facebook twitter
3月の日銀短観:日銀の緩和バイアス、保守的な利益予想、設備投資の質改善
イェスパー・コール
エコノミストが見た、投資のヒント
JPモルガンやメリルリンチにて、常にトップクラスの日本経済のストラテジスト、エコノミストとして知られてきたウィズダムツリー・ジャパンCEOのイェスパーコールが、今の日本経済の見方…

3月の日銀短観:日銀の緩和バイアス、保守的な利益予想、設備投資の質改善

2018/4/5
・業況判断DIは2年振りの低下となった
・利益見通しは極端に保守的であり、向こう数四半期は利益予想の上方修正が続くとみられる
・土地投資を縮小する一方でソフトウェア/IT投資を増額するなど設備投資計画の内容は改善している
facebook twitter メールで送る 印刷

 本日(4月2日)発表された3月日銀短観(全国企業短期経済観測調査)の内容は、4月27~28日の金融政策決定会合で日銀が緩和バイアス継続の必要性を再び強調することを正当化するものである。インフレを示す決定的な証拠はないが、景気は局面が変わってきている。今回、業況判断DIは2年振りの低下となった。

 3月日銀短観からは前向きな構造改革の動きもうかがわれ、企業の研究開発(R&D)投資とIT投資はいずれも加速している(土地投資は大幅に圧縮され、全体的な設備投資見通しを押し下げている)。資産取得を控え、生産性を重視する企業の姿勢が読み取れる。

 最後に、利益見通しは極端に保守的であり、向こう数四半期は売上高成長の上振れを背景に利益予想の上方修正が続くとみられる。

 

業況判断

 業況判断DIは引き続き高いプラスの数字を維持しているが、2年振りに低下し、プラスのモメンタムが失われたことを示している(大企業製造業の業況判断DIは昨年12月調査の+26から2ポイント下落し+24)。 

 

株式投資の注目点

 3月日銀短観の最もポジティブな側面として非常に控え目な利益見通しが挙げられる。全産業ベースの2017年度経常利益が前年度比+7.1%なのに対し、2018年度計画は-1.5%である。 

 売上高見通しが非常に控え目であることが主な理由である。全産業ベースの2017年度売上高が前年度比+3.1%なのに対し、2018年度計画はわずか+1%である。売上高と世界GDP成長率との高い相関性を踏まえると、これは余りに慎重すぎる見方と思われ、向こう数四半期は予想利益の上方修正が相次ぐと考えられる。

 しかし、筆者の見るところ、過度に悲観的な売上見通しとは対照的に想定為替レートは依然として円安を見込んだ水準である(2017年度の110.7円/ドルに対し、2018年度は109.7円/ドル)。 

 つまるところ、3月日銀短観は業績予想の新たな上方修正サイクルが始まる可能性が高いことを示しているが、これは売上高成長が計画を上回ることが主因と考えられる。今回の発表に関連して、株式投資の際にはこの点に留意すべきであろう。

 

設備投資の質が改善

 国内の設備投資サイクルはピークアウトしたと考えられるが、土地投資を縮小する一方でソフトウェア/IT投資を増額するなど設備投資計画の内容は改善している。従って、今後は構造改革の進展と生産性の向上が期待できよう。 

 データ:設備投資額(含む土地投資額)の2018年度計画(全産業)は前年度比-0.7%と2017年度の+4%から縮小。 土地投資額が2017年度の-11.3%から-31.4% へと減少幅が拡大することが原因。

 ソフトウェア・研究開発を含む設備投資額(土地投資を除く)の2018年度計画は前年度比+2%(2017年度は+4.2%)。IT/ソフトウェア投資は2017年度の+3.7%から2018年度は+8.1%、また研究開発投資も+1.3%から1.5%に加速。

 こうした動向は商業用不動産市場にとってはマイナス材料だが、生産性と競争力の強化に向けた前向きな構造改革の可能性が高まっていることは確かだ。資本の深化が現実味を帯びてきている。

2018年4月2日 記

ウィズダムツリー・ジャパンで掲載中のブログはコチラ

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください3月の日銀短観:日銀の緩和バイアス、保守的な利益予想、設備投資の質改善

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

3月の日銀短観:日銀の緩和バイアス、保守的な利益予想、設備投資の質改善

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。