facebook twitter
2月決算小売業の第1四半期業績の総括(窪田)
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

2月決算小売業の第1四半期業績の総括(窪田)

2017/7/13
2月決算小売業大手の第1四半期決算がほぼ出揃った。小売業大手には最高益更新を見込む企業が多く、注目できる。小売業大手は、バリュー相場に弱い。足元、バリュー優位の流れが出ていて、小売大手は上値重いが、先行き、グロースの流れに戻れば、再びパフォーマンスが良くなる期待がある。
facebook twitter メールで送る 印刷

執筆:窪田真之

<今日のポイント>

  • 2月決算小売業大手の第1四半期決算がほぼ出揃った。小売業大手には最高益更新を見込む企業が多く、注目できる。
  • 小売業大手は、バリュー相場に弱い。足元、バリュー優位の流れが出ていて、小売大手は上値重いが、先行き、グロースの流れに戻れば、再びパフォーマンスが良くなる期待がある。

(1)    大手小売業には今期最高益更新を予想する企業が多い

いよいよ3月期決算企業の第1四半期(4-6月期)決算発表が本格化します。やや膠着色の出ている日経平均の先行きに影響するので、注目されます。
一足先に、2月期決算の小売業の第1四半期(3-5月期)業績が、ほぼ出揃っています。今日は、それをレビューします。
小売業というと、「少子高齢化が進む日本の内需産業で、成長性が期待できない」というイメージを持つ人が多いと思います。ところが、意外にも大手小売業には、最高益を更新中の銘柄がたくさんあります。
以下の表は、2月決算小売業大手7社の第1四半期業績を示しています。この7社のうち、5社(ABCマート、良品計画、ニトリHD、セブン&アイHD、しまむら)は、会社予想ベースで2018年2月期に営業最高益を更新する見込みです。

<2月決算小売大手7社の連結営業利益: 通期予想と第1四半期実績> 

(出所:各社決算資料より作成。進捗度は、第1四半期の営業利益が通期計画の何パーセントに当たるか示す)

専門分野でプライベートブランドを増やし、シェアを伸ばす専門店が多いほか、海外での利益拡大が軌道に乗ってきた会社もあります。小売業は、意外な成長産業となっています。

(2)進捗率の低い会社は、通期目標が未達になるリスクも

第1四半期(3-5月)の営業利益で、通期計画の何%まで達成したか示すのが、進捗率です。上の表は、進捗率の高い順に並んでいます。季節要因もあるので、一概には言えませんが、第1四半期で通期計画の25%達成できていれば、計画達成に妥当なペースと見ることができます。25%より低い企業は、通期計画が達成できるか、今後を注意深く見ていく必要があります。

(3)小売業大手は、バリュー相場に弱く、グロース相場に強い傾向がある

小売業は、30年前は、景気敏感セクターでした。時価総額大手に、景気の影響を受けやすい百貨店が入っていたからです。
ただし、今、百貨店の多くは、時価総額上位から姿を消しました。代わって、日用品(靴・カジュアル衣料品・住居製品)を扱う専門店や、食品・飲料の比率が高いコンビニが、上位を占めています。その結果、小売業は、ディフェンシブ(景気変動の影響を相対的に受けにくい)業種と見られるようになってきました。
小売業大手には、ディフェンシブで、最高益を更新中の銘柄が多数あります。結果として、小売業は、グロース(成長)株として動く傾向があります。グロース優位の相場に強く、バリュー(割安株)優位の相場に弱い傾向があります。
今年は、5月までグロース優位の相場が続いてきましたが、6月中旬以降、バリュー優位の流れが出始めています。その結果、小売業大手の株価は、足元、上値が重くなっています。
目先、小売業大手の株価は、上値の重い展開が続く見込みです。ただ、最高益を更新していく見通しの企業については、グロース優位の相場に戻ったときに、株価のパフォーマンスが良くなる期待もあります。中長期的に、最高益更新の続く小売株に、一定の投資を持つことは意味があると思います。

以上
 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください2月決算小売業の第1四半期業績の総括(窪田)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

2月決算小売業の第1四半期業績の総括(窪田)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。