株式投資のキホン、まず好配当利回り株への長期投資から考える

 日経平均は22,000円まで上昇しましたが、私は、配当回りやPER(株価収益率)から見て、日本株はなお割安と考えています。これからも乱高下するリスクはありますが、長期的に投資していく価値は高いと思っています。

長期金利と東証一部配当利回りの推移:1993年5月~2017年10月

出所:楽天証券経済研究所が作成

 1993年には、長期金利が5%近くありました。この時、株の配当利回りは1%ありませんでした。この時は、長期国債が割安で、日本株が割高でした。今、長期金利が0%前後で、株の配当利回りは2%近くあります。今は、長期国債が割高で、日本株が割安と考えています。

 投資の初心者は、株価がすでに大きく上昇しているテーマ株ではなく、あまり人気がない割安株から始めた方が良いと思います。配当利回りが高めの銘柄が良いと思います。

 

好配当利回り株を選ぶときの注意点

 配当利回りに注目して銘柄を選ぶとき、気をつけなければならないことがあります。配当利回りは、確定利回りではないということです。業績が悪化して、配当が減らされ、株価が下がることもあり得ます。

 なるべく減配リスクが小さい銘柄を選ぶべきです。世界景気や為替変動の影響を受けにくいディフェンシブ株(※注)は、その候補となります。

(※注)ディフェンシブ株

 世界景気や為替変動の影響を受けにくいビジネスをやっている株。医薬品・食品・電鉄・情報通信・日用品小売り・サービス業などの業種に多い。ただし、景気変動の影響が相対的に小さいだけで、影響を受けないわけではない。また、株である以上、短期的に乱高下することはある。

 可能ならば、なるべく多くの好配当利回り株に分散投資すべきです。1銘柄に集中投資すると、その銘柄の業績が悪化して減配になった時に、ダメージが大きいからです。

 今日は、約30万円あれば投資できる、好配当利回り株をご紹介します。

 

約30万円あれば投資できる!好配当利回り株リスト

 以下に、堅実経営と考える、配当利回りが高めの銘柄をあげました。多くの銘柄に分散投資が望ましいですが、同じ業種で選んでも(たとえば商社ばかり)、分散効果はあまりありません。異なる業種から選ぶ必要があると思います。

約30万円あれば投資できる好配当利回り株:2017年10月31日時点 

出所:予想配当利回りは、会社予想
パーク24・オリックスについては楽天証券予想
ディフェンシブ・景気敏感の判断は楽天証券

 DCM HLDG、イオンフィナンシャルサービス、センコーグループHD、KDDIは、今期純利益が会社予想ベースで過去最高となる見込みです。高成長株ではありませんが、安定的に業績を伸ばしているところが評価できます。

 パーク24は、カーシェアリングの成長が見込まれ、注目しています。パーク24についての詳しい説明は、以下のレポートをご参照ください。

 10月26日 注目のシェアリングビジネス:今人気の「カーシェア」に期待!

本レポートに掲載した銘柄:DCM HLDG(3050)第一三共(4568)パーク24(4666)アマダHLDG(6113)伊藤忠商事(8001)三井物産(8031)三菱商事(8058)みずほFG(8411)イオンフィナンシャルサービス(8570)オリックス(8591)センコーグループHD(9069)スカパーJSAT HD9412)KDDI(9433)NTTドコモ(9437)

【この記事対するアンケート回答はこちらから】