お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
日経平均の今週のレンジは2万3,500~2万4,000円。円高進行なら下放れも
出島 昇
柴田罫線実践教室
株式会社オルタナレッジ「柴田罫線」で分析した提供レポートです。 「柴田罫線」というテクニカル分析をベースに、株式相場の分析、また今後の見通しなど幅広い情報提供をおこなってまいりま…

日経平均の今週のレンジは2万3,500~2万4,000円。円高進行なら下放れも

2018/1/30
・米国株高を受けて、一時2万4,000円台回復も、円高進行で週後半3日続落
・11月中間選挙に向け、ドル安誘導か日経平均は注意が必要
・今週は、為替が一服となれば、2万3,500~2万4,000円のレンジで、もみあいが続く
facebook twitter メールで送る 印刷

米国株高を受けて、一時2万4,000円台回復も、円高進行で週後半3日続落

先週の予測

 国内決算が本格化し、機関投資家が動きにくい中、為替の動きと米国の暫定予算の期限切れによる政府機関の一時閉鎖がどうなるのかに注目。閉鎖が長引けばドル売りとなって円高が進行し、1ドル=110円を切ると下値をさぐる展開も想定されると予想。ただし、基本的には2万3,500~2万4,000円のレンジの中での動きが基本としていました。

結果

 米国市場では週明けの1月22日(月)に暫定予算が合意されたことで3指標そろって最高値更新。これを受け23日(火)の日経平均は先物主導で+307円の2万4,124円と26年ぶりに2万4,000円台を回復しました。しかし、その後は日本銀行やECB(欧州中央銀行)の金融緩和からの出口への思惑や米国の政府要人の「円安は米国にとって悪いことだ」との発言もあり、急激な円高進行。一時108円台となり、日経平均は週後半は3日続落となり、2万3,631円で引けました。1日だけ2万4,000円台を回復したものの、基本的には2万3,500~2万4,000円のレンジの中での動きとなりました。海外投資家は、1月第2週に続き第3週(15~19日)も売り越しに。

 22日(月)は、110円台の円高が重しで、米国の暫定予算の採決をにらみ手控えとなって、もみあい+8円の2万3,816円と小幅続伸でした。23日(火)は、前日の米国市場で暫定予算が成立したことが好感され、3指標そろって最高値更新したことで、日経平均は先物主導で2万4,000円台を回復。終値は+307円の2万4,124円でした。1991年11月15日(終値2万4,099円)を更新する26年2カ月ぶりの高値水準となりました。この日の日銀金融政策決定会合では、金融政策の現状維持が決定され、黒田総裁は「出口」については考えていないと発言しましたが、為替の円高阻止の効果はあまりありませんでした。

 24日(水)になると、前日の利益確定売りと円高が109円台に進行したことで、▲183円の2万3,940円と2万4,000円を切って引けました。25日(木)は、ダボス会議でムニューシン財務長官が「弱いドルは米国の貿易に有利」と発言したことを受け、一時108円台となったことで、日経平均は▲271円の2万3,669円の大幅続落となりました。週末の26日(金)は、前場は円高一服を支えに一時+128円の2万3,797円まで上昇するものの、その後はマイナス圏に転じ、▲77円の2万3,592円まで下げて、終値は▲37円の2万3,631円と3日続落となりました。

 26日(金)の米国市場は、総じて好調な決算や予想を上回る経済指標、さらにトランプ大統領がダボス会議でTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)への復帰を示唆したこともあり、3指標そろって大幅高の最高値更新となりました。シカゴの日経先物は+95円の2万3,725円でした。

 29(月)は、先週末の米国株式の3指標が最高値更新となったことで、+75円の2万3,707円と高寄りし、上げ幅を拡大して一時+155円の2万3,787円まで上昇。しかし、後場になると円が強含んだことや上海市場がマイナスになったことをきっかけに先物にまとまった売りが出て下げに転じマイナス圏入りとなりました。その後は昨日の終値をはさんだもみあいとなり、▲2円の2万3,629円と小幅な4日続落で引けました。4日続落の陰線となり、25日移動平均線(29日時点2万3,483円)が意識されています。

