約7兆円の巨額買収を検討中の武田薬、財務への不安から株価急落

 武田薬品工業(4502)による、アイルランド製薬大手シャイアーの買収は25日、大筋合意に達しました。武田薬の最新提案で、買収総額は460億ポンド(約7兆円)まで引き上げられました。シャイアー社の全株取得を目指します。同社経営陣は、武田薬による買収に同意するよう株主に求める見込みです。

 実現すると、日本企業による海外企業のM&A(企業の買収・合併)で、過去最大規模となります。現時点で、過去最大のM&Aは、2016年のソフトバンクグループ(9984)による、英半導体大手アーム・ホールディングスの買収(約3兆3,000億円)です。それを大きく上回る巨額買収となります。

 武田薬の株価は25日、巨額買収による財務悪化の不安から、前日比7%下がって、4,510円となりました。ただし、同社による巨額買収検討が、株式市場に伝わったのは、25日が初めてではありません。

 最初に、武田薬がシャイアーの買収を検討していると発表したのは、3月29日でした。この日も、買収による財務悪化懸念で、同社株は1日で7%下がりました。このときの発表では、「(買収の)検討はごく初期かつ調査段階であり、現時点においてシャイアー社の取締役会に対していかなる提案も行っておりません」としていました。武田薬による買収の噂が出て、シャイアー株が急騰したことに対するコメントでした。

 その後、買収検討が進んでいることが武田薬の適時開示で明らかになるにつれて、武田薬株は下げ続けてきました。

武田薬品工業の株価推移:2018年1月4日~4月25日

出所:楽天証券経済研究所が作成

 

買収がまだ確定したわけではない

 武田薬は当初、4月25日までに正式に買収提案をするか否か、決定するとしていました。ところが、資産査定などに時間を要することから、シャイアー社の同意のもとで、正式決定を5月8日まで延期しました。したがって、現時点で、買収が確定しているわけではありません。

 武田薬が出している最新の買収提案では、約7兆円の買収総額のうち、約54%を現金、56%を武田薬品の株式の割り当てによって、支払うとしています。その通り実行すると、買収完了後に、武田薬品の発行済株式総数の約50%をシャイアー社株主が握ることになります。

 

アナリストとしては、まだ投資判断できない

 シャイアー社は、稀少疾患の治療で世界トップクラスの強みを持つ安定高収益企業と、考えられます。買収が実現すれば、武田薬の国際展開力、重点分野(消化器・神経・オンコロジー領域)の強化、新薬パイプラインの拡大に、大いに寄与すると考えられます。

 ただし、どんな良い会社を買っても、買収価格が高すぎては、問題です。シャイアー社は、武田薬による買収検討の噂が出るまでは、時価総額4兆円(日本円換算)強で評価されていました。それを7兆円あまりかけて買うのは、高すぎる買い物ではないか、との見方もあります。

 別の見方では、7兆円でも割安な買い物と言えないこともありません。シャイアー社が、2017年10月期に、42.7億ドル(約4,650億円)の純利益を上げているからです。同水準の純利益を上げ続けることができると仮定するならば、買収価格7兆円でも、PER(株価収益率)で約15倍の評価となります。武田薬品の4月25日時点でのPER(株価を2018年3月期の会社予想ベース1株当たり利益で割って算出)が、23倍であることを考えると、巨額買収でも1株当たり利益の希薄化は起こらない可能性もあります。

 ただし、シャイアー社の詳しい内容については、武田薬も現在精査中で、まだわかりません。シャイアー社が本当に安定高収益企業なのか、現時点でわかりません。買収した後で、問題がぼろぼろ出てくることもあり得ます。情報不足なので、アナリストとしてはまだ、良い買収と明確に判断することはできません。