facebook twitter
瑞声科技控股(AACテクノロジーズ)
Bank of China int.
中国銘柄レポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、当社の取扱銘柄を中心とした「企業レポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており、会社・…

瑞声科技控股(AACテクノロジーズ)

2016/5/13
iPhone不振などで1-3月期は小幅増益、4-6月期以降は成長加速へ
facebook twitter メールで送る 印刷

iPhone不振などで1-3月期は小幅増益、4-6月期以降は成長加速へ

現地コード 銘柄名 株価 情報種類
02018 瑞声科技控股 (AACテクノロジーズ)  57.70 HKD
(05/13現在)
 株価
 企業情報
 チャート

瑞声科技控股の2016年1-3月期決算は、主に米アップル向けビジネスの落ち込みが痛手となり、BOCIの予想通り小幅の増益にとどまった。音響部門はスピーカーボックスの仕様のアップグレードやスピーカーの出荷増を背景に好調だったが、非音響部門はiPhone出荷台数の低迷や楽視網(深セン300104)のスマートフォンモデルの移行期に当たったことなどが響いて苦戦した。ただ、BOCIはRF(高周波)ビジネスとアンドロイド向け音響ビジネスの回復を見込み、4-6月期から成長ペースが加速するとの見方。目標株価を引き上げた上で、株価の先行きに対する強気見通しを継続している。

1-3月期決算は前年同期比10.4%の増収、同2.1%の増益。粗利益率は40%超の水準を維持したが、研究開発費の対収入比の上昇で純利益率は2.0ポイント低下した。

部門別では音響事業が好調で、ダイナミック(音響・振動)部品の売上高は1-3月期に前年同期比36%増。売り上げ全体に占める割合は66%に上向いた。仕様のアップグレードや中国の顧客への浸透を受け、スピーカーボックスが同40%増収。スピーカーも中国の取引先への出荷量の伸びを背景に、79%の大幅増収を達成した。同社全体で見た場合、中国の取引先向けの売上高は41%増。売り上げ構成比は35%を超えた。

一方、非音響部門は取引先の販売不振が響き、前年同期比19%の減収。前四半期比では60%の大幅減収となった。うちハプティクス(触覚技術)ビジネスではiPhoneの出荷台数減少(15年10-12月期に7500万台、16年1-3月期に5100万台)を受けた平均販売価格の低下や、自社への割り当て率の縮小(80%から60%へ)が響いた。また、RFビジネスに関しては、主要取引先である楽視網のスマホ・ニューモデルの投入が4月まで空白期に当たったことが影響した。

経営陣は続く4-6月期に前四半期比で2桁の成長を見込んでいる。粗利益は15年並みにとどまるものの、スピーカーボックスの取引先拡大や新たなステレオ音響へのアップグレードが、アンドロイド顧客向けの音響ビジネスの伸びに寄与する見通しという。一方、同社は設備投資予算を25%積み増し、30億元に設定したが、主にRFおよび音響事業に投下する方針。自前のCNC(コンピュータ数値制御)を2000台に引き上げたほか、自社工場の近隣でアウトソース用CNC3000-4000台を確保する計画という。

BOCIによると、レーティング見直しにつながる可能性がある同社の潜在リスク要因は、iPhoneの売れ行きが予想以上に低迷する可能性や、中国ブランドによる同社スピーカーボックスの採用が遅れる可能性。ただ、BOCIはRFと音響事業の回復を理由に4-6月期以降の業績を楽観。7-9月期にはiPhone7の発売が追い風になるとの見方だ。16年、17年の平均予想PER15倍をあてはめて目標株価を引き上げ、株価の先行きに対して強気見通しを据え置いている。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください瑞声科技控股(AACテクノロジーズ)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

瑞声科技控股(AACテクノロジーズ)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。