facebook twitter
「保ち合い」下抜けで下げ止まり待ち
土信田 雅之
テクニカル風林火山
テクニカルアナリストの土信田雅之が、マーケットスピードを用いたテクニカルな視点で国内株式市場の動向を読み解いていきます。

「保ち合い」下抜けで下げ止まり待ち

2016/6/17
今週の日経平均ですが、下値を探る展開が目立っています。6月16日(木)の終値は15,434円でした。
facebook twitter メールで送る 印刷

今週の日経平均ですが、下値を探る展開が目立っています。6月16日(木)の終値は15,434円でした。

(図1)日経平均(日足)の動き(2016年6月16日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

足元の動きを上の図1で確認してみます。

「窓」空けで始まった今週の日経平均は、5月安値(16,000円割れ水準)や4月安値(15,500円割れ水準)と、直近安値をうかがう格好で下落しています。前回、日経平均の平均足とMACDの動きを踏まえて「下振れに注意」としましたが、残念ながらその通りになってしまいました。また、数カ月にわたって続いた保ち合いレンジも下抜け、あまり良い状況とは言えません。

この流れで行けば2月の安値である15,000円割れ水準も意識されることになり、目先のポイントは、足元の下落基調がトレンドとして続くのかどうかになります。そこでいくつかのテクニカル指標で確認してみます。まずは先程も触れた、日経平均の平均足とMACDです。

(図2)日経平均の平均足とMACDの動き(2016年6月16日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

日経平均の平均足は、6月あたまに陰転(陽線が陰線に変化)し、数日後にMACDがシグナルを下抜けて下落トレンド転換のサインとなりました。その後、平均足は陽線が出現するものの、MACDがシグナルを上抜けることができず、下落トレンドが続いている格好です。さらに、MACD、シグナルともに0円ラインを下回っていることも良い材料ではありません。下落トレンドの転換は、平均足の陽転とMACDのシグナル上抜けがサインとなります。

次に、ボリンジャーバンドです。

(図3)日経平均のボリンジャーバンド(2016年6月16日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

ボリンジャーバンドでは足元の下落によって、直近で狭くなっていたバンドの幅が拡大しつつあり、トレンドが発生したような印象を受けます。とはいえ、拡大したバンドの幅は4月~5月の時と比べてもまだ小さいため、現時点ではトレンドの継続を判断するにはもう少し様子を見る必要がありそうです。

次に、日経平均の値動きと売買の状況です。

(図4)日経平均の値動きと東証1部売買代金(2016年6月9日~16日)

日付 日経平均終値 "前日比(円)" 日中値幅 売買代金
6月9日 16,668円 -162円 198円 1兆7,853億円
6月10日 16,601円 -67円 147円 2兆4,548億円
6月13日 16,019円 -582円 316円 1兆8,518億円
6月14日 15,859円 -160円 320円 1兆9,892億円
6月15日 15,919円 60円 245円 1兆9,253億円
6月16日 15,434円 -485円 517円 2兆1,355億円

(出所:取引所公表データを元に筆者作成)

図4からは、あらためて下落の日が多いことがわかります。9日~16日の6営業日のあいだに日経平均は1,200円以上も下げています。また、東証1部の売買代金が2兆円を超えた日もありますが、うち、10日はメジャーSQだったことを踏まえると、全体的にはまだ盛り上がりに欠けています。つまり、なかなか買いが入らないため、下げ幅が大きくなっていると考えることもできます。

(図5)日経平均(週足)の動き(2016年6月9日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

さらに、週足チャートで見ても、3本の移動平均線(13週・26週・52週)が揃って下向きになっているほか、日経平均が26週移動平均線を上抜けきれない状況が続いており、中期的にもまだ下落トレンドと言えます。

いずれにしても、下げ止まりを待つことになります。数カ月にわたって値動きの想定としていた図1の保ち合いレンジを下抜けてしまったことが大きく、新たな下落トレンドが発生したのか、一時的な下振れなのかどうかはまだ判断できない状況です。そのため、売買戦略としては、このままトレンドに乗るよりも、まずは下げ止まりからの反発ねらいや、そして移動平均線などの節目水準まで株価が戻ったところで、第96回でも紹介しました売り仕掛けを検討するなどが無難かもしれません。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください「保ち合い」下抜けで下げ止まり待ち

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

「保ち合い」下抜けで下げ止まり待ち

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
世界のリスクを総点検
 
投資の失敗
TOP100ランキング
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。