前回大好評だった「超初心者でもわかる!日経平均はなんで上がっているの?」。
初心者の方に向けて、いまさら聞けない投資のあれこれを専門家に直撃取材。今回は「為替」です。実は身近な「為替」の仕組みを楽天証券の荒地潤が特別解説します。


新人のみや:トウシル編集者。為替について何も知らない超初心者。


 


あらちじゅん:楽天証券FXディーリング部。元スイス銀行コーポレーション(現UBS)で勤務。

 

 

実は身近な為替

あらち:外国為替をやっている人は、株投資をやっている人よりも多いって知っている?

みや:え?(驚)そうなんですか?

あらち:海外旅行にいったときに、通貨を交換するでしょ。それも外国為替だよ。

みや:そういえば、「ドル安・円高」を狙って両替していたりしています!これも外国為替ですね。

あらち:外国為替は、貿易を行う企業が、通貨の変動によるリスクを回避するために資金を調達するために生まれたものなんだ。

みや:輸出や輸入のために外国の通貨を日本円に変える必要があるからですね。為替レートは毎日、常に変わっているから大変そうだなあ。でも、なんで為替レートって動いているのですか?

為替レートはなぜ動く?

あらち:為替は株と同じように、「需要と供給」で相場が動くんだ。ある国の通貨がほしい(需要)と高まれば、その通貨は高くなるんだ。2017年は1ドル=118円まで「ドル高・円安」が進んだよね。これは、「ドルがほしい人が増えた」ってことだね。
 その理由は「金利」が影響しているんだよ。つまり、銀行でお金を預けたときの利息。下の表を見て。

世界の通貨、金利ってどれくらい?

出所:2月22日時点楽天銀行:日本は1年ものの円定期預金、米国・欧州・英国はそれぞれ米ドル・ユーロ・英ポンドの1年もの外貨定期預金の金利(円から預入時)

この表は、日本では100万円預けたときに1年後に+300円になるのに対して、米国だと+2,000円になるってこと。

みや:え! だったら米国に預けたい!

 

あらち:そうやって、米国にお金が集まっていくから「ドル高・円安」になるんだ。さらに景気がいい米国に投資するために、日本の会社などが「ドルを買う」からね。
 
みや:政策や景気…通貨を通じて、「国」を見ているんですね。

あらち:その通り。そして、今は「ドル安・円高」。今の時点で1ドル=105円。

みや:え?米国の金利がよくてドルが強いのに「ドル安」に!?なんでですか?

あらち:NYダウ平均(日経平均株価の米国版)が大幅に下がったからね。為替は、通貨・国・企業の売買・イベント・・・いろいろな要素がからみあっているし、相場は動いているから、「ドル高」になったあとには、「ドル安」に向かっていくんだ。

みや:そんなことを言われても・・・。(なんだか怖いなあ)もっと予測して動くことはできるのですか?