お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
なんで金利に注目するの?
トウシル編集チーム
超初心者でもわかる今
「今起きていることを知りたいけど、難しい言葉で言われてもわからない」経済や政治にまつわる投資初心者のギモン。だれでもわかるように解説します。

なんで金利に注目するの?

2018/6/7
・金利って何?
・なぜ今の日本は低金利なの?
・低金利はどんな影響があるの?
facebook twitter メールで送る 印刷

 投資初心者に向けて今起きていることを伝える「超初心者でもわかる今」。もうすぐFOMC(米連邦公開市場委員会)。そこで注目されているのが「金利」です。
金利とは何か? 投資初心者にも分かるように、金利のプロに直撃します!

 

みや:投資初心者のトウシル編集者。

 

 

 

かねこ:外資系証券会社で過去約17年間にわたり金利・為替・株式などに携わり、現在楽天証券、債券担当。元米国公認会計士(カリフォルニア州)。

 

 

金利って何?

みや:「長期金利」とか、「政策金利」ってよく聞く「金利」。これって何ですか?
かねこ:金利はね、「経済と相場にとって、もっとも大事な指標」のひとつだよ。債券や銀行の利率などに影響しているんだ。まずは銀行の利率について話すね。
みや:銀行に預金すると、ちょっともらえるお金のこと?
かねこ:そうそう。銀行に預けると、少しだけど利息がもらえる。ローンなどで銀行などからお金を借りると利子がかかる。これが金利なんだ。

みや:100万円で10円の利息をもらえましたよ。これが金利なんですね。
かねこ:そう。今の利率は、たった0.001%(注1)。景気が良かった1970年~80年代前は、2%台。なんと100万円預けたら2万円以上の利息を1年でもらっていたんだ。
みや:え!? 今の2,000倍!? そんな時代があったなんて……。今は、金利が低い「低金利」の時代ってそういうことかあ。
注1:金利は金融機関や期間などによって異なります。

 

なぜ今の日本は低金利なの?

かねこ:なぜ日本は、お金を預けても増えない「低金利」にしていると思う?
みや:お金を預けてもそんなに増えない代わりに、お金を借りても、それほど多く増やして返さなくてすむってことかな。
かねこ:そのとおり。お金を借りやすくして、もっとお金を使ってほしい。そうすれば経済が活性化するから。

みや:低金利は、経済にはよいのですね。預金しても増えないのには、そんな面があったとは…。
かねこ:あとね、金利は「債券」にも影響しているよ。「個人向け国債」って聞いたことある?
みや:銀行で見たことあるかも…。

かねこ:「個人向け国債」は国が発行している債券なんだ。国にお金を貸して、さらに利息ももらえる。金利が低い今は、預金に加えて個人向け国債の利回りが低い。すると、どうなると思う?
みや:買っても、あまり増えないって事だから…別のところに投資をする!

かねこ:そうなるよね。

低金利はどんな影響があるの?

かねこ:低金利は、お金を預けてもあまり増えないってことだったよね。「個人向け国債」は、少しだけど金利が保証されているし、リスクが少ない魅力がある。でも、高い金利の外国債券や景気の良い国の株へ投資したらがお金が増えるって考えちゃうよね。

 下の図は、日本からアメリカに投資をしているお金の推移だよ。

<日本の米国向け対外直接投資(単位:100万ドル、国際収支ベース、ネット、フロー)

出所:日本貿易振興機構(ジェトロ)

みや:わ、最近アメリカに投資している額が増えてる! アメリカの景気がよいって聞くもんなあ。そっかー、アメリカにお金が流れるから、日本にお金が集まらず、景気が回復しないんだ。

かねこ:アメリカのへの直接投資だけが景気改善に大きな影響与えるわけではないんだけどね。でも一因ではあるから、日本銀行は景気や経済を見て、(政策)金利を決めてるんだよ。アメリカも同じように、経済動向を見て金利を見極めているんだ。

 

みや:アメリカの金利上昇については最近ニュースでよく聞くようになりました。
かねこ:そう、金利と経済、そして株価とはとても関連が大きいからね。次回は、アメリカの金利について伝えるね!

 

みや:はい!ぜひともFOMC(米連邦公開市場委員会)の前に!

 

 

 

>>次を見る  アメリカの金利ってなんで大事なの?

>>バックナンバー

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

桐谷広人
投資の失敗
日本株
老後破綻

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいなんで金利に注目するの?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

なんで金利に注目するの?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
ボーナス投資  
桐谷広人
 
老後破綻

 
株主優待
 
投資の失敗
 
インタビュー
 
楽天証券夏ボーナス
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。