移

先週の予測

 6月12日の米朝首脳会談の中止が発表されましたが、再開される可能性が高まり、北朝鮮リスクが後退。下値は限定的になると考え、25日移動平均線を回復できれば、戻りを試す動きが想定できるとしました。 また、週末には5月の雇用統計を控えるものの好調な結果であれば米国株高となって日経平均株価のサポート要因になるとしました。

結果

 イタリアの政局不安から欧州株が下落。連休明けの5月29日(火)のNYダウは一時500ドルを超す下落しました。30日(水)の日経平均株価は、一時2万2,000円を割れる全面安となりました。その後はイタリアの政局が一服するものの、貿易摩擦懸念や円高方向の動きが出て戻りは弱く2万2,000円を下値にもみあい状態となり、▲30円の2万2,171円で引けました。

 くわしくみていくと、28日(月)は、中止されていた米朝首脳会談が再び開催に向けて動き出したことで北朝鮮リスクが後退。+30円の2万2,481円と小幅続伸となりました。しかし、材料不足のため売買代金は4月2日以来の2兆円割れの1兆8,136億円と低水準でした。

 29日(火)は、前日の米国市場は休場でしたが、イタリアの政局不安を背景に欧州株が下落した流れを受け、対ユーロでの円高進行も嫌気され、▲122円の2万2,538円と3日ぶりの反落となりました。 

 30日(水)は、前日の米国市場でイタリアの政局混乱を受け欧州株が大幅続落。これを受けて米国株式も急落(NYダウは一時500ドル超の下げで終値は▲391ドルの2万4,361ドル)となったことで、日経平均も▲306円の2万2,051円で寄り付き。一時▲426円の2万1,931円と2万2,000円を割り込み、終値は2万2,018円で引けました。

 31日(木)は、前日の米国市場でイタリアの政局不安が一服したことで、NYダウが+306ドルの2万4,667ドルと大幅反発。日経平均も+183円の2万2,201円と反発しました。

 週末の6月1日(金)は、前日の米国市場でトランプ政権が、EU(欧州連合)、カナダ、メキシコに追加関税の発動を決定したことで貿易戦争の懸念からNYダウは▲251ドルの2万4,415ドルと反落。日経平均も売り先行で始まりました。一時2万2,098円まで下落するものの、売り一巡後はドル高・円安の動きを支えにプラスに転じ、一時+115円の2万2,316円まで上昇しましたが、結局は▲30円の2万2,171円で引けました。

 しかし、6月1日(金)の米国市場で反転。注目の5月雇用統計で、非農業部門雇用者数が予想を上回り、失業率は3.9%→3.8%と2000年4月以来の低水準となりました。これにより6月のFOMC(米連邦公開市場委員会)での、追加利上げが確実視され、年内利上げの回数が増加する可能性が浮上。本来ならば利上げペースの加速懸念で株価は上昇しづらいですが、賃金の伸びが市場予想並みだったことでインフレ懸念が後退。NYダウは+219ドルの2万4,635ドルとなりました。シカゴの日経先物は+145円の2万2,365円でした。

 

貿易摩擦高まれば、2万2,000~2万2,500円台の中での神経質な動きへ

 イタリアの政局リスクの後退や、週末の米国の5月雇用統計の好結果を受けて、米国株式が大幅高となっていることで先物主導で戻りを試す展開が想定されます。その場合、まず2万2,000~2万2,500円台の中での戻りであり、問題は25日移動平均線を突破して戻りを試せるかどうかは、貿易摩擦によって米国株式がどう動くかに影響を受けることになります。6月12日の米朝首脳会談まで順調に進めば先物主導での買いが期待できます。過去の経験則からは6月を月間ベースでみると、月後半には3月期決算企業の株主総会を控えているため、個別企業の好材料が出やすく、1月に続いて上昇確率が高い月となっています。

 ただし、8、9日にカナダで主要7カ国首脳会議(G7)が開催されます。先週、トランプ政権がEU、カナダ、メキシコに鉄鋼、アルミの輸入関税発動を発表。各国はこれに対して報復措置を表明しており、貿易戦争の懸念が高まっています。2日(土)のG7財務相・中央銀行総裁会議では、カナダが議長総括として米国の輸入制限を名指しで批判しました。トランプ政権の対応次第では神経質な取引になっていきます。

