facebook twitter
トランプが没頭する米中間選挙。世界を左右するその仕組み
ハッサク
ハッサクのなるほど為替超入門
毎週水曜日に新着公開。為替ディーリング歴22年のベテランが、「円高とは?」「外国為替とは?」など為替の基礎知識から、リアルマーケットの分析に至るまで、投資入門者にもわかりやすく解…

トランプが没頭する米中間選挙。世界を左右するその仕組み

2018/5/9
・【おさらい】4~5月のドル/円
・ドル/円110円にタッチ?米国主導の相場
・米中間選挙までのカウントダウンで何が起こるか
facebook twitter メールで送る 印刷

【おさらい】4~5月のドル/円

 4月のドル/円は政治要因によって動いた月でした。

 日米首脳会談を控えた月前半は107円前後でこう着。その日米首脳会談は4月18日に行われ、トランプ米大統領は二国間貿易交渉を強く望むと表明しましたが、日米貿易赤字問題については、為替への言及も含め強い要求がなかったことから、ドル/円への影響はありませんでした。

 その後は4月27日の南北首脳会談への期待から109円台に上昇しましたが、共同声明では非核化への具体的な道筋がなかったことから利食いの売りで押されました。しかし、米長期金利が3%近辺へ上昇したこともあり、結局4月は109円台前半で終えました。

 5月早々は、FOMC(米連邦公開市場委員会)と米雇用統計の2大イベントがありました。最近の米国物価の上昇を受けたFRB(米連邦準備制度理事会)のスタンスが注目されていましたが、5月2日のFOMC声明文では足元の物価情勢判断を引き上げ、6月利上げを示唆しました。

 しかし、利上げペースやインフレの見方について予想よりハト派であったことから、110円台定着には至りませんでした。

 5月4日に発表された4月の米雇用統計では非農業部門雇用者数が予想を下回り、賃金上昇も伸び悩んだことでドルは売られ、109円台前半に下落しました。

 

ドル/円110円にタッチ?米国主導の相場

 米国の保護主義の影響から、今年に入り110円割れ→105円割れへと進行していた円高の動きは、トランプ大統領の他国への貿易赤字削減要求が表面的には静まったことと、米朝首脳会談の可能性による朝鮮半島の地政学リスクが後退で、現在の110円方向へ戻したと言えそうです。

 もっとも単純な図式で見ると、110円割れ→105円割れの円高が、反動によって円安に戻っただけと言えるかもしれません。本来なら107~108円程度の戻りであったのが、朝鮮半島の地政学リスク後退という要因によって一段の円安を後押ししたようです。

 ただ、最近の北朝鮮の態度から、非核化への道筋が見えなくなった今、期待が先行し過ぎたのかもしれません。そこへ5月のFOMCと米雇用統計によって、インフレリスクがやや後退したため、110円台には一瞬触れただけで定着しなかったのだという構図が理解しやすいかもしれません。

 そして、米国の保護主義や米朝首脳会談への動きには、11月の米国中間選挙を見据えた動きということもマーケットは熟知しています。

 関税引き上げなどの保護主義的な政策は、大統領選の勝利をもたらした白人労働者層に公約の実現をアピールする狙いがあります。そして、白人保守層の多い「バイブル(聖書)ベルト」を中心に支持を固める狙いもあり、トランプ大統領は5月にも在イスラエル米大使館移転のセレモニー出席のためイスラエルを訪問したいという意向を示したり、イラン核合意の離脱を表明したりしています。

 米朝首脳会談では米国に飛ぶ可能性のあるミサイル開発を中止させたという成果と同様のことを狙っているのかもしれません。それでも中間選挙の下院は劣勢予測が多いそうです。

 

米中間選挙までのカウントダウンで何が起こるか

 米国中間選挙まであと半年となりました。そこで、相場のキーワードとなっている米中間選挙を十分理解することは、今後の相場シナリオを想定する上でとても参考になるため、まとめます。

  1. 米国中間選挙は、4年ごとにある米大統領選挙の半期の年に実施する連邦議会選挙のこと。投票日は、11月の第1月曜日の次の火曜日と決められており、今年は11月6日
  2. 連邦議員各候補への評価に加えて、現職大統領の2年間の政策運営について、国民に信を問う意味合いもあり、トランプ大統領にとっては初めての「信任投票」
  3. 上院は定数100で、中間選挙では3分の1が改選対象(今回は35議席)
  4. 下院は定数435で全議席が改選
  5. 現在は上院、下院とも共和党が多数派
    上院(100)  民主党  49  共和党  51  
    下院(435)  民主党 193   共和党 235  空席 7
  6. 上院の改選35議席のうち、民主党は26、共和党は9議席が改選。民主党が過半数奪取のためには、改選26を死守し、共和党から2議席を攻め落とす必要があり、容易ではないとの見方が多い
  7. 下院は過半数が218議席で、現在共和党が17議席上回っているが、「反トランプ」機運の追い風に乗る民主党が奪回するとの予測が多い。相次ぐトランプ大統領のスキャンダルで女性票の離反も懸念されている
  8. 大統領就任1期目の中間選挙では与党が下院で敗北する経験則がある。近年の中間選挙で上下両院ともに議席を増やしたのは、同時テロ後のブッシュ(子)元大統領の2002年だけ

 もし、トランプ大統領が下院選を敗北した場合、「ねじれ議会」となり政策が滞ることが予想されます。また、大敗すると2020年の大統領選の再選は遠のき、それだけでなく大統領弾劾が現実味を帯びることになるかもしれません。

 朝鮮戦争の終結や非核化への道筋は、トランプ大統領の大きな成果になっても、中間選挙への効果はひょっとしたら大きくないかもしれません。

 やはり、国民への直接的なアピールとなる政策を実行していくのではないかと思われます。そういう意味でいったん保護主義のための攻撃は鎮まっていますが、再び火を噴いてくるかもしれません。

 中間選挙の2カ月前が勝負どころと言われているため、夏の終わりごろから警戒モードを高めたほうがよいかもしれません。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいトランプが没頭する米中間選挙。世界を左右するその仕組み

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

トランプが没頭する米中間選挙。世界を左右するその仕組み

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。