facebook twitter
上値メドへの意識と粘りのトレンドライン
土信田 雅之
テクニカル風林火山
テクニカルアナリストの土信田雅之が、マーケットスピードを用いたテクニカルな視点で国内株式市場の動向を読み解いていきます。

上値メドへの意識と粘りのトレンドライン

2016/3/18
欧州のECB理事会、国内の日銀金融政策決定会合、米国FOMCと、3月の注目「金融政策イベント」トリオを通過した今週の株式市場ですが、日経平均は17,000円台を挟んだ推移が続いています。まずはいつものようにまずは足元の状況から見ていきます。
facebook twitter メールで送る 印刷

欧州のECB理事会、国内の日銀金融政策決定会合、米国FOMCと、3月の注目「金融政策イベント」トリオを通過した今週の株式市場ですが、日経平均は17,000円台を挟んだ推移が続いています。まずはいつものようにまずは足元の状況から見ていきます。

(図1)日経平均(日足)の動き(2016年3月17日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

上の図1で状況を整理してみます。3月17日(木)の日経平均終値は16,936円でした。取引時間中は17,253円まで上昇する場面もありましたが、結果的に3日続落となってしまいました。高値をつけた後に伸び悩んでいる状況は先週とほぼ同じです。

上値の重たさからの売り転換も想定されやすいため、売り仕掛けのポイントとなりやすいトレンドラインが意識されている状況ですが、このラインも下抜けすることなく粘り腰を見せています。仮にこのラインを下抜けしてしまっても、上向きに転じた25日移動平均線が控えていますので、サポートとして機能しそうです。売り崩すにもパワーが必要となるため、その結果、「何だかんだで戻り基調」が続いているわけですが、日経平均が節目の15,000円を2月12日に割りこんで以来、約2,000円も値を戻してきましたし、気が付けば75日移動平均線も射程圏内に入っています。買いの勢いは決して強くないとはいえ、この75日移動平均線までは上昇してもおかしくないという印象です。では、このまま75日線を超えて上昇していく可能性はあるのでしょうか?

そこで、少しチャートの期間を広げて見ていきます。すると、昨年夏場のいわゆる「チャイナ・ショック」後の戻り局面と上昇の仕方が似ていることに気付きます(下の図2)。

(図2)日経平均(日足)とMACDの動き(2015年8月1日~)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

チャイナ・ショック後の戻り基調は約2カ月にわたって継続し、上昇幅は約3,000円でした。昨年9月の終わり頃の底を出発点に、力強さはないものの、トレンドラインを維持しながら上昇していきました。底打ちから2,000円ほど戻したところで75日移動平均線とぶつかり、しばらくもみ合いが続いた後、1,000円ほど上げ幅を拡大しました。今回もトレンドラインを維持しながら上昇していることや、底打ちから約2,000円戻したところで75日移動平均線が意識されている点など、当時との共通点があります。さらに、下段のMACDの波長も似ています。

過去のパターンを繰り返すとは限りませんが、基本シナリオは戻り基調継続で利益確定はMACDとシグナルのクロス、上値水準の目処は75日移動平均線もしくは18,000円となりそうです。シナリオの修正を行うのは25日移動平均を下抜けた時となりそうです。決して悪くない相場地合いですが、個人的には25日移動平均を中心とした弱含みの日柄調整が欲しいところです。足元の「何だかんだで底堅い」相場展開は、結果的に株価水準が切り上がっているものの、やはり買いの勢いが感じられにくい中では売買のタイミングが難しくなります。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください上値メドへの意識と粘りのトレンドライン

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

上値メドへの意識と粘りのトレンドライン

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
はじめての下落相場
 
投資の失敗
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
年末高
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
はじめよう株主優待生活
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
キャリマガ
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。