facebook twitter
仮想通貨の税金、確定申告しなくても本当に大丈夫?
足立 武志
知らなきゃ損する!今日から使える税金のキホン
難しくよくわからない「税金」。だれでもわかるように、知らないと損する情報を公認会計士・税理士かつ個人投資家がお届けします。

仮想通貨の税金、確定申告しなくても本当に大丈夫?

2018/3/2
・仮想通貨で利益をあげた場合の税金は?
・他の仮想通貨への買い替えや買い物での使用も課税対象に!
facebook twitter メールで送る 印刷

 2017年は、仮想通貨で大きな利益を上げた個人投資家も多かったようです。利益を上げたら必要なのが確定申告と納税。申請をしなければ一体どうなるのでしょう。

 

仮想通貨で利益をあげた場合の税金は?

 今回より、コラムタイトルを「知らなきゃ損する!今日から使える税金のキホン」に変更し、内容をバージョンアップいたします。
 相続に関する税金にとどまらず、個人投資家の皆さんに知っておいていただきたい、すぐに役立つ税金の知識を提供してまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

 昨年12月1日、国税庁より「仮想通貨に関する所得の計算方法等について(情報)」が公表されました。
 仮想通貨に関する課税関係についてある程度明確になりましたから、仮想通貨で利益を上げた個人投資家の方は、この情報に基づいて確定申告・納税をしていけばよいこととなります。

(参考)国税庁 仮想通貨に関する所得の計算方法等について(情報)

 この情報によれば、仮想通貨で利益をあげた場合、雑所得として所得税・住民税の課税対象となります。雑所得は他の所得(給与所得、事業所得、不動産所得など)と合算して累進課税による総合課税となります。

 そのため、大きな利益をあげた場合、所得税・住民税合計して50%超の税率となることもあります。上場株式ではどれだけ利益を得ても税率は20.315%ですから、これに比べるとかなり大きな税負担になります。

 

他の仮想通貨への買い替えや買い物での使用も課税対象に!

 今回の情報で明らかになったのが、他の仮想通貨への買い替えや、仮想通貨を使って買い物をした場合の税務上の取り扱いです。

 たとえばリップルの購入のためにビットコインを使用した場合、ビットコインを売却したとして、売却益に対して課税されます。

 また、最近は飲食店や家電量販店など、ビットコインで買い物ができる場所も増えてきましたが、買い物をしたときも、その際に使ったビットコインを売却したものとして、売却益に対して課税されることになります。

 つまり、保有している仮想通貨を売却しなくとも、他の仮想通貨に交換したり、買い物に使用すれば、売却したときと同様、課税対象になるということです。

 

仮想通貨取引で損失が生じた場合はどうなるの?

 仮想通貨は非常に値動きが激しいものです。そのため、2017年の1年間を通せば大きく上昇したものの、「高く買い、安く売る」を繰り返してしまえば利益ではなく損失を被ってしまいます。

 しかし、仮想通貨取引で損失が生じた場合は何も救済措置がなく、切り捨てとなってしまいます。

 上場株式であれば、確定申告を条件として損失を3年間繰り越し、その間の売却益や配当金と相殺することで、税負担を軽減することができます。

 でも、仮想通貨取引の場合は2017年に大きな損失を出し、2018年に大きな利益を出したとしても、2017年の損失と2018年の利益を相殺できず、2018年の利益に丸々課税されることになってしまうのです。(2018年の税務上の取り扱いはまだ決まっておりませんが、現状の税制ではそうなります。)

 

利益が出たけれど、確定申告をしなくても大丈夫?

 個人投資家の方が最も気になるのが、「仮想通貨の利益を確定申告しなくても大丈夫?」ということでしょう。

 まず、大前提として、納めるべき税金を納めなければ、「脱税」という犯罪になります。ですから、利益につき確定申告をして納税をしなければ、大丈夫かどうかという話ではなく脱税しているということです。

 確かに「バレなければ大丈夫」という考えもあるかもしれませんが、税務署は皆さんが思っているよりはるかに高い情報収集力をもって、脱税している人を摘発していきます。

 確定申告および納税を期日内にしなければ、本税(もともと生じている税金)に加え、無申告加算税や延滞税がかかります。悪質と認められた場合は、無申告加算税の代わりに重加算税という、本税の40%ものペナルティーが別途かかります。

 特に、大きな利益を上げた方は非常に高い税率となるので、「払いたくない」という気持ちもあるかもしれません。でも、払うべきものを払わずに後日税務署に見つかれば、多額のペナルティーにより利益のほとんどを税金として持っていかれることになりかねません。

 そして、最悪の場合、脱税容疑で逮捕、ということも十分にありえます。実際、FX取引では多額の利益を得た個人投資家が何人も逮捕されています。
 逮捕ともなれば、実名で報道され、社会的信用を一気に失うことになります。

 仮想通貨で利益を上げた方は、くれぐれもしっかりと申告、納税をするようにしてくださいね。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

2018年9月株主優待祭
NISAつみたてNISAロールオーバー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください仮想通貨の税金、確定申告しなくても本当に大丈夫?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

仮想通貨の税金、確定申告しなくても本当に大丈夫?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
2018年9月株主優待
 
お宝優待株
 
投資の日
 
10万円株
人気記事ランキング
デイリー週間月間
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
投資の失敗
 
人気ブロガー
 
トウシル1周年特集
老後破綻
 
動画でわかる
 
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
ふるさと納税
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。