お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
中国電信(チャイナ・テレコム)
Bank of China int.
中国銘柄レポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、当社の取扱銘柄を中心とした「企業レポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており、会社・…

中国電信(チャイナ・テレコム)

2016/10/3
4Gなど携帯加入状況が好調、国内市場の価格競争激化には否定的
facebook twitter メールで送る 印刷

4Gなど携帯加入状況が好調、国内市場の価格競争激化には否定的

現地コード 銘柄名 株価 情報種類
00728 中国電信 (チャイナ・テレコム)  3.91 HKD
(10/03現在)
 株価
 企業情報
 チャート

BOCIの報告によると、チャイナ・テレコム経営陣は北京で開かれた「リバース・ロードショー」(通常とは逆に、投資を望む側が株や債券などの発行体に出向く活動)の場で、携帯電話加入純増数、4G加入純増数に関する通期目標の達成に自信を示すと同時に、国内通信市場が理性的な競争環境を維持する見通しを示した。ブロードバンド事業においては、同社は引き続き、インターネット・データセンター(IDC)の独占的事業者であり、売り上げシェアは37%(キャリア3社間では59%)。この先、貴州省、内モンゴル自治区の施設完成に伴い、IDC容量は倍増する見通しという。BOCIは同社の目標株価を据え置き、株価の先行きに対する強気見通しを継続している。

まず同社のモバイル事業を見ると、契約獲得状況は年初から好調で、携帯電話全体の加入純増数は2016年1-8月に1260万件(通期目標1300-1500万件)。うち3Gからの乗り換えが中心となる4Gの純増数は、全体の純増数を上回る4300万件(同6000万件)であり、経営陣は2つの目標の達成を確信している。これまでの好調に寄与したのは、4Gサービスエリアの拡大やスマートフォン機種の充実、ブロードバンドやIPTVとのセット販売戦略、実店舗・直販・ネット販売を含む販路の整備――など。3G加入者が4Gにアップグレードした場合、通常、加入者1人当たりの月間データトラフィック(DOU)は倍増し、月額収入(ARPU)は15-30%増加するという。

中国通信市場では、3大キャリアのうちチャイナ・ユニコム(00762)が一部地域でデータ使い放題プランを導入。その後、チャイナ・モバイル(00941)も追随した。チャイナ・テレコムは今のところ、こうした動きと距離を置き、競合2社のプロモーションによる影響を見極めようとしている。同社経営陣は競争が厳しい一部エリアで追随する可能性を示唆しながらも、全国規模で実施する可能性を否定。キャリア3社ともに理性的な競争環境を望んでいるとし、この先の価格競争の激化に関しては否定的な見解を明らかにした。また、実際に価格競争が激化した場合、モバイル事業への依存度が高いチャイナ・モバイルにとって、最も打撃が大きいと指摘している。

一方、設備投資は15年をピークに、16年の設備投資計画は前年比11%減。17年にはさらに縮小する見通し。今後の主要投資対象は4Gの800MHz帯のアップグレードや「2+5」戦略下で展開する新たな成長ビジネス。次世代5Gに関しては18年以降に通信規格が固まるとみて、5G向け設備投資の開始が19-20年となる見通しを示した。「2+5」とは4Gおよびファイバー・ブロードバンドという収益の2本柱に加え、5つの新規事業を利益源とする同社戦略。5つの新規事業は、以下の4つのエコシステムに焦点を合わせたものとなる。◇スマートファミリー(「天翼」ブランドのIPTV事業)◇ICT(クラウドとビッグデータ)◇IoT(モノのインターネット)◇ネット決済――。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国電信(チャイナ・テレコム)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国電信(チャイナ・テレコム)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。