 

11月中間選挙に向け、ドル安誘導か日経平均は注意が必要

 トランプ大統領は、選挙期間中も当選後も米国は貿易で不利益を受けてきたと述べ、中国や日本に貿易是正を求めると発言してきました。これまでは北朝鮮問題で中国のサポートが必要だったため、貿易問題は棚上げにしてきています。

 しかし、今年は11月に中間選挙があり、今のところ経済の調子はいいもののトランプ大統領への反発は強いため、同時に共和党も人気が落ちています。その対策としても、ますます米国ファーストを明確にするために為替政策を通じて貿易赤字を減少させ、米国の経済をより強く見せたい思惑です。 先週、ティラーソン国務長官に続き、ムニューシン財務長官が「貿易などについてドル安になるのは明らかに米国のためになる」とドル安誘導の発言をしました。

 結果的に、1ドル=108.28円までドル安が進みました。 しかし、これに対してトランプ大統領は「ドルは今後強くなるだろう」とドル高発言をしています。大統領と官僚の発言が同じタイミングで出ているのに内容が矛盾していますが、これは政治的な駆け引きが行われているとみることができます。

 本来、トランプ大統領は貿易是正を公約の1つに挙げており、11月まではドル安誘導により、米国経済の成長をさらにアップさせて中間選挙で支持を得ることが目標といえます。ということは国務長官や財務長官のドル安発言は、11月までの短期の為替政策であり、トランプ大統領のドル高発言は、その後の長期政策だと思われます。このような考え方がトランプ政権のドル安誘導の裏側にあるということになります。そうだとすれば、円安を武器としたアベノミクス相場は、中間選挙を前にいったん大きな調整に転じる可能性もあります。輸出企業の為替レートは1ドル=110円水準ですので、円が110円を大きく下回ると業績上ブレ期待がなくなり、輸出企業にとっては厳しいものになります。

 為替は、経済の状況によって動くと思われがちですが、現実は「政治は常に経済を優先する」が一般的です。政治家は、落選すればただの人ですから、自分の立場を守るためには、経済を一時犠牲にすることはあっても政治を優先します。今回も、まずは政治を優先して「11月の中間選挙向けアピール」を行っていると思われます。 
 貿易にとってドル安はプラスでも、世界から米国債券を買ってもらって財政赤字を埋めている米国としては、ドル安が続いてドルの先安感があれば、米国債券は買われず、財政的に危機になるという側面があります。だからドル安誘導はあくまでも11月中間選挙向けであり、その後はドル高に誘導すればよいと考えているのでしょう。これまで日経平均は一方的に上昇してきただけに米国のドル安誘導には注意が必要となります。 

 もう1つ注意しておくこととして、米国の上院議会の発言に北朝鮮が核実験かミサイルを発射した場合、北朝鮮を攻撃するという意見もでてきており、専門家は70%の確率といっています。

 

今週は、為替が一服となれば、2万3,500~2万4,000円のレンジで、もみあいが続く

 今週は、先週末の米国市場で3指標そろって最高値更新したことから、為替の円高が一服していれば高く始まり2万3,500~2万4,000円のレンジの中で戻りを試す動きが想定されます。今週は決算発表が本格化するものの円高推移のままだと、上値は押されることになります。輸出企業の為替の想定レートは1ドル=110円水準なので、ドルがこの水準まで戻らなければ2万4,000円を突破するのは難しいと思われます。逆に円高が進行すれば25日移動平均線(1月29日時点2万3,483円)を切って下放れとなることも考えられます。

 そういう意味では、トランプ大統領の30日(火)の一般教書演説や、31日(水)のFOMC(米連邦公開市場委員会)の声明の中での利上げに関するコメントが注目されます。また、今週は週末の1月雇用統計を始め複数の経済指標の発表があるため様子見ムードも強く、基本は2万3,500~2万4,000円のレンジ内で、もみあいが続きそうです。

 

