投資初心者に向けて今起きていることを伝える「超初心者でもわかる今」。もうすぐFOMC(米連邦公開市場委員会)。そこで注目されているのが「金利」です。
金利とは何か? 投資初心者にも分かるように、金利のプロに直撃します!

 

みや:投資初心者のトウシル編集者。

 

 

 

かねこ:外資系証券会社で過去約17年間にわたり金利・為替・株式などに携わり、現在楽天証券、債券担当。元米国公認会計士(カリフォルニア州)。

 

 

金利って何?

みや:「長期金利」とか、「政策金利」ってよく聞く「金利」。これって何ですか?
かねこ:金利はね、「経済と相場にとって、もっとも大事な指標」のひとつだよ。債券や銀行の利率などに影響しているんだ。まずは銀行の利率について話すね。
みや:銀行に預金すると、ちょっともらえるお金のこと?
かねこ:そうそう。銀行に預けると、少しだけど利息がもらえる。ローンなどで銀行などからお金を借りると利子がかかる。これが金利なんだ。

みや:100万円で10円の利息をもらえましたよ。これが金利なんですね。
かねこ:そう。今の利率は、たった0.001%(注1)。景気が良かった1970年~80年代前は、2%台。なんと100万円預けたら2万円以上の利息を1年でもらっていたんだ。
みや:え!? 今の2,000倍!? そんな時代があったなんて……。今は、金利が低い「低金利」の時代ってそういうことかあ。
注1:金利は金融機関や期間などによって異なります。