 6月4日は、先週末の米国株高と1ドル109円台後半の円安を好感し、買い先行で始まり、日経先物買いを支えに後場は一時+344円の2万2,515円まで上昇しました。今週はメジャーSQを週末に控え、先物主導の売買が想定されます。6月4日は目先筋の買い戻しが入って一時2万2,500円台を回復しました。25日移動平均線(約2万2,500円水準)を一気に抜けると調整、一巡感も出るところですが、外部要因の不透明なままでは考えにくく週末のSQを前に大きな上下動も考えられるところです。

 

(指標)日経平均

先週の予測

 25日移動平均線を下回って引けているので、調整が少し長引くとし、基本的には2万2,000~2万2,500円のレンジの動きと想定しました。

 週前半は、イタリア政局不安からの欧米株式の急落を受けて5月30日(水)は一時2万2,000円を割り込み、終値では2万2,000円台を守りました。しかし、その後はトランプ政権のEU、カナダ、メキシコへの追加関税の発動決定で上値は重く、2万2,000~2万2,500円のレンジの前半でのもみあいとなり、週の終値は▲30円の2万2,171円でした。しかし、大引け後の米国市場では、5月の雇用統計の結果を受けて株式は大幅高となり、シカゴの日経先物は+145円の2万2,365円となっています。

今週の予測

 先週末の米国の5月雇用統計の結果を受け、米国株式は大幅上昇し、これを受けて買い先行で始まると思われ、貿易摩擦問題が大きくならなければ先物主導で戻りを試す展開が想定されます。基本は2万2,000~2万2,500円のレンジの中の動きが想定されます。25日移動平均線が2万2,550円水準ですので、ここが現時点の上値ポイントといえます。

 

(指標)NYダウ

先週の予測

 週末の5月雇用統計を始め、経済指標が株価に影響を与えることになるとしました。米国経済は好調な見通しのため雇用統計が良ければ6月のFOMC(米連邦公開市場委員会)での追加利上げが確実視され、年内の利上げ回数が増える可能性が高まります。株価にとってはマイナス材料であるが、6月12日の米朝首脳会談の再開の可能性が出て地政学的リスク後退で株価のサポート要因になるとしました。

結果

 連休明けの週始めはイタリアの政局不安を受けて一時500ドルを超す下げとなりましたが、政局不安が一服すると好調な経済指標を受けて反発し、次にはトランプ政権の追加関税発動で大幅下落というように大きな上下動となり、週末は雇用統計の予想を上回る結果を受け+219ドルの2万4,635ドルで引けました。

 先週末の5月の雇用統計では、雇用者数は予想を上回り、失業率は50年ぶりの低水準(3.8%)となったことで、6月の利上げは確実視され、年内の追加利上げ見通しも拡大することで、株価にとっては上値の重い展開となります。今週はEU、カナダ、メキシコへの輸入関税発動で各国は報復措置をとることも表明しており貿易摩擦をめぐる動きが注目されます。

 

(指標)ドル/円

先週の予測

 トランプ大統領がいったん中止した米朝首脳会談が予定通り再開される可能性が出てきたことで、地政学的リスクが後退し、ドルが買い戻される動きを想定しました。

結果

 イタリア政局不安から株価の一時的大幅下落、貿易摩擦懸念でドル売り材料、一方で北朝鮮の地政学的リスク、5月雇用統計の予想を上回るドル買い材料で大きな上下動となりました。

 イタリア政局不安や貿易摩擦懸念で1ドル=108.11円までドルが売られ、5月の雇用統計を受けて109.73円までドルが買われ109.54円で引けました。

今週の予測

 もみあいが想定されます。ドル売り材料としてはイタリアの政局不安は一服したもののイタリアの債務問題が残っていますし、EU,カナダ、メキシコとの貿易摩擦もあります。一方でFRB(米連邦準備制度理事会)の利上げのペース次第では日米金利差からドル買い・円売りの動きとなります。109~111円のレンジを想定。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください世界貿易戦争に板ばさみの日経平均。2万2,000円~2万2,500円か

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

世界貿易戦争に板ばさみの日経平均。2万2,000円~2万2,500円か

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。