小型株とは、時価総額や流動性が低い銘柄のこと。小型株は「機関投資家が大量買いすることが少ないため流動性が低い」「小さな刺激で時価総額が一気に上下する可能性がある」ことなどから、個人投資家向けと言われています。ジャスダックなど新興市場の株式も、通常は小型株の分類に入ります。
東京証券取引所では、東証一部の銘柄を、時価総額の大きさと流動性の高さでランキングし三つのグループに分けています。この上位100位の銘柄までが大型株、400位までの銘柄が中型株、それ以外を小型株といいます。グループ分けは東証が定期的に見直しています。