facebook twitter
限定的なFOMC直後の値動きと日柄調整
土信田 雅之
テクニカル風林火山
テクニカルアナリストの土信田雅之が、マーケットスピードを用いたテクニカルな視点で国内株式市場の動向を読み解いていきます。

限定的なFOMC直後の値動きと日柄調整

2015/9/18
今週の国内株式市場は、「約9年ぶりの利上げはあるのか?」で注目を集める米FOMCが控える中でもみ合いの格好となり、日経平均は18,500円近くになると上げ幅を縮小し、逆に18,000円水準になると下げ止まるようなレンジ相場の動きが続きました。
facebook twitter メールで送る 印刷

今週の国内株式市場は、「約9年ぶりの利上げはあるのか?」で注目を集める米FOMCが控える中でもみ合いの格好となり、日経平均は18,500円近くになると上げ幅を縮小し、逆に18,000円水準になると下げ止まるようなレンジ相場の動きが続きました。重要イベントを前に様子見が強かったと言えます。

そのFOMCの結果ですが、結局利上げは見送られました。FOMCに対する詳細な分析は他のレポートやコラムに譲りますが、今後の米金融政策についての不透明感は払拭されませんでした。また、FOMCを受けた米NYダウが下落、為替も円高となったことや、国内市場が来週のシルバーウィークの連休に入ることもあって、9月18日(金)の日経平均は反落スタートとなりました。

(図1)直近の日経平均(日足)の動き その1 (9月18日9:30時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

上の図1はFOMC後の18日の午前9時30分時点の日経平均の日足チャートです。

FOMC後の反応は、イベント通過によるアク抜け感で方向感が出たというよりは、あまり状況が変わっていない印象です。前回も紹介した「下降気味のレンジ相場」も、FOMC直前の17日(木)にレンジ上限の水準まで上昇したものの、上抜けできていません。また、相変わらず9日の大陽線が目立っていますが、その9日以降のローソク足は、大陽線の範囲に収まる形の「はらみ足」が続いており、もみ合いながら値固めしていく、いわゆる日柄調整の段階に入ったと考えることができます。

その9日の大陽線ですが、この日の日経平均の上昇幅(1,343円)は、記憶を紐解くと歴代で6番目になります。ちなみに過去の上昇幅ランキングは以下の通りになります。

(図2)平成バブル最高値後の日経平均上昇幅記録と日経平均月足チャート

(過去データを元に楽天証券経済研究所が作成)

大きな上昇幅は市場のムードを励ますものですが、歴代の大幅上昇が出現した時をみると、「下落トレンド発生中の一時的な反発だった」という場面が多いことに気付きます。ですので、今回の大陽線前の8日安値(17,415円)が目先の底値とされていますが、「もしかしたらこの水準を下回ってしまうかもしれない」ことは、頭の片隅に置いた方が良いのかもしれません。週足のボリンジャーバンドで確認してみますと、現在の日経平均は-2σ(シグマ)を下回り、バンドの幅も拡大しつつある状況ですので、まだ下落トレンド入りの可能性を秘めています(下の図3)。

(図3)日経平均(週足)のボリンジャーバンド(9月18日9:30時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

足元の日柄調整は方向感に欠けるため、非常にもどかしい局面ではありますが、調整の継続が実は下落トレンド入りを回避するポイントになるのかもしれません。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください限定的なFOMC直後の値動きと日柄調整

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

限定的なFOMC直後の値動きと日柄調整

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。