facebook twitter
下落「第3波」ある?日米政治不安と円高を警戒
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

下落「第3波」ある?日米政治不安と円高を警戒

2018/3/19
・上値の重い日経平均
・日米政治不安と、円高が懸念材料
・NYダウ・ナスダック株価指数も反落
・今週の重大イベント、20~21日のFOMC
facebook twitter メールで送る 印刷

上値の重い日経平均

 先週の日経平均株価は、1週間で207円上がり、2万1,676円となりました。株安「第2波」【注】からの戻りを試したものの、2万2,000円が近づくと売りが増え、上値の重さを感じさせました。

 

【注】株安「第2波」

 下落第1波は、2月2日発表の1月の米雇用統計がきっかけとなりました。平均賃金上昇率が高く、米利上げが加速する懸念が生じ、NYダウや日経平均の下落第1波を引き起こしました。下落第二波は、3月1日に、トランプ米大統領が、鉄鋼とアルミニウムに輸入関税を課す方針を表明したことから、起こりました。米中貿易戦争が起こる懸念が生じ、NYダウ・日経平均が再び急落しました。

 

日経平均日足:2017年11月1日~2018年3月16日

 

 日経平均日足を見ると、2~3月の下落局面で、下値は2万1,000円を維持しているものの、反発力は徐々に弱くなり、上値が切り下がってきています。もう一度、2万1,000円辺りへ下がる可能性も出ています。

 

日米政治不安と、円高が懸念材料

 先週の日経平均の上値を重くしたのは、日米政治不安と円高です。トランプ米大統領が、保護貿易の強硬策を打ち出し、それに反対する(自由貿易を信奉する)政権幹部を次々と罷免(または辞任)に追いやっていることが、不安を高めています。これに反発する中国や欧州と、貿易戦争が起こる可能性が危惧されています。

 対外強硬策を打ち出す国が、世界に広がっています。習近平国家主席が独裁を強める中国も、対外強硬策が目立ちます。海洋進出を強化し、周辺国との摩擦が強まっています。

 先週は、英国とロシアに、新たな緊張が生まれました。ロシア元情報機関員の暗殺未遂事件をめぐり、英国がロシアに制裁を科すと、ロシアも報復措置を実施する方針を出しました。これに歩調を合わせ、欧州各国もロシアを非難しつつあります。米国も、ロシア非難で同調しました。米大統領選挙への介入疑惑に対し、米国もロシアに制裁を科しました。トランプ米大統領は、ロシアと親密とされ、米ロ接近の可能性がありましたが、米ロ関係も再び冷え込む見込みです。

 日本では、学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、財務省が決裁文書の書き換えを認めたことから、麻生太郎財務相と、安倍晋三首相の責任を問う声が強まっています。森友問題を受けて、各種調査で、内閣支持率が急低下しており、安定していた安倍政権の基盤がぐらついています。

 貿易戦争や政治への不安を反映して、円高(ドル安)が続いていることも、日本株の上値を重くしています。1ドル106円前後が続くと、来期(2019年3月期)の企業業績の伸びが大幅に鈍化することが懸念されています。

 

NYダウ・ナスダック株価指数も反落

 先週は、米国株も反落しました。貿易戦争への懸念や、欧州が米国のIT企業に独自の課税を検討しているとのニュースが、嫌気されました。

NYダウ日足:2017年11月1日~2018年3月16日

 

 IT・ハイテク株の比率が高い、米ナスダック株価指数は戻りが速く、一時、最高値を更新しましたが、先週は、反落しました。

米ナスダック株価指数日足:2017年11月1日~2018年3月16日

 

 

今週の重大イベント、20~21日のFOMC

 米金利の先行きに、世界の関心が高まっています。市場コンセンサスでは、米国の中央銀行であるFRB(連邦準備制度理事会)は、今年3回の利上げをすることとなっていますが、最近4回もあり得るとの見方が出ています。

 今週21日のFOMC(連邦公開市場委員会)で、FRBが0.25%の利上げをすることはほぼ確実です。注目点は、利上げの有無ではなく、利上げ後のFRBのメッセージです。

  • FOMC声明文およびパウエルFRB議長の発言がタカ派(利上げに積極的)か、ハト派(利上げに消極的)か?
  • 利上げ後に、FOMCメンバーの予測(中央値)が発表されます。そこで、今年、合計3回の利上げが予想されているか、あるいは、4回予想されているかが、注目されています。

 FOMC結果が、予想以上にタカ派ならば、為替は円安になりやすいものの、NYダウが下がりやすくなります。予想以上にハト派ならば、円高になりやすいものの、NYダウにはプラスです。

 FOMC後に、株・為替が荒れる可能性もあり、注意が必要です。

 

 

 

▼もっと読む!著者おすすめのバックナンバー

2018年3月12日:米ナスダック指数が最高値更新!米国株が強いのに日経平均の戻りが鈍いのはなぜ?
2018年3月8日:米利上げ前の不気味な「円高」。イベント前の心構え

 

▼今日のマーケット・キーワード:『春闘』のベースアップは昨年を上回る見込み

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

2018年9月株主優待祭
NISAつみたてNISAロールオーバー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください下落「第3波」ある?日米政治不安と円高を警戒

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

下落「第3波」ある?日米政治不安と円高を警戒

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
2018年9月株主優待
 
お宝優待株
 
投資の日
 
10万円株
人気記事ランキング
デイリー週間月間
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
投資の失敗
 
人気ブロガー
 
トウシル1周年特集
老後破綻
 
動画でわかる
 
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
ふるさと納税
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。