(指標)日経平均

先週の予測

 国内の決算発表が本格化し、機関投資家は動きにくいため方向感が出にくく、2万3,500~2万4,000円のレンジを想定しました。

結果

 週始めは米国のつなぎ予算の不成立で政府機関の一部が閉鎖されたことで、上値の重いスタートとなりました。

 しかし、米国のつなぎ予算がすぐに合意されたことで、米国株式が3指標そろって最高値更新。これを受けて1月23日(火)の日経平均は、先物主導で2万4,000円台を回復しました。しかし、これはたった1日だけで、その後は1ドル=110円を切る円高となったことで、米国株高にもかかわらず、2万3,500~2万4,000円のボックスの下限を試す動きとなり、週後半は3日続落で引けました。高値2万4,129円(1月23日)、安値2万3,592円(1月26日)でした。

 今週も先週に引き続き、為替次第ということになります。円高が一服して円安方向にぶれると、本格化する決算発表で好決算が相次げば2万3,500~2万4,000円の中で2万4,000円を試す動きが想定されます。円高水準のままで決算が盛り上がらなければ2万3,500~2万4,000円のレンジの中での方向感のない展開となりそうです。

 

(指標)NYダウ

先週の予測

 前週末の19日(金)中に、債務上限問題で与野党対立し、つなぎ予算が期限切れで成立せず、政府機関の一部が閉鎖されたことで、これが長引くと株価の上値は重くなるとしました。ただし、10~12月の好決算期待で下値は限定的としました。

結果

 週始めの1月22日(月)は、朝方は閉鎖を嫌気し、一時▲97ドルまで下げましたが、午後につなぎ予想が合意されると大幅上昇となり、NYダウは+142ドルの2万6,214ドルとなり、3指標とも最高値更新となりました。このあともまちまちながら最高値更新が続き、NYダウは1月25日(木)2万6,458ドルまで上昇し、2日連続の最高値更新をしました。減税効果への期待が続き、10~12月期の決算も好調なものが続いています。

 週末の1月26日(金)は、好決算が続き、さらに経済指標も好調でトランプ大統領がダボス会議でTPPへの復帰を示唆したこと、円安も加わって3指標がそろって最高値更新となりました。NYダウは3日連続の最高値更新で+223ドルの2万6,616ドルの高値引けでした。

今週の予測

 今週は、FOMC(1月30~31日)や、トランプ大統領の一般教書演説が注目となります。FOMCでは、声明文の中で今後の利上げ(年3回は想定されている)の条件を読み取れるかがポイントとなります。一般教書演説では、TPPへの復帰を示唆するなど保護主義的な政策が和らいでおり、さらに積極的なインフラ投資計画が発表されれば株式市場にとっては追い風となります。

 

(指標)ドル/円

先週の予測

 暫定予算の期限切れによる政府機関の一部閉鎖が長引いたり、日銀やEU(欧州連合)の金融緩和の出口についての思惑が出てくるとドル売り、円高が高まるとしました。
結果的には、米国の為替政策をめぐってリスク回避のドル売りが高まりました。ムニューシン財務長官の「ドル安は貿易にとって良いことだ」との発言や黒田総裁の日本経済は穏やかな成長で2%の物価目標に近づいている発言からドルが売られ一時1ドル=108.28円までの急激な円高となりました。その後、トランプ大統領が「最終的には、強いドルを望む」という発言で一服し、108.63円で引けました。

今週の予測

 今週は、米国の為替政策をめぐって方向性を見極める動きのため、もみあいとなりそうです。ムニューシン財務長官の「ドル安容認」発言とトランプ大統領の「強いドルを望む」発言は、トランプ大統領の一般教書演説でどうコメントされるのか注目となります。多分、11月の中間選挙をにらんで短期的なドル安政策で米国の経済を盛り上げ、その後は長期的には強いドルを望むということだと思われます。1ドル=108~110円のレンジが基本。

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください日経平均の今週のレンジは2万3,500~2万4,000円。円高進行なら下放れも

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

日経平均の今週のレンジは2万3,500~2万4,000円。円高進行なら下放れも

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
投資の失敗
 
ボーナス投資  
桐谷広人
株主優待
 
老後破綻  
動画でわかる

 
NISA
 
楽天証券夏ボーナス
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。