facebook twitter
日経平均戻りを試すか?森友学園問題で国内政治の不安定がマイナス材料
出島 昇
柴田罫線実践教室
株式会社オルタナレッジ「柴田罫線」で分析した提供レポートです。 「柴田罫線」というテクニカル分析をベースに、株式相場の分析、また今後の見通しなど幅広い情報提供をおこなってまいりま…

日経平均戻りを試すか?森友学園問題で国内政治の不安定がマイナス材料

2018/3/13
・週始め年初来高安値更新するも、円高一服と貿易摩擦懸念後退で戻りを試す動きへ
・今週は戻りを試す状態だが、国内政治要因に要注意
・(指標)日経平均
・(指標)NYダウ
・(指標)ドル/円
facebook twitter メールで送る 印刷

週始め年初来高安値更新するも、円高一服と貿易摩擦懸念後退で戻りを試す動きへ

先週の予測

 週末にメジャーSQや米国の2月雇用統計を控える中、トランプ大統領が輸入制限措置を表明したことで、貿易摩擦懸念から株価が下落。引き続いて不安定な相場になるのではないかとしました。

結果

 週始めこそ2万937円と今年の最安値を更新してスタートしましたが、その後は関税導入に執拗な姿勢を示したり、北朝鮮が核の放棄を前提としたトランプ大統領との米朝首脳会談を提案したりと地政学的リスクが後退。荒い相場となりましたが、週間をみると前週比+287円の2万1,469円で引けました。心配していた関税導入が柔軟な方向となり、悪材料であった北朝鮮問題が好材料に転化するという想定した逆の動きとなりました。ただし、当面の動きでみると2万1,000~2万2,000円のボックス圏の動きであり、この動きが続くことになりそうです。

 3月5日(月)は、追加関税措置が引き続き貿易摩擦への懸念から市場の波乱要因になるとされ、為替も1ドル105円台半ばでの円高に。そこから▲133円の2万1,047円で寄り付いたあと、先物主導で下値を試す動きとなりました。一時▲244円の2万937円と年初来安値を更新し、終値では▲134円の2万1,042円と4日続落で6カ月ぶりに200日移動平均線を割れました。トピックスも▲13Pの1,694Pと2017年10月11日以来の1,700P割れでした。 

 しかし、引け後の米国市場で、トランプ大統領が引き続き追加関税導入に強い意向を示すものの、カナダ、メキシコへの追加輸入関税の除外の可能性を示したことで、貿易戦争懸念が後退。NYダウは+336ドルの2万4,874ドルと大幅高となりました。 6日(火)の国内市場は、米国株高と為替の1ドル106円台への円安を受け、買い戻し優勢で一時+509円の2万1,551円まで上昇。大引けは+376円の2万1,417円となりました。

 さらに、7日(水)になると朝方にコーン国家経済会議議長辞任の報道で、NYダウ先物が大きく下落。これを受けて日経平均も一時▲215円の2万1,201円まで下げ、終値は▲165円の2万1,252円と反落しました。 8日(木)は、追加関税からメキシコとカナダが除外される可能性が高まり、国別対応の可能性もでてきたことで過度の貿易摩擦の懸念は後退。日経平均は+115円の2万1,638円と反発しました。 9日(金)になると米朝首脳会談のニュースから地政学的リスクが後退したとして一時+516円の2万1,884円まで急騰。しかし、その後は戻り売りとポジション調整の売りに押され+101円の2万1,469円で引けました。メジャーSQ値は2万1,575円でした。

 9日(金)の米国市場は、寄り前発表の2月の雇用統計では、非農業部門雇用者数は、予想の20.0万人を上回る31.3万人と2015年10月以来の高水準となりましたが、賃金の伸びが予想を下回ったことで利上げ加速の思惑が後退し、買い安心感からNYダウは+440ドルの2万5,335ドルとなり、ナスダックは+132Pの7,560Pと最高値更新となりました。シカゴの日経先物は一時1ドル107.05円の円安を受けて+345円の2万1,695円で引けました。

 

今週は戻りを試す状態だが、国内政治要因に要注意

 今週の日経平均は、週始めは先週末の米国株式の上昇と円安を受けて買い先行で始まることが想定されます。トランプ大統領の鉄鋼、アルミへの25%、10%という追加関税もカナダ、メキシコに次いでオーストラリアも適用除外の可能性があり、さらに軽い高品質の鉄鋼製品も除外する方針であるため、過激な警戒感は後退することになります。また、米朝首脳会談が5月までに行われる意向であるということで、地政学的リスクも後退することになります。ただし、サンダーズ報道官は「北朝鮮が核放棄に向けての具体的な行動スケジュールを示さなければトランプ大統領は会議を行わない」とし、今後の北朝鮮の言動が要注意となります。

 米国株式が戻りを試せば、日経平均も連動するところですが、今週は森友学園の国有地売却問題で、近畿財務局の担当者の男性が自殺し、佐川国税庁長官も辞任したことで、麻生大臣、安倍首相の責任問題が追求されることになり、国内政治が不安定な状況となれば、外国人の売りが出てくることになります。メジャーSQも通過し、期末の決算ムードになっていきますので、機関投資家の買いは手控えられ先物主導によるインデックス買いが中心の相場となる可能性があります。

