2000(平成12)年5月7日

ロシア連邦の第2代大統領にプーチンが就任

 

 2000年5月7日、エリツィンの後を受け、ウラジーミル・プーチンがロシア連邦の第2代大統領に就任しました。

 その後、2004年の大統領選挙では再選を果たし、連続2期8年間、政権を担いました。その後、2008年からの4年間はドミートリー・メドヴェージェフを後継指名して大統領職から離れるものの、2012年には再び大統領の職に就きました。

 さらに2018年5月7日から通算4期目の長期政権に突入しました。

 プーチン大統領の功績は壊滅状態だったロシア経済を立て直し、GDP(国内総生産)を6倍と大きく成長させた時期もありましたが、他方で、チェチェン紛争やシリア内戦など、他国への介入に対し、国際社会から非難されています。

 

2000年5月7日の日経平均株価終値は

18,199円96銭