facebook twitter
大きな転機を迎えるシェール関連株
広瀬 隆雄
わかりやすいグローバル投資レポート
グローバル投資に精通する広瀬隆雄氏に、新興国株式だけでなく、米国株、欧州株をはじめとする先進国株式など、海外全般の経済や投資ストラテジーをご紹介いただきます。

大きな転機を迎えるシェール関連株

2014/10/14
シェールとは頁岩(けつがん)を指します。頁岩は水中に堆積した泥が固まってできた岩です。シェールは太古の昔に沼沢地帯だったところに多く見られます。この岩は水分や気体を通しにくいです…
facebook twitter メールで送る 印刷

【今日のまとめ】

  • シェール革命で先ず天然ガスの増産が起こった
  • 供給過多で一足先に天然ガス価格が崩れた
  • 業者が原油にシフトした関係で、いま原油の需給が崩れようとしている
  • これからはむしろ天然ガスの方が良い

シェールとは?

シェールとは頁岩(けつがん)を指します。頁岩は水中に堆積した泥が固まってできた岩です。シェールは太古の昔に沼沢地帯だったところに多く見られます。この岩は水分や気体を通しにくいです。これは普通の油田が砂まじりの地層に存在するのと好対照をなしています。

いまシェールがどんなものであるかをイメージしやすいよう、鶏がらスープで説明します。

昔の沼沢地には様々な生物が棲んでいました。それらが気象の変化で死滅し、シェールに閉じ込められ、さらにその上に何層もの新しい地層が重なりました。シェールは地下5,000メートル以上の深い位置にあるので、圧力がかかるし、地熱でコトコト煮込んだ状態になります。

いま深いスープ鍋に水を張り、その中に鶏がらを放り込みしばらく煮ると、水面に無数の透明な円が浮かびあがります。これは鶏がらから出る油です。通常の油田は、この水面に浮かび上がってきた油に喩えることができます。その特徴は地表に限りなく近いところにあるので汲み上げやすいという点です。これまでの石油開発は、このような「うわずみ」を探す作業でした。しかし世界中の「うわずみ」は汲み上げ尽くしたので、いずれピークオイル、すなわち石油生産がピークを打ち、減少に転じるということが懸念されたのです。

シェールでピークオイル論が消えた

しかしシェールが開発され始めると、「うわずみ」ではなくスープ鍋の底にある鶏がらそのものにアプローチできるようになったので、採り尽くしの懸念は無くなりました。最近、とんとピークオイルの議論を聞かなくなったのは、そのせいです。

実際、シェールが出てきてから米国の天然ガスならびに原油生産高はどんどん増加しています。先ず天然ガスの生産です。

次は原油生産です。

いずれのケースも米国の伸びが著しい点に注目して下さい。

この増産は需給関係を崩す結果を招き、先ず天然ガス価格が低迷しました。

現在の天然ガス価格は$3.86です。この水準では独立系探索・生産会社にとって天然ガスを生産する旨味はありません。

そこで近年、それらの業者は天然ガスの生産を大胆に絞り込み、その代わり原油の生産に注力しました。その結果、北米リグ・カウント(=稼働油井の数)は下のグラフのようにドラマチックに変わりました。

天然ガスのリグ数は2008年のピークの1,600本から現在は400本を割り込む水準まで下がっているわけです。逆に石油のリグ数は2009年の底値である200本前後から現在の1,600本まで激増していることがわかります。

天然ガスから石油へというシフトは行き過ぎてしまった

さて、問題は、ここへきて「天然ガスから石油へ」というシフトが行き過ぎ、逆に石油がだぶつきはじめたことです。

このため原油価格は低迷しています。

さらに米国のガソリン価格も近年の安値の水準に来ています。

最近の価格急落の一因は、サウジアラビアが原油価格を犠牲にしてまでマーケットシェアを守る動きに出たことにあります。

原油価格が80ドルを割り込むと、北米で操業するシェールオイルの業者の一部は利益を出すことが難しくなります。するとちょうど天然ガス価格の低迷がシェールガスの生産休止を招いたように、今後、休止するシェールオイル油井が増えることが予想されるわけです。実際、サウジアラビアの狙いは米国のシェールオイル業者を減産に追い込むことにあります。

これからはシェールオイルではなくシェールガス株に投資せよ

過去3年のパフォーマンスを見ると、EOGリソーセズ(ティッカーシンボル:EOG)、パイオニア・ナチュラル・リソーセズ(PXD)、コンチネンタル・リソーセズ(CLR)などのシェールオイル主体の企業の株価の上昇が著しかったです。

その反面、シェールガスに傾斜したサウスウェスタン・エナジー(SWN)、チェサピーク・エナジー(CHK)などは冴えませんでした。

既に見たように天然ガスのリグ数はすでに生産調整が完了した水準にあるわけですから価格の底入れは天然ガスの方が早いと思われます。従ってこれからはシェールガスに強い企業の株にシフトすべきだと思います。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください大きな転機を迎えるシェール関連株

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

大きな転機を迎えるシェール関連株

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。