 3月12日は、想定通り先週末の2月雇用統計を受けての米国株式の大幅上昇に連動し+356円の2万1,826円で寄り付き、一時+501円の2万1,971円まで上昇しました。しかし、「森友学園」への国有地売却に関する決済文書について書き換えがあったとの報道を受け、ドル安・円高に傾きました。後場中頃には一時+220円の2万1,689円まで上昇幅を縮め、終値では+354円の2万1,824円となりました。2万1,000~2万2,000円のレンジのほぼ上限の2万1,971円まで上昇しましたが、2万円からは上値重くなりました。

 もし、森友学園問題が落ち着き、 2万2,000円の心理的フシを超えた場合は、2万2,063円が次ぎのフシ。ここをぬけると、もう一段高の可能性があります。2月は調整だったので3月はリバウンドが続いておかしくありませんが、森友学園問題が落ち着かなければ外国人は買ってこないのでもみ合いが続く可能性があります。

 

(指標)日経平均

先週の予測

米国の追加関税の表明から世界各国との貿易摩擦が広がる懸念で相場は不安定な動きが続きそうとしました。週末はメジャーSQでもあり下値を試す可能性があるとしました。

結果

 週始めの3月5日(月)は、米国の追加輸入関税が貿易摩擦を引き起こす懸念から先物主導で売り先行で始まり、一時▲244円の2万937円と年初来安値をつけました。その後は関税導入は個別国ごとに対応するという柔軟な方向となり、北朝鮮リスクが大幅に後退したことで、荒い動きとなりながらも戻りを試す動きとなり、週末は一時2万1,884円まで上昇して終値は+101円の2万1,469円で引けました。

 現時点でチャートをみてみると、2016年11月9日1万6,111円からの上昇トレンド。この中で2万1,000円水準でサポートされ、2月14日の2万950円、3月5日の2万937円とザラ場でダブル底のような形で反発しています。2月7日の2万2,353円を終値で上回れば、再び上値を目指す形となります。逆に20,937円を終値で切ると再び大きな調整となってきます。
今週は、貿易摩擦への過度の警戒感の後退、及び、北朝鮮の地政学的リスクの後退から、円高も一服しており米国株式に連動して戻りを試す動きが想定されます。但し、森友学園問題で国内政治が不安定になれば日本株式には売り材料となって上値は限定的となります。まずは、2万1,000~2万2,000円の上限を試す動きとなるかどうか、ここを超えると2万2,000円が上値ポイントとなります。

 

(指標)NYダウ

先週の予測

 鉄鋼とアルミへの追加関税が各国の報復関税を引き起こせば世界的な貿易摩擦となって株安の動きになるので、どこで歯止めがかかるのか見極めるところとしました。

結果

 週明け早々、一時▲150ドル下げたところでカナダとメキシコへの追加関税は除外する可能性がでてきたことで貿易摩擦への懸念が後退し、+336ドルの2万4,874ドルと大幅スタートとなりました。

 その後はコーン国家経済会議議長の辞任報道で大きく下げる場面がありましたが、追加関税についてはカナダとメキシコ以外にも国別での対応という柔軟な対応になったことで、貿易摩擦懸念はさらに後退し、週後半には北朝鮮の地政学的リスクも後退し、週末の2月雇用統計は、非農業部音雇用者数が予想を上回るものの、賃金の伸びは予想を下回ったことで市場の安心感を誘いました。結果、+440ドルの2万5,335ドルと大幅上昇で引け、ナスダックは再び最高値更新となりました。

今週の予測

 追加輸入関税に関して、カナダ、メキシコの適用除外に加え、他の同盟国にも交渉余地を残したことで、過度の貿易摩擦懸念は後退。米朝首脳会談を5月までの行うという意向から地政学的リスクも後退したことで戻りを試す動きが続きそうです。ただし、経済指標の結果によって利上げペースが早まる見方が出ると売り材料となります。チャート上は2月27日の2万5,800ドルを終値で上回ると再び最高値を目指す形となります。

 

(指標)ドル/円

先週の予測

 その時点で米国の輸入制限措置は例外などないとしたことで貿易摩擦懸念から、リスク回避のドル売り要因を想定し、1ドル104~107円のレンジを想定しました。

結果

 週始めに追加輸入関税の除外国としてカナダ、メキシコに言及し、その後は各国ごとに対応するという柔軟な姿勢となったことで貿易摩擦の世界的広がりへの懸念は後退し。また、北朝鮮との地政学的リスクも後退したことで、週始めの105.25円を安値にドルが買い戻され、週末は2月の雇用統計を受けて107.05円までドルが買われ、引けは106.78円となりました。

今週の予測

 米朝首脳会談への具体的なスケジュールがみえてくるとドル買い要因となり、トランプ大統領の追加輸入関税も柔軟な対応になってきたものの、保護主義的な通商政策への警戒感は消えていないため、リスク選好的なドル買いがさらに拡大する可能性は少ないと思われます。1ドル106~108円のレンジを想定。

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください日経平均戻りを試すか?森友学園問題で国内政治の不安定がマイナス材料

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

日経平均戻りを試すか?森友学園問題で国内政治の不安定がマイナス材料

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。