facebook twitter
銀行セクターの近況
広瀬 隆雄
わかりやすいグローバル投資レポート
グローバル投資に精通する広瀬隆雄氏に、新興国株式だけでなく、米国株、欧州株をはじめとする先進国株式など、海外全般の経済や投資ストラテジーをご紹介いただきます。

銀行セクターの近況

2015/11/9
11月6日に発表された非農業部門雇用者数は予想18万5千人に対し、結果27万1千人とたいへん強い数字でした。このため12月16日の連邦公開市場委員会(FOMC)で米国の政策金利であるフェデラルファンズ・レートが利上げされる可能性が強まりました。
facebook twitter メールで送る 印刷

【今日のまとめ】

  • 雇用統計の数字が良かったので利上げの可能性が強まった
  • 銀行の純金利マージンはイールドカーブの傾きで決まってくる
  • 第3四半期のトレーディングの環境は厳しかった
  • シティグループとバンク・オブ・アメリカは、ようやく投資対象に

雇用統計で利上げ観測が強まった

11月6日に発表された非農業部門雇用者数は予想18万5千人に対し、結果27万1千人とたいへん強い数字でした。

このため12月16日の連邦公開市場委員会(FOMC)で米国の政策金利であるフェデラルファンズ・レートが利上げされる可能性が強まりました。

これは超低金利で利ザヤの縮小に悩んでいた銀行にとって歓迎すべきニュースです。

そこで今日は主な銀行の最近の様子についてアップデートします。

銀行の収益構造

銀行はメーカーのようにモノを作って売っているわけではありません。したがって通常、我々が問題にする「売上高」に相当するものは「純金利収入(Net Interest Income)」と「非金利収入(Non-interest Income)」のふたつを足したものになります。なお非金利収入には各種サービス・フィーや投資銀行業務からの売上が含まれます。

純金利収入は調達金利と貸付金利の差で決まります。これを純金利マージンと呼びます。

純金利マージンは、債券のイールドカーブによってほぼ決定されます。

イールドカーブとは、短期金利から順番に、1年、10年、30年……と言う風に、だんだん償還期限の長い債券利回りをグラフ上にプロットした線を指します。

ごく単純化した言い方をすれば、銀行は上のグラフの左側でお金を借りて、右側でお金を運用するのです。

イールドカーブが急こう配のとき銀行は儲けやすく、逆に平坦なときは儲けにくいです。

一般論になりますが、普通、利上げ局面では長期債ほど価格が売られやすいです。

このことから(今後、イールドカーブはもっと急こう配になるだろう)と考えている投資家が多いです。

雇用統計の数字が強かったのを見て、投資家が銀行株を買ったのは、上に説明したような理屈からです。

最近の銀行の経営状況

さて、先に発表された第3四半期で米国の主要金融機関のトレーディング収入ならびに純金利収入は下のようになっていました。

一方、純利益額は下のグラフのようになっていました。

第3四半期中はどちらかといえばトレーディングで儲けにくい市場環境でした。その関係でゴールドマン・サックス(ティッカーシンボル:GS)のような債券トレーディングへの依存度の高い金融機関の利益率は低く、伝統的な貸付業務を得意とするウエルズファーゴ(ティッカーシンボル:WFC)のような銀行が儲かりました。

これまで後回しにされてきたシティグループとバンク・オブ・アメリカ

リーマンショック以降、アメリカで上手く経営されている大手金融機関としてはウエルズファーゴ、JPモルガン(ティッカーシンボル:JPM)、ゴールドマン・サックスの3社の名前が上がることが多いです。

シティグループ(ティッカーシンボル:C)とバンク・オブ・アメリカ.(ティッカーシンボル:BAC)の二行に関しては、先の金融危機で大きく傷つき、その後処理に追われてきました。

正直言ってこの両行は投資対象としては尻込みする内容でした。しかし、ようやく投資対象として考慮する仲間に入れることが出来るところまで回復してきたと言えるでしょう。

シティグループ

先頃発表されたシティグループの第3四半期決算ではEPSがコンセンサス予想$1.28に対し$1.31と良い内容でした。

シティグループはとりわけ国際業務に力を入れています。その関係で、アメリカ経済だけでなく、メキシコや南米などのエマージング・マーケットの経済の影響を受けます。

融資ポートフォリオは消費者向けと企業向けがちょうど半々くらいです。

消費者向け融資の国別内訳は下のようになっています。

一方、企業向け融資の国別内訳は下のようになっています。

ただ(主にアメリカ経済の強さに投資したい)と考えている投資家にとってはシティグループの海外ポートフォリオは邪魔だという風にも言えるでしょう。

バンク・オブ・アメリカ

バンク・オブ・アメリカの第3四半期決算ではEPSがコンセンサス予想33¢に対し37¢でした。

バンク・オブ・アメリカの事業構成は下のようになっています。

このうち消費者バンキングではクレジットカードやホームローンの比率が高いです。

クレジットカードやホームローンの焦げ付きはどんどん低下しており、結果として同行の消費者バンキングにおける貸倒金計上額は減っています。

グローバル・マーケッツのビジネスはメリルリンチの機関投資家向けセールス&トレーディングのビジネスであり、変動が激しいです。

グローバル・バンキングのビジネスは主に貸付けですが、投資銀行フィーなどもここに含まれます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

2018年9月株主優待祭
人気ブロガー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください銀行セクターの近況

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

銀行セクターの近況

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
2018年9月株主優待
 
10万円株
 
投資の失敗
人気ブロガー
 
老後破綻
 
トウシル1周年特集
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
動画でわかる
 
ふるさと納